火曜ドラマ『G線上のあなたと私』第3話あらすじ&感想 理人の恋の行方は?

はじめに

『G線上のあなたと私』第3話は、理人がついに一目惚れしている久住に告白します。

果たしてその結果は、そして也映子と理人の二人の関係は進展するのか?

気になる答えはこの後のあらすじでご覧になってください。

キャスト&スタッフ

原作:いくえみ綾『G線上のあなたと私』
脚本:安達奈緒子
演出:金子文紀、竹村謙太郎、福田亮介
監修:上地芙実(バイオリン)、秋久知美(バイオリン教室)
出演者:波瑠、中川大志、桜井ユキ、鈴木伸之、真魚、滝沢カレン、森岡龍、永野宗典、小西はる、矢崎由紗、小木博明(おぎやはぎ)、夏樹陽子、松下由樹
音楽:末廣健一郎、MAYUKO
エンディング:緑黄色社会「sabotage」

前回のあらすじ

也映子、幸恵、理人の3人は演奏会に出ると決めてから3週間後、演奏会の本番を迎えて也映子は元婚約者に買ってもらったドレスを着て演奏会に出たが、結果は散々だった…。

也映子と理人は幸恵の家で練習をすることになったが、幸恵の義母が思ったより早く帰ってきて3人はうまく練習できなかった。

幸恵は楽しくなるはずだったのにと泣いていたが理人が「泣いたら負けですよ、笑ってください」と幸恵を励まし也映子はなんだか置いてけぼりを食ったような感じがした。

理人はバイオリン教室の帰りで久住がよそよそしい態度だったことに不思議がっていて理人は也映子と幸恵に兄夫婦に子供が生まれたとメールで報告したと言ったら也映子と幸恵は流石にそれはダメでしょと理人に言い、理人もようやくそれがまずいことだと気付き帰っていった。

ある日の理人が働いている居酒屋で也映子は幸恵に自分は本気になれるものがなく幸恵と理人には本気になれるものがあるから輝いて見えるんだと話、理人のことが気になっていると幸恵に話しているところへ理人が隣に立っていて黙って聞いていた。

そして、理人はカラオケで也映子に突然婚約者に振られた時の気持ちはどうだったかと聞く。

也映子は「本気で好きじゃなかったから」と理人に言い、理人は納得したがしばらくして也映子は自分の気持ちを爆発させた。

「人を好きになる感情に物差しってあるの?」と也映子は理人に怒鳴り也映子はいたたまれずに帰っていった。

ある日の夜、理人に電話をした也映子はカラオケで怒鳴ったことを謝り、理人も無神経なことを聞いたことを謝って也映子は理人に久住に気持ちを伝えた方がいいと理人に言い「人間、止まってちゃダメだと思うんですよ」と理人に語り、理人は「模範解答ですよ、也映子さん」と理人は笑顔で笑った。

一方の久住は友人と食事をしていてバイオリン教室の生徒の一人の理人が聞きたくもない兄夫婦に子供が生まれたことをメールで送ってきたことを話し、「生徒は選べないから」と友人にそう呟いていた。

火曜ドラマ『G線上のあなたと私』第3話あらすじ

秋の発表会まで3週間を切ったある日、理人はG線上のアリアの練習マニュアルを也映子と幸恵に渡し猛特訓した。

理人は久住がバンドマンの男と仲良くしているのを見て理人はやきもちを焼いた。

久住は理人にだけ当たりが強くなった。

幸惠は帰り際に理人に理人がバイオリンで繋がろうとするということは久住にとっては理人は生徒の一人でしかないと理人に助言する。

理人は発表会の後に久住に告白すると幸恵にいい幸惠はそこまで決意していたとは知らずに余計なことを言ったと謝り、幸惠は理人を応援すると誓った。

家に帰って、也映子は理人に幸惠に言われたことで落ち込んでいないか聞いたら、理人はバイオリンは久住と自分をつなぐ唯一のものでそれがなくなればもう久住の顔は見れないとだからと言って自分から告白すればそれで関係は終わることを理人は恐れていた。

それを聞いて也映子は「早く付き合っちゃえばいいのにー」と軽い気持ちで言ってしまった自分を恥じた。

ある夜、カラオケで也映子と幸惠の二人は理人のことを心配していたら、理人が来て学園祭の準備と被ってしまって来週は来られないと二人にいった。

也映子は一人で教室に行き久住は也映子の出したい音を出すのを応援したいと也映子に指導する。

秋の発表会まで5日を切り、幸恵は義母が具合が悪いと言って教室には来られず理人も学園祭の後夜祭で来られなかった。

発表会の前夜、三人はカラオケで音を合わせていた。

発表会当日、幸惠は義母が脳梗塞で倒れて入院することになったから発表会は諦めると電話が来て、理人と也映子は二人だけになった。

そして、発表会の会場に理人の兄が来ていて理人は怒ってなんで来たんだと聞くと兄は「俺だって何も感じてないわけじゃない」と理人に言った。

理人は本番前に緊張していると、也映子はバイオリンのシールを剥がしても理人はうまく弾けると言ってシールを剥がして「理人くんはかっこいいよ」と理人に言った。

幸恵は病院で義母は命に別状はないと言われ幸恵は義母に言われてお茶を汲もうとしていると発表会のことをふと考えた。

いよいよ也映子と理人の番になり理人は久住に何か言おうとしたがアナウンスが入り二人は壇上に上がる。

幸恵は一人でエアバイオリンをして三人で演奏をしているかのように笑って弾いていた。

会場は拍手に包まれ、今ままでで一番いい演奏をしたと久住は褒めて理人は唐突に「好きです!」と久住に告白した。

久住は「時間を無駄にすることになります」と冷ややかに言って玉砕した。

久住と理人の兄は再会してぎこちない会話を交わして兄は「付き合ってる人はいるんですか?」「まさか理人…」と聞くと「職場の人です」と食い気味にいい、「そんなことできるわけないでしょ?」と久住は兄に言った。

理人は打ち上げをしましょうと言って也映子と居酒屋に来ていた。

居酒屋の席で理人ははっきり振られてやっと也映子の気持ちがわかり、「婚約者のこと本当に好きだったんですか?」とか失礼なことを言ったことを反省した。

それを聞いていて也映子は久住が時間を無駄にすると言って断ったことを怒ってそして久住はいい人で理人が好きになるのわかると泣きながら理人に叫んだ。

そして、也映子はせっかくうまくなったんだからバイオリン続けようよと理人に訴えて理人は也映子の泣き顔を見て笑っていた。

理人はバイオリンを居酒屋に忘れてきてその時に幸恵から電話がきて理人の恋の行方を話していた。

理人が戻ってきて、也映子に壁ドンして「ナンパされていなくなったのかと思った」「今日、可愛いんだもん」とつぶやき電話で幸恵と話し、也映子は何が起こったのかわからず呆然としていた。

感想

僕は理人がモヤモヤした片思いからようやく久住に告白してあっけなく玉砕して理人は逆にスッキリして次の恋に踏み出すのかどうかはこれから見ていくこととして、中川大志はこの役で片思いの大学生の演技が抜群にうまくなったなと感心してしましました。

そして、也映子を演じた波瑠もメガネ姿が似合ってきて理人もようやく彼女のことを「かわいい💗」というようになったなと僕は波瑠の可愛さがこのドラマの見所で、也映子は自分に自信がなく周りがみんな輝いて見えて羨ましがっている無職の女性です。

波瑠はそんな也映子を見事に演じていて驚きました。

これからもこのドラマの結末を見守っていきたいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕のドラマレビューを見て『G線上のあなたと私』を好きになってくれたら嬉しいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする