はね駒 45話ネタバレ&あらすじ 松浪先生の悪い噂にりん激怒!

朝ドラ『はね駒』の第45話では、仙台を初めて訪れたやえを歓迎して彌七と源造の行きつけのきわの小料理屋で夕食をとった。

しかし、その店で酔っ払った客が女学校の松浪が生徒を唆してボイコットを指示したとありもしない噂をしていた。

その噂を聞いたりんはその客に怒ったが源造はりんのかわりに客に松浪先生はそんな卑怯な男じゃないと話していた。

源造(渡辺謙)、酔っ払いの客に啖呵を切ってカッコいいな💗

【はね駒 45話】あらすじ

初めて仙台にりん(斉藤由貴)を訪やってきたやえ(樹木希林)を歓迎するために、叔父の彌七(ガッツ石松)や源造(渡辺謙)の行きつけのきわ(永島暎子)の小料理屋でみんなで夕食をとることになった。

しかし、客が「ボイコット事件で女学校をそそのかしたのは松浪毅(沢田研二)だ」と誤解して噂しているのを聞いて、りんと源造は激怒した…。

【はね駒 45話】ネタバレ

はじめて仙台にやってきたやえを歓迎してきわの店に彌七たちと訪れた。

源造がお酒をこぼしてりんが拭こうとしたが断った。

そのとき、他の客がりんを従業員と間違えて酒を持ってこいと言ったが源造が引き止めた。

りんが女学校の生徒だと聞いた客は松浪先生が生徒を唆してボイコットを起こさせたというありもしない噂をしていた。

それを聞いたりんと源造は激怒して客に松浪先生はそんな人じゃないと話した。

一方、松浪先生の家に鶴次が訪れてしづたちを東京の女学校になんとかして行かせてあげたいと松浪先生は鶴次に告げる。

2人は昔伝道で歩いた日々のことを思い出して懐かしんでいた。

松浪先生の家に梅沢先生がやってきて松浪先生の旅の支度を手伝おうとしたが一緒に旅をしてきた自分に任せてと鶴次が言い2人は喧嘩になった。

彌七の家に帰ってもりんは松浪先生の心ない噂に怒っていてやえはそんなりんを落ち着かせた。

りんとやえは一緒に寝てしづたちみたいに自分の信念に向かって生きる姿を見て偉いと思ったとりんはやえに語りかける。

そして、自分は給費生だから自分の思った通りに生きれないことを窮屈に感じていた。

それを聞いたやえは頑張って生きている人はみんな偉いからりんも偉いとりんを元気づけた。

【はね駒 45話】感想

りんたちは初めて仙台に来たやえを歓迎するためにきわの店にやってきたが、酔っ払いの客が松浪先生の噂をしていた。

酔っ払いのオヤジは松浪先生のことをボイコットを唆した悪いやつだと言っていたけど何も知らずにそんなこと言うもんじゃないよな( *`ω´)

当然りんがその噂を聞いて怒ったけどまさか源造まで怒るとは思わなかった。

だって源造にとって松浪先生は恋敵みたいなもんでしょ!

源造は本心で松浪先生は男の中の男だと言ったのか、それともりんの前だからそう言ったのか?

梅沢先生って松浪先生のことが好きなのか(*´∀`*)

松浪先生の家に頻繁に来て鶴次とも喧嘩になってる。

松浪先生にはそれほど人徳があるってことか♪( ´▽`)

りんはしづのように信念を持って女学校に通っているわけではなくそんな自分が恥ずかしくなってやえに相談する。

「一生懸命生きている人はみんな偉い」というやえの言葉が僕の胸にささった(;_;)

まとめ

朝ドラ『はね駒』の第45話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

初めて仙台を訪れたやえを歓迎してきわの店で食事をしたが店に来ていた酔っ払いの客が松浪先生の噂をしていた。

彼らは松浪先生が東北女学校の生徒をそそのかしてボイコットを指示したと根も葉もない噂をしていてりんと源造は激怒した。

一方、松浪先生は鶴次を家に招き東京へ出張に行くため身支度をしていた。

りんは彌七の家に戻ってもまだ怒っていて給費生だからしづたちのように自分の言いたいことを言えるわけじゃなく息苦しいとやえに話す。

そんなりんにやえは一生懸命生きている人みんなが偉いと諭して2人は一緒の布団で寝た。

次回の第46話では松浪先生は東京出張に帰ってりんにしづたちが東京の女学校に入学できることが正式に決まったと報告したが…。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

はね駒 44話ネタバレあらすじ 東北女学校にやえが来た!

はね駒 46話ネタバレ&あらすじ 東京から帰った松浪先生だが…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする