グッド・ドクター 6話ネタバレ&あらすじ 湊の父親登場に湊は?

『グッド・ドクター』の第6話では、出産間近の患者・水野理香の手術を依頼した産婦人科医の鶴田皐月とともに理香と赤ちゃんを助ける方法を探る。

しかし、それには様々な障壁が立ちはだかり湊も医者を続けていける自信がなくなってしまう…。

【グッド・ドクター 6話】あらすじ

夏美(上野樹里)の高山(藤木直人)への助言で湊(山崎賢人)の転科は無くなった。

高山から当直医を任されることになった湊は、さらに活き活きと働き出した。

しかし、夏美は湊のことが心配でならなかった。

湊の父の航(遠山俊也)から連絡が書かれたメモを渡してほしいと頼まれた。

航から虐待されていたことを湊の口から聞かされていた夏美は、院長の司賀(柄本明)に相談した。

すると司賀はこの件は自分に預けてほしいと言って夏美からメモを預かった。

一方、高山は医局に湊たちを集めていて、そこには産婦人科医の鶴田皐月(堀内敬子)が来ていた。

皐月の要件は出産間近の患者である水野理香(篠原ゆき子)のことであった。

理香の胎児にリンパ管腫が見つかって、このままでは正常な分娩ができない。

そのため、帝王切開の分娩時に血行を確保したまま胎児に処置を行うEXITという手術をするように皐月は小児科医に依頼した。

しかし、理香は周産期心筋症を患っているために胎児の処置は30分以内で終わらなければならない。

リスクを伴う手術に間宮(戸次重幸)は反対した。

だが、患者が望むならと請け負った高山は助手に夏美と湊を指名する。

【グッド・ドクター 6話】ネタバレ

湊から父親に虐待されていた過去を聞いていた夏美は父親の航から連絡先を渡されて院長の司賀のもとに行き相談した。

当直医を任されることになって湊は活き活きとしていた。

司賀は父親の件は自分に任せて湊には黙っておくようにと夏美に告げる。

小児科医に来たのは産婦人科医の鶴田皐月で彼女は出産を控えている水野理香の手術を高山に任せたいと依頼した。

高山は助手として夏美と湊を指名した。

胎児のEXIT手術の助手をすることになり湊はEXIT手術の専門書を読んでいた。

そのとき、父親の航が湊に会いに来て湊を抱きしめて「会いたかったぞー」と言った。

湊は父親とディナーに行くと嬉しそうに患者の子供たちに話していて、それを聞いた夏美は司賀に報告した。

夏美と湊は患者の理香の夫・悟が妻の病室をのぞいていた。

悟は命の危険を伴うEXIT手術には反対で夏美は悟の言うこともわかると湊に言った。

航とのディナーの約束をしていた湊はレストランで父親を待つ。

その頃、航は司賀に呼び出されて病院に来ていて大金を渡すかわりに湊に近づかないでほしいと頼まれた。

金を受け取った航は湊に「お前なんかいなければよかったんだ!」と言い放つ。
 
航は湊の兄・奏太が湊のせいで死んだと思い込んでいてそのことで湊を責めていた。

病院に来た湊は司賀に奏太の事故の真相を尋ねる。

すると、事故の時に湊と奏太が運ばれてきて湊のほうが助かる可能性があると判断して湊を助けたと司賀は湊に教えた。

湊は動揺して出て行き、夏美は湊のことが心配になり司賀に湊の過去を聞かされる。

兄の奏太を失った悲しみが一生癒えることはないと司賀は語った。

愛する人を失った悲しみを知っているからこそ湊はいい医者になれると司賀は夏美に告げる。

一方、理香の容体が急変してこのままだと母体の命が危ないと皐月は言い高山はリスクを伴うが助かる可能性はあると話す。

悟に手術するかどうか尋ねると手術はしなくていいと夏美たちに話した悟。

湊に意見を聞こうとした夏美だったが湊は医者を辞めるつもりでいた。

でも、夏美は司賀の言っていた言葉を湊に話して生き残った湊だからこそ医者になれると湊に話した。

理香の病室に来た湊は生き残るほうを優先して当然だと冷たく言う悟に湊は残されたほうはすごく悲しくなると悟に告げる。

不妊治療をしてようやくできた赤ちゃんを心待ちにしていた理香の姿を思い出してできることなら赤ちゃんも助けてあげたいと悟は本心を湊に話した。

湊は出血量を抑えられれば母体の命も赤ちゃんの命も助けることができると高山たちに話した。

湊のアイデアを聞いてやってみる価値はあると皐月に伝えた。

手術が始まり、赤ちゃんの気道を確保しつつ帝王切開で赤ちゃんを取り出した。

手術は成功して理香は赤ちゃんとの感動の対面を果たした。

理香の編んだ帽子には悟が考えた“まなみ”と言う名前が縫われていた。

夏美は助けられない命を目の前にして自分の無力さを痛感しても患者を助けたいと思う心は無くしちゃいけないと湊から教わった。

病院の屋上でおにぎりを食べていた湊は司賀に奏太のためにも立派な医者になってみせるから見守っていてくださいと告げた。
 
一方、副院長の猪口は病院の買収話を美智と進めていた。

司賀は胃癌が肝臓などに転移していたーー。

【グッド・ドクター 6話】感想

湊の父親は何しに来たんだ、湊が医者だから金を要求しに来たとか?

航もひどい父親だな、湊のせいで奏太が亡くなったわけじゃないのに…。

湊を憎んでるからそう思いたいだけなんじゃないのか!

湊は自分のせいで奏太が亡くなったと思い込んで病院にも行かなかった。

かわいそうな湊、悲しみを乗り越えられればいいけど(`・ω・´)

悟は理香の命を守るために赤ちゃんを諦めようとしていたが湊の説得によって悟は手術することを決意した。

悟の妻を助けたいと思う気持ちはわかるけどやっぱり赤ちゃんも理香も助けたいよな(^ν^)

手術が成功して理香と赤ちゃんは感動の出会いを果たしたシーンが泣ける…。

まとめ

『グッド・ドクター』の第6話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

今回は湊の父親が出てきて湊が医者だと聞くと金を要求しにきた。

司賀は金を渡すかわりに湊に近づかないでほしいと約束させた。

そして、水野理香は心臓に持病がありながらも赤ちゃんをどうしても産みたいと夏美たちに話した。

理香の思いを知った夏美と湊は理香も赤ちゃんも助けられる方法を見つけて手術は成功する。

理香と赤ちゃんは感動の対面をして悟も娘の誕生を喜ぶ。

次回は病気を患った女の子がとある男性と恋に落ちて結婚しようと決意するが…。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする