99.9シーズン2 1話ネタバレ&あらすじ 元エリート裁判官・舞子登場!

日曜劇場の人気ドラマ『99.9 -刑事専門弁護士-』が帰ってきた!

今回は、松本潤主演のドラマ『99.9 -刑事専門弁護士- シーズン2』の第1話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

シーズン2で元裁判官の尾崎舞子役として木村文乃が新たに参加した。

シーズン1では対検察が描かれていたが、シーズン2は対裁判官という構図が描かれている。

シーズン2で主人公の深山大翔の父親の事件の真相が明らかになるのか?

乞うご期待!?

ドラマ『99.9-刑事事件専門弁護士-シーズン2』第1話のあらすじ

刑事事件専門弁護士の深山大翔(松本潤)は、99.9%有罪とみなされた案件でも残された0.1%の事実を納得するまでとことん追求する。

そんな型破りな深山に振り回されて、刑事事件専門ルームの室長はなかなか定着しなくて、所長の斑目春彦(岸部一徳)は頭を抱える。

そこで、斑目から白羽の矢が立ったのは、民事の仕事に戻っていた敏腕弁護士である佐田篤弘(香川照之)だ。

所長の打診だったが全身全霊で抵抗した佐田に、刑事事件専門ルームの後任を探すまでの兼務ということと、後任が見つかったらマネジメントパートナーを譲ることを条件に出されて渋々了承した。

再び深山と佐田の名コンビが復活した。

そんな中で、とある殺人事件の弁護依頼が舞い込んできた。

依頼人は加害者の鈴木二郎の娘の加代で、鈴木が借金をしていた沢村ファイナンスの社長が殺害されて、鈴木はその事件の容疑者として逮捕され、起訴された。

そして、依頼人の加代の親友で、付き添いとしてやってきたのは元裁判官の尾崎舞子(木村文乃)だった。

舞子はエリート裁判官として順調にそのキャリアを重ねていたがある事件がきっかけで裁判官を退官せざるを得なくなった。

司法の世界から距離を置いた矢先に加代に相談されてやってきた。

しかし、舞子が深山たちに求めたのは加代の父親の無実を証明することではなくて、情状酌量だった。

裁判官時代の経験から舞子は、調書を見るなり加代の父親の犯行であることは明らかだと深山に伝えた。

そのために、状況証拠から有罪は免れない事件でも0,1%の事実を追求する深山と、真っ向から対立する。

一方で、舞子の優秀な経歴を知った佐田はあることを画策していた。

調書だけを見れば有罪は確実だが、裁判で覆すことは困難に見えるこの殺人事件…。

果たして深山たちは事実を明らかにすることはできるのかーー!?

ドラマ『99.9-刑事事件専門弁護士-シーズン2』第1話ネタバレ

2017年の夏、斑目法律事務所に深山大翔がやってきた。

パラリーガルの明石は深山が担当した弁護の説明をしていて国選弁護に多額の金をかけたことに激怒する刑事事件専門ルームの室長は激怒した。

一方、佐田篤弘は民事に復帰して事務所に利益をもたらしたが室長がやめてしまって所長の斑目春彦は室長を佐田に任せようとした。

しかし、佐田は刑事事件専門ルームの室長になるのを嫌がった。

斑目はマネジメントパートナーを譲ることを条件に佐田に室長を兼任させた。

仕方なく戻ることになった佐田はパラリーガルの中塚美麗を刑事事件専門ルームに異動させた。

佐田と深山は昔のようにいがみ合っていて、そのとき依頼人が刑事事件専門ルームにやってくる。

依頼人は加害者の鈴木二郎の娘である加代でその付き添いで来た元裁判官の尾崎舞子は情状酌量を証明してほしいとのことだった。

早速、深山と舞子は容疑者である鈴木の接見に行った。

鈴木と面会した深山と舞子の2人だが、深山は鈴木のことを根掘り葉掘り聞いていた。

事件に関係のないことまで聞く深山に舞子は早く面会を終わらせるように指示を出したが、裁判官の調書を見ただけで有罪と決めつける姿勢に深山はダメ出しをした。

たとえ99.9%有罪と決まった事件でも残りの0.1%に真実が隠されていると深山は舞子に諭した。

そして、深山は事件の詳細を鈴木に尋ねて鈴木は沢村ファイナンスを訪ねた後に女性と写真を撮っていたと証言した。

鈴木は有罪と決めつける舞子に絶対に無実だと娘に伝えてくれと話した。

法律事務所に戻った深山と舞子は衝突していた。

2人の様子を見て佐田は代理人である深山の立場が高いから事務所の弁護士になれば立場が対等になって意見をぶつけ合えると舞子に提案した。

舞子は今回だけの契約との条件で事務所の弁護士になった。

露わになるほころび

事件のあらましをボードに書いた中塚、深山たちは事件の整理を始めた。

沢村ファイナンスの沢村社長が今回の事件の被害者で、彼は頭の前頭部をハンマーで殴られて殺害された。

沢村社長の死亡推定時刻は20時30分で、鈴木が沢村ファイナンスに来たと証言したのは21時30分。

死亡推定時刻が本当だとすれば鈴木が嘘をついているということになる。

深山たちは事実確認のために現場を再現して明石が鈴木、舞子が沢村を演じた。

そしてわかったのは鈴木が借金返済のことで相談に来たならば入り口でいきなり殴るのは矛盾していると深山は指摘した。

深山は鈴木と一緒に写真を撮った沢村ファイナンスの社員の女性に話を聞いて写真に写っていた時計がずれていないことを確認した。

鈴木が事件当時に鈴木の会社の社員・阿部が取引先に電話したことも確認して20時ごろに電話していて電話機の時計がずれていないことを確認。

事務所に戻った深山たちだが裁判の日が迫っていて舞子は情状酌量に切り替えて証人を集めたほうがいいと深山に話す。

しかし、深山は事実を調べることをやめず舞子と再び衝突する。

情状酌量に切り替えることを伝えるために舞子は加代を事務所に呼んだ。

でも、加代は父親の無実を信じていて事件当時鈴木は沢村を殺害した直後と思われる時間にくだらない親父ギャグを言っていたことを深山たちに話す。

その親父ギャグに佐田は思わず笑ってしまい人を殺した直後にくだらない親父ギャグは言わないと加代は深山たちに告げる。

佐田も鈴木が人を殺したとは信じておらず舞子に情状酌量の、深山には無実の証拠を集めるように指示した。

0.1%の真実とは?

深山は鈴木の無実を証明する証拠を探していた。

小料理屋「いとこんち」に来た深山は店長の坂東が加奈子たちを撮った写真を見て事件のことについてひらめいていた。

一方、法律事務所では舞子は情状酌量を証明する証人を探しているときに斑目に話しかけられる。

弁護士はたったひとつの冤罪も許さず真実を見つけ出すために奔走していることを舞子に話した。

深山たちが鈴木の無実を証明する証拠を探していて、鈴木が撮った写真の証拠を提出した社員の伊藤の写真の不審感に気づく。

写真ではホヤボーヤというマスコットキャラが写っていたがホヤボーヤの見え方が違うことに気づいた。

証拠で提出された写真はrong>鈴木の身長より20cmも高い身長が180cmの人物によって撮られた写真であることが判明した。

しかし、誰がその写真を撮ったのかまではわからなかった。

深山たちは写真の解析が得意だという弁護士の落合陽平(馬場徹)の力を借りて写真の背後に写り込んでいる男の紙袋を解析すると社名がわかり男の身元が判明する。

男は鈴木が写真撮影していた時間にそこにいて動画を撮影していた。

事務所に戻った深山たちは男が撮影した動画を確認したが証拠になるようなものは映っていなかった。

ところが、その動画を見た深山があじゃれを言いながら事件の真相が見えたとみんなに話す。

いよいよ鈴木の裁判当日を迎えて、舞子の脳裏には裁判官時代にある被告を懲役1年に処していた頃の記憶が蘇っていた。

そのトラウマからその場に座り込んだ舞子だった。

その頃、深山が鈴木の弁護を始めていて、沢村ファイナンスの社員である伊藤に写真の撮影者が鈴木で間違いないかと証人尋問の時に確認した。

伊藤は間違いないと深山に証言したが、深山は証拠となった写真のアングルは鈴木より身長が高い人物が撮影した可能性を示していると指摘した。

すると、伊藤は鈴木が頭の上でスマホを構えて撮影したのだと突然証言を翻した。

動き出す26年前の事件

続いて鈴木の会社の社員である阿部充の証人尋問が始まり、阿部と取引先の通話記録が再生される。

事件当時の20時に通話記録が記録されてバックには流水のようなノイズが入っていた。

深山がこの音が何か阿部に尋ねると阿部はトイレを流す音じゃないかとごまかした。

すると、深山は伊藤がインスタに投稿した写真を提示した。

複数の写真に阿部が写り込んでいて、阿部の身長が180cmであると判明する。

阿部が外から取引先に電話して会社に戻って鈴木の前で電話で話しているふりをしたのではないかと深山は自分の推理を話した。

阿部は明らかに動揺して、深山は事件当時に男が撮影していた動画を再生した。

動画には被写体である伊藤の背中と噴水が映っていた。

深山が動画の音声を消して阿部と取引先の通話記録を重ねて再生してみると、何と噴水と通話記録の音が見事に一致した!

映像に映っていた噴水がこのリズムを刻むのは20時過ぎの一回のみであることが深山たちの調べで明らかになった。

阿部が伊藤の写真を撮影してこの場所から取引先への発注の電話をかけたのでは?と深山は阿部に迫った。

普段から給料に不満があった阿部が恋人の伊藤に協力を仰いで、鈴木に罪を着せたことが明らかになった。

裁判が終わり、法廷から出てきた深山と佐田に舞子が「どうでしたか?」と恐る恐る尋ねた。

佐田は伊藤と阿部、2人の証言を覆すことができたと舞子に報告して鈴木は無罪になるだろうと説明した。

そこに加代がやってきて舞子に抱きついて「ありがとう、本当にありがとう!」と感謝を伝えたが舞子は複雑な心境だった。

佐田と加代が帰った後に、東京地方裁判所の裁判長・川上憲一郎が深山と舞子の前に現れた。

川上が先日判決を下した内容とその際に述べた言葉に対して賛辞を送っていた舞子だった。

しかし、深山は「裁判官が被告人のことを大して知りもせずに被告人の人生を説くなんて無責任じゃないですか?」と挑戦的な言葉を発した。

深山の言葉を聞いた川上は「おもろいこと言うやないか?」と嘲笑って、深山の前から去っていった。

小料理屋「いとこんち」に来た深山は26年前の事件の被害者の妹から電話がかかってきた。

「鏑木みゆきの妹です。返したいものがあるんですけど…」

金沢の妹のもとを訪れた深山に対して、妹はある水晶でできたキーホルダーを深山に渡した。

彼女の母が介護施設に入ることになって部屋を整理していたら出てきたというそのキーホルダーは現場に落ちていたと被害者の妹は深山に伝えた。

被害者の妹はそのキーホルダーが深山の父親のものだと思い込んでいたが、深山はそのキーホルダーに見覚えがなくて、真犯人の遺留品であることを確信した。

ドラマ『99.9-刑事事件専門弁護士-シーズン2』第1話感想

ドラマ『99.9 -刑事専門弁護士- シーズン2』の第1話を見終わって、シーズン1に引き続いて深山と佐田の名コンビが復活して新たに木村文乃演じる尾崎舞子が登場した。

深山と佐田の掛け合いが面白いこのドラマだけど舞子が加入したことでさらに面白くなっているww

舞子は元裁判官という設定でこれから深山たちにどう絡んでくるのか非常に楽しみ💗

彼女にとっては、過去に有罪判決を下した一件がトラウマになっていてそのことが舞子が裁判官をやめるきっかけになった様子。

舞子に何があったのかこの事件の裁判がナゾを解く鍵になりそう…。

そして、シーズン1から続いて26年前に深山の父親が容疑者として逮捕されて起訴され、裁判で有罪判決が下された事件の続きがシーズン2の第1話で描かれている。

事件の真犯人の遺留品を思われる水晶のキーホルダーが見つかって水晶に書いてあったのは鯉?のように見える魚。

このキーホルダーが事件にどう関わっていくのか、次回が非常に楽しみ♬

まとめ

ドラマ『99.9 -刑事専門弁護士- シーズン2』の第1話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

深山たちは依頼人加代の父親の無実を証明するために事件の調査を始めて証言の矛盾に気づいて見事証言を覆して加代の父親の無実を証明することができた。

第2話では、26年前の新たな証拠が見つかって26年前に獄中死した亡き父の雪辱を晴らすために隠された0.1%の真実を探し始めた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする