麒麟がくる 18話ネタバレ&あらすじ 越前で朝倉義景に会う光秀!

長谷川博己主演の大河ドラマ『麒麟がくる』の第18話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

斎藤道三が息子の高政に敗れて高政は道三の味方についた光秀のいる明智城を攻め入り光秀たちは高政軍から逃げようと試みる。

逃げる道中で光秀たちは帰蝶の命を受けてやってきた伊呂波太夫に越前へと案内された。

越前の領主・朝倉義景に謁見した光秀は明智家の人々を匿ってほしいと伊呂波太夫が交渉役になって頼み込んだが…。

大河ドラマ『麒麟がくる』第18話のあらすじ

光秀(長谷川博己)たちは、高政軍の追っ手から命からがらで美濃を脱出することに成功した。

帰蝶(川口春奈)の計らいによって現れた伊呂波太夫(尾野真千子)に導かれて、隣国の越前の地へたどり着いた。

領主の朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)に謁見して、明智家をかくまってもらえないかと太夫は交渉したが、義景は値踏みするかのように光秀を見つめた。

そうして義景は渋々ながら明智家を匿うことを了承した。

大河ドラマ『麒麟がくる』第18話のネタバレ

明智城から逃げた光秀一行は駒と菊丸と合流して尾張のほうには警備が厳しくなっていて逃げられないと告げにきた。

光秀たちは明智城の崩れゆく姿を目の当たりにして左馬助と牧は嘆き、光秀は城に向かって頭を下げた。

高政軍の追手から逃げていると伊呂波太夫が姿を現して帰蝶の命できたことを伝えた。

越前に向かう途中の小屋で光秀たち一行は休むことにした。

煕子は行く途中の道で怪我をして駒が手当てをした。

そして、駒は麒麟の話をしてその話を聞いた牧は腕に火傷の傷はないかと唐突に尋ねる。

腕の火傷の傷を駒は牧に見せて、牧は光秀の父・光綱が京の都に行く途中で家が火事になって小さな女の子を助けた話を駒にした。

駒は光綱に一度会ってお礼がしたかったと涙ながらに言い牧は麒麟が必ず来ると駒に告げた。

2人の話を聞いた光秀は光安の言葉を思い出していた。

越前の一乗谷にやってきた光秀たちは朝倉館に行き朝倉義景と謁見した。

義景と伊呂波太夫は久しぶりに会って話をして伊呂波太夫が明智家のものを匿ってほしいと頼んだ。

帰蝶からの手紙を義景に見せて光秀のためなら尾張は動くと伊呂波太夫は義景に告げる。

義景はその真意を光秀に尋ねると自分には尾張を動かすほどの力はないと話す。

金に困っている光秀を見て義景は金をくれてやると言ったが光秀はいただく理由がないからと断った。

伊呂波太夫と光秀は2人きりで話をして光秀は自分が金を受け取れば藤孝と帰蝶に越前への貸しを作ることになると話した。

ボロ小屋に来た光秀たちだが箒が無くてろくに掃除もできなかった。

駒は光秀から父の光綱の形見である数珠を受け取り、煕子と左馬助も駒について行き質屋へと向かう。

自分の帯を質屋で金に替えて光秀の父の形見の数珠を駒に見せて「これは十兵衛様の父上から受け取った大事な形見だです」と告げた。
 
一方、光秀は戦に敗れたら自分の無力さだけが残ると牧に言うと牧はこんなときにこその者の真価が問われると光秀に諭す。

父と馬に乗った日の記憶が蘇り馬は戦に勝っても負けても力強く走るという話を聞いて想いを馳せていた。

駒に光秀たちがお礼を言って駒は自分を助けてくれた人がわかってよかったと笑っていた。

そんななか、美濃の斎藤道三が亡くなったことで尾張の情勢も変わり始めた。

清須城にやってきたのは織田信勝の側近である柴田勝家だった。

勝家は信勝が高政、今川義元と手を組んで信長に対して謀反を起こそうとしていることを伝える。

母の土田御前に言われて信勝のことを見逃したが今ではそのことを後悔していた。

帰蝶は信長に信勝と一度真剣に話をしてみてはと提案した。

数日後、信勝は清須城に来て信長が病ということで信長に会いに来た。

でも実は病というのは信長の嘘で、信勝をおびき寄せて殺すつもりだったがそうすれば母上が悲しむと信長は信勝に話す。

信長は母の土田御前から寵愛を受ける信勝のことをずっと妬ましく思っていた。

その話を聞いた信勝も戦で名を挙げ続ける信長のことをずっと羨ましくもあり妬ましくもあった。

信勝が病の信長のために持ってきた湧き水を信長は飲めと信勝に命じた。

信勝は「お許しくださいませ!」と信長に頭を下げたが信長は信勝に怒鳴り湧き水を飲めと迫った。

その頃、別室で待っていた土田御前は嫌な予感がして落ち着かない様子だった。

毒入りの湧き水を飲んだ信勝が信長のそばで倒れて動かなくなっており信長は「愚かな奴じゃ…」と息絶えた信勝の亡き骸の前で呟いていたーー。

大河ドラマ『麒麟がくる』第18話の感想

光秀たちのいる明智城が高政軍によって攻められて光秀たちは帰蝶の命を受けた伊呂波太夫に越前に案内された。

越前には朝倉義景がいて伊呂波太夫は光秀たち明智家の人々を匿ってほしいと頼んだ。

伊呂波太夫って顔が広いな、公家にも顔が効くし何者なんだこの人(`・∀・´)

朝倉義景演じるユースケ・サンタマリアのいつも笑顔だけどどこか影のある演技が良かった💗

ユースケ・サンタマリアってこういう役を演じるのがうまいよな…。

ボロ小屋にきた光秀は駒に金を手に入れるために大事にしていた父親の形見の数珠を渡す。

でも、光秀の正室の煕子が光秀の大事な形見の数珠をとっておくために自分の帯を質屋で金に替えた。

このシーンを見て煕子が光秀のことをどれだけ想っているかが伝わってきて感動した!

そして、信長は帰蝶に提案されて弟の信勝に2人きりで会うけど信長は信勝に病だと嘘をついて暗殺しようとした。

信勝が信長の病のために持ってきた湧き水を信長は信勝に飲めと強要した。

このシーンの時の信長が一番怖かったな、この時すでに傍若無人の信長の片鱗が見えた( *`ω´)

信長が思った通り、信勝の持ってきた湧き水には毒が入れられていて信勝は自分の持ってきた毒入りの湧き水を自らのんで亡くなった。

信長は実の弟を殺したか、この後信長はどこまで狂っていくのかに注目して見ていきたい❗️

まとめ

大河ドラマ『麒麟がくる』の第18話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

明智城に高政軍が攻めてきて光秀たち一行は帰蝶の命を受けてやってきた伊呂波太夫に連れられて越前の地を訪れた。

そこには越前領主の朝倉義景がいて伊呂波太夫は光秀たちを越前で匿ってほしいと義景に頼んだ。

光秀たちは越前の地で暮らすことになり駒は光秀たちに尽くしてくれた。

一方、信長は弟の信勝と対面して信長は信勝のことを心のうちで妬ましく思っていたと信勝に打ち明けた。

そして信長は信勝が持ってきた湧き水を飲むように信勝に命令して毒入りの湧き水を自ら飲んで信勝は命を落とす。

第19話では、信長の暗殺命令が下って光秀は果たしてどういう行動をとるのか!

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする