水曜ドラマ『同期のサクラ』第3話あらすじ&感想 百合と桜のガチンコ対決!

はじめに

『同期のサクラ』第3話は百合が会社に女性社員の居場所はなく出世も見込めないと桜に呟いていて、百合は彼氏と望まない結婚をして寿退社しようとしています。

桜はこの不幸な結婚を止めるために百合にいつものように忖度のない言葉を言うが…。

本当の幸せとは何か、桜は百合の幸せのために全力でぶつかります!

キャスト&スタッフ

脚本:遊川和彦
演出:明石広人、南雲聖一
監修:阿部守(建築業)、中澤暁雄(医療)
出演者:高畑充希、橋本愛、新田真剣佑、竜星涼、岡山天音、草川拓弥(超特急)、大野いと、柳谷ユカ、津嘉山正種、西岡徳馬、相武紗季、椎名桔平
音楽:平井真美子
エンディング:森山直太朗「さくら(二〇一九)」

水曜ドラマ『同期のサクラ』第3話あらすじ

2019年の春、百合は桜の病室で生まれたばかりの娘の夢を紹介した。

2011年の3月にさかのぼり、桜は故郷に橋がかかることになり桜は焦らずに土木に行くことを信じて人事部で頑張ることに決めた。

いつものように桜は気に入った建物の写真を撮っていて遅れていた。

桜が人事部に来ると上司の火野すみれが同期の百合が来ていると教えてくれた。

桜は百合のところに行き、百合は来年の新規採用向けのパンフレット作りと根回しのために人事部に来た。

三年目の社員に取材してきてもらいたいと黒川に言われて桜はこんなことをする必要があるのかと黒川に質問した。

黒川は桜みたいに建物を作りたいという夢を持っている学生はほとんどいなくて社員の言葉に惹かれてこの会社に入りたいと思っている学生のためにこのパンフレットを作っていると黒川は説明し桜は納得して百合と取材に行った。

百合はみんな上司の言うことがおかしいねと感じても意見をしないと桜にいい、上司に臆せず意見を言う桜は珍しいと彼女は言った。

百合と桜は都市開発部の葵に取材をし、葵はベイサイドエリアの都市開発を任されて三年目の自分がこんなビッグプロジェクトを任されることはないと自慢していて、葵は上司にお練ったを使っていた。

そして、桜と百合は設計部の蓮太郎に話を聞き、蓮太郎はデザイナーになるために仕事が終わった後は専門学校に行っていると語り、蓮太郎は愛想がなくて暗いと新人と先輩に言われていた。

営業部の菊夫は、桜の仕事を見ていたら自分にしかできない仕事をやろうと思って仕事も張り切っている。

桜は広報部の百合にも取材をして百合は広報は自分の天職だと言っていたが、百合はパンフレット向けのリップサービスだと取材の後で桜にいって、百合は天職じゃなくて”転職”したいと呟く。

桜は何か言いたそうに「スーッ」と息を吸ったが百合が遮り、その時メールがきて自動車メーカーの専務が接待のために付き合ったらしつこくメールを誘ってきて困っていると桜に行った。

そこで百合は桜と一緒に行くことにして高級レストランに行くから百合は桜に服を買った。

そして、レストランに専務がいて専務は話をしながら百合の手に触れてきて百合は嫌になってトイレに行った。

桜は専務に一万円を渡され、専務は百合と二人きりになりたいと言って専務は百合は自分のことが好きだと言ったら桜は百合が言っていたクライアントのお得意さんだから仕方なく付き合っていると言ったことをそのまま専務に伝えた。

専務は怒って帰ってしまい、百合は家に帰っても父親が友人の酌をしろ家でもこき使われて百合はうんざりしていた。

2011年の3月11日になり、桜はすみれが広報課の部長がすごい剣幕で桜を呼んでいると言って桜は黒川に呼び出されて広報部の部長は新社屋の工事が決まりかけたのにダメになりそうだと怒っていた。

百合は嫌がってはいなかったと部長は言いながら、桜はセクハラをされていて困っていたと言ったが桜は謝ることになり謝ろうとしたその時、大きな地震が起こって桜たちはテーブルに隠れた。

桜は防災キッドを持ってきてすみれは保育園にいる娘のことが心配だと言って帰っていった。

桜は家に一人でまだ働きたいと言ったら黒川は桜が帰らないと他の女子社員が帰りにくいと言われ、桜はヘルメットをかぶって喫茶店に行った。

そこに百合がいて地震で電車が止まっていると言って家に帰らないと困っていた。

桜と百合は桜の家に行き桜はじいちゃんにFAXを送った。

百合は自分の素直な気持ちを言うと何を言うかわからないからずっと自分の気持ちを抑えてきた。

桜は素直なままの百合でいいんじゃないですかと百合に言って百合は成金の父がずっと恥ずかしいと桜に言った。

桜は会社が震災対応で東北に応援に行っていて忙しくしているとじいちゃんにFAXで報告して震災対応がひと段落ついたら黒川はクライアントの専務を怒らせた件について処分を決めると言って、黒川は百合が結婚すると桜に言い桜は百合の元に駆け込んだ。

桜は百合のいる会社の屋上に行き、桜は医者の彼と結婚することが百合の夢なんですかと百合に問いかける。

百合は夢がなきゃ行きてちゃいけないわけ!と怒鳴り、百合はどうせ故郷に橋なんかかからないからと言われ怒った桜は「ブス!」と百合に言い、百合は自分からに寝てるだけで幸せの種も植えないと花も咲かせられないと百合に説教した。

百合は怒って田舎者と同じ空気を吸いたくないとはっきり言われた。

桜はそのことをじいちゃんに相談したら、じいちゃんは「叱ってくれるのが本当の友だ!彼女と別れるな!」と書いたFAXを送った。

桜は寿退社で広報部のみんなから祝福されている百合の前に立ち百合は先行きが不安なまま結婚をさせてもいいんですかと広報部の部長に言った。

百合は怒って桜を広報部の外に引っ張り桜はじいちゃんが言っていたことを百合にはなし百合とは別れたくないと言って百合の言葉には嘘がないから百合のことは好きと言って桜は「友達になってください!」と言って手を差し出すが百合は「誰があんたなんか…」と言って広報部に戻っていった。

そのあと百合は同期たちから止められたり蓮太郎には告白されたりして百合は呆れていたが、桜が百合を追いかけてきて桜は友達を作って幸せになってください、私も友達を作って頑張りますからと叫ぶ。

百合は足が前に進まず百合はあんたのせいで彼氏には断らなきゃいけない、上司にはまた働かせてくださいと頭を下げなきゃいけないといったら、桜は百合の退職願を取り出して人事部の桜が黒川に預からせて欲しいといって預かっていたのだ。

百合は友達の印に一緒に写真を撮り、そして現在は百合は桜がいたおかげで自分の居場所を探さずに済んだと意識不明の桜に語りかける。

桜はじいちゃんに友達ができたと報告し、桜は人事部の部長の黒川に社史編纂室にいけと言われて桜は黒川の言う通りに社史編纂室に行った。

感想

僕はこのドラマを見て桜が同期たちを不幸せな道から自分の道を突き進むための手伝いをする姿がとてもまっすぐで正直さと感じて感動しています。

僕は高畑充希演じる北野桜が百合のためにセクハラ上司に一言物申したり百合のために友達になってくれたり桜はそのまっすぐな性格で同期の仲間の硬くなった心を解きほぐしていきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕のドラマレビューを見て『同期のサクラ』を好きになってくれたら嬉しいです。

まだご覧になっていない方はこの機会に是非ご覧になってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする