エール 37話ネタバレあらすじ 「紺碧の空」の作曲に悩む裕一

朝ドラ『エール』の第8週「紺碧の空」の第37話では、裕一(窪田正孝)は早稲田大学の応援歌「紺碧の空」の作曲ができずに苦しんでいた。

そこに慶應義塾の応援歌である「若き血」の歌唱指導をした山藤太郎(柿澤勇人)と出会う裕一だったが…。

朝ドラ『エール』第37話あらすじ

裕一(窪田正孝)は早稲田大学応援部の団員たちに、慶応の「若き血」に勝つ曲をとお願いされた応援歌「紺碧の空」の作曲を依頼される。

曲を書いてみようとレコード会社のサロンで構想を練る裕一。

そこに、木枯(野田洋次郎)は歌手の山藤太郎(柿澤勇人)を紹介した。

山藤は、慶応の応援団に「若き血」の歌唱指導をした張本人だった!

裕一はなんとかありきたりではない曲を書こうと努力していたが、なかなか書けずに悩んでいた…。

朝ドラ『エール』第37話ネタバレ

裕一がサロンで早稲田の応援歌を書いていると木枯が山藤を紹介した。

早稲田の応援歌の曲を書いている裕一を見て慶應に在籍していた頃応援部に歌唱指導したことを山藤は思い出していた。

山藤が上級生にも怯むことなく歌唱指導に熱を入れていた。

そのために慶應は連戦連勝で勝てるのは容易じゃないと山藤は裕一に話す。

裕一はいまだに応援歌を書けずにいて田中に歌詞の変更を頼んだが歌詞の変更はできないと怒った。

応援歌を作曲できず喫茶「バンブー」の梶取保はコーヒーを淹れるときにお客さんの顔を想像して淹れると裕一に告げる。

しかし、裕一は客にこびるようなことはしたくないと音に訴えた。

それを聞いて音は廿日市が西洋音楽の知識をひけらかす裕一の曲は鼻につくと言っていたと裕一に伝える。

でも裕一は自分の曲にこだわり西洋音楽の作曲を書き始める。

一方、音はこのままだと裕一がダメになると思い久志に相談した。

独学でやってきた裕一は自分のやり方に固執してしまうと久志は音に告げた。

応援歌は人々を応援する曲だから裕一が応援歌の作曲をすれば裕一が変わってくれると久志は信じていた。

音が喫茶「バンブー」に言って裕一のことを梶取恵に相談すると恵は徳川家康公のご遺訓を音に渡した。

ご遺訓には怒りを敵とみなして辛抱すべしと書かれていて音もそれを実践した。

しかし、裕一の態度に怒りが煮えたぎる思いだったがなんとか堪えていた。

そんななかで、裕一はついに自信作の西洋音楽を完成させた。

一方、応援部団長の田中はいつまで待っても裕一が曲を書いてこなくてイライラしていた。

でも裕一を信じて待つと田中は決心していた。

そのとき、早稲田大学の事務局長が現れて勝手に応援歌を作るのをやめるよう言いつける。

格式を重んじる事務局長は今まで通り小山田先生に曲を書いてもらうと言い応援団の部室を出ていく。

それを聞いた田中は「こうなったら古山裕一と心中ったい!」と部員に叫び裕一のところに怒鳴り込みに行こうとした。

その頃、裕一は小山田先生に直接作曲した曲を見せに小山田先生の部屋にいた。

朝ドラ『エール』第37話感想

裕一は早稲田の応援歌の作曲を依頼されたがなかなかいい曲が書けずに困っていた。

裕一のいるサロンに木枯が歌手の山藤太郎を連れてきて山藤が慶応の応援歌「若き血」の歌唱指導をしたことを裕一は耳にする。

東京音楽大学の声楽科に学んだこともある天才がまさか慶応の応援歌の歌唱指導をしていたとは驚いた!

山藤と裕一が一緒に仕事できる日がくるといいけど…。

裕一は家に帰って自分のことばかり考えて作曲してるからダメなんじゃないのかという梶取保のアドバイスに納得がいかずに文句を言っていた。

そのとき、音は廿日市が裕一の書いてきた曲は西洋音楽の知識をひけらかして鼻につくと言っていたと裕一に伝える。

その話を聞いて裕一は怒って音とまた喧嘩した。

裕一も頑固だね、人のアドバイスは素直に聞くもんだよ( *`ω´)

裕一は西洋音楽の作曲に取りかかりついに西洋音楽の自信作を完成させた。

一方で、田中は裕一がいつまでも「紺碧の空」の曲を書いてこないことに苛ついていた。

応援歌そっちのけで裕一が西洋音楽の作曲してると知ったら田中たち応援団は激怒するな…。

まとめ

朝ドラ『エール』の第8週「紺碧の空」の第37話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

裕一は早稲田大学の応援部に応援歌「紺碧の空」の作曲を依頼されたけどなかなかいい曲が書けずにいた。

音に相談した裕一だったけど、音が裕一の書いた曲は西洋音楽の知識をひけらかして鼻につくと廿日市が言っていたと裕一に告げる。

それを聞いて裕一は怒り西洋音楽の作曲に没頭する。

いつまで経っても裕一が曲を書いてこなくて団長の田中はイライラしていた。

そして、応援団の部室に事務局長が現れて応援歌の作曲は小山田先生に任せると伝えられる。

裕一は一生懸命書いた曲を小山田先生に見せに行っていた。

第38話では、自信作を小山田先生に見せた裕一だったが、小山田先生の反応は冷たいものだった。

一方で、早稲田大学の応援部は裕一が曲を書いてこないことにしびれを切らして裕一の家に押しかける。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする