美食探偵 5話ネタバレあらすじ 集団給食毒殺事件に明智が挑む!

『美食探偵 明智五郎』の第5話では、元気のない明智を元気づけるためにショッピングに連れ出した苺。

離婚のために別居している娘の小春と久しぶりに会っていた上遠野と遭遇した苺と明智。

小春は乳製品アレルギーでそのせいでクラスのみんなからいじめられていた。

【美食探偵 5話】あらすじ

苺(小芝風花)は明智(中村倫也)を元気付けようと買い物に連れ出した。

離婚のために別居している小学5年生の娘・小春(横溝菜帆)と月1の面会を楽しんでいた上遠野警部(北村有起哉)に遭遇した。

いつもと違う娘を心配する上遠野に同情して、小春の身辺調査を引き受けた苺。

しかし、明智の推理がきっかけとなり、乳製品アレルギーを持つ小春がクラスでなじめていなくてしかも陰湿ないじめを受けていることが発覚!

しかし、担任の教師はふざけているだけだとクラス内のいじめを認めなかった…。

そんな中で、小春が残した「死にたい」というネット上の書き込みに目をつけていたマリア(小池栄子)。

小春が絶望しているその心に漬け込んで、おぞましい”給食による集団毒殺計画”を実行しようとしていた….!

※ここからネタバレを含みますのでまだご覧になっていない方はご覧になってからお読みください!

【美食探偵 5話】ネタバレ考察

イタリアのミラノでマリアは次なるターゲットを探していた。

一方、苺は桃子としばらく肉は食べたくないと話してポテトをガッツいていた。

殺されたかけた苺を心配してもう明智には関わらないほうがいいと桃子は苺に忠告した。

苺が心配で探偵事務所に来た苺はボサボサ髪で無精髭の明智がいた。

明智のもとにマリアから最後の晩餐のエアメールが届き不吉な予感がした。

苺は明智を元気づけようとショッピングに連れていく。

そこで会ったのは上遠野と娘の小春だった。

上遠野は突然仕事ができて明智と苺に小春を任せた。

明智と小春のためにコブサラダを作ったが小春は乳製品を食べようとしなかった。

小春の身辺調査を頼まれた苺は小春の通う学校に行った。

小春の教室に来た苺はクラスメイトの男の子がプリンをあげているのを見て苺は男の子が好きなのかと勘違いした。

だが、明智は小春が重度の乳製品アレルギーでクラスメイトは嫌がらせのためにプリンをあげたのだと推理した。

小春がいじめられてるのではないかと思い苺は小春を見守っていた。

すると、クラスメイトの男の子が小春の背中にチーズを入れて小春は発疹ができて苦しみ出した。

小春は病院に運ばれて上遠野は急いで病院に駆けつけた。

いじめられていると知ったら家族に迷惑がかかると小春は思っていて明智に話しているところを上遠野が偶然聞いてしまう。

上遠野は怒って小春の教室に乗り込んで小春の背中にチーズを入れたやつは手を上げろと怒鳴っていた。

しかし、担任の先生はいじめはなかったと上遠野に告げて達臣は上遠野を連れていった。

上遠野たちが帰ると先生はいじめのことを生徒たちに口止めしていた。

小春がベッドで寝込んでいるときにクラスメイトがSNSで小春を虐げていた。

それを見て小春は「死にたい」とSNSに書き込むと、マリアがビデオ通話を使って小春に話しかけた。

一方、小春のクラスメイトの女の子が明智と苺に小春が学校の給食を残したことがきっかけで先生に責められていじめが始まったと聞かされる。

マリアは小春にクラスメイトと先生を道連れにして殺してしまえばいいと唆した。

探偵事務所で明智は「プリマベイラ」というのはイタリア語で春を意味していることに気づきそれは最後の晩餐に書かれた言葉だった。

マリアが小春をターゲットにしたと気づき明智がマリアのことになると生き生きしているのを見て苺は落ち込んで帰ってしまう。

入れ違いに上遠野が来て小春がメールしてきたことを明智に伝えるがそれは遺書だと言い小春はいじめられていることを上遠野に話す。 

明智は小春の家に来てマリアの名前を出すと小春は明らかに動揺していた。

小春が学校で何かしようとしていると確信した明智は学校に行き桃子に給食のキッチンを見張るよう指示を出す。

苺は小春のことが心配で明智に電話をしたが明智は優秀な助手がいるから大丈夫だと苺に伝える。

そのとき、明智は学校で伊藤を見かけて追いかける。

体育館まで来た明智だったが伊藤に倉庫に閉じ込められてしまった。

その頃、桃子は食堂を見張っていたが古川茜に後ろから殴られて気絶させられる。

上遠野は立てこもり犯を説得して逮捕して急いで小春の通う学校に向かった。

そんななか、明智はまだ体育館の倉庫に閉じ込められていてマリアは明智によってこの世に生み落とされた子供だと語る。

子供なら親の言うことを聞けと明智はマリアを説得したがマリアの心は動かなかった。

茜は給食のカレーに毒を入れて給食の職員がカレーを教室に持ってきた。

カレーに毒が入っていると知っていた小春はクラスメイトのみんなにカレーに毒が入っていることを話した。

しかし、みんなは小春の言うことを信じず笑っていた。

そこに上遠野と明智が現れて、明智はカレーに“ヒスタミン”というアレルギーの症状と似た反応が起きる毒が混入されたと説明する。

明智はカレーを食べて毒が入っていないことを確認する。

実は、桃子と苺が毒の入ったカレーをひっくり返してカレーをすり替えていた。

アレルギー症状のある人にアレルギー反応のあるものを食べさせるのは毒を食べさせることと同じだと先生と生徒に訴えた明智。

上遠野は小春のせいで怖い思いをさせてしまってすまないと先生と生徒に謝った。

学校の校庭で小春はすぐに嘘をつけないところがパパのいいところだと上遠野に笑いながら話した。

そんななか、マリアファミリーの伊藤と茜は計画が失敗して残念に思っていたがマリアは明智にわざと勝たせてあげたと2人に告げる。

2人がアダムとイヴになるために必要だとマリアは語る…。

マリアは明智たちのすぐそばまで来ていたーー。

【美食探偵 5話】感想

今回は乳製品アレルギーがある上遠野の娘の小春がマリアに狙われた。

乳製品アレルギーがある小春は担任の先生から給食を残さないように注意していじめも黙認していた。

こんな担任の先生は嫌だな、いじめを黙って見てるとか最低じゃん( *`ω´)

小春はクラスの男子に背中にチーズを入れられて発疹ができて倒れてしまう。

クラスのみんなからいじめられて死にたいとまで思ってSNSに「死にたい」とつぶやくとマリアがそれを見てクラスのみんなと先生に復習しないかと持ちかける。

小学生に殺人を提案するとは、相変わらず狂ってるなマリア!

明智はカレーに毒が入れられることに気づいて苺と桃子に協力してもらって毒入りカレーを食べるのを阻止した。

明智がマリアに初勝利を収めたけどマリアがこのまま大人しくなるとも思えない…。

まとめ

『美食探偵 明智五郎』の第5話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

明智は殺人も犯人も止められなかったことを気に病んで事務所で引きこもっていた。

そんな明智を元気づけようと苺は明智をショッピングに連れて行くと上遠野と娘の小春と遭遇する。

小春が乳製品アレルギーだと明智はすぐに気づいて苺の調査で小春がクラスのみんなからいじめられていることに気づいた。

明智と苺の活躍で毒殺を未然に防ぐことができた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする