麒麟がくる 17話あらすじ&感想 道三と高政、長良川で相対す!

大河ドラマ『麒麟がくる』の第17話では、道三軍と高政軍は長良川を挟んで激突した。

光秀は道三の味方をしたが道三軍は劣勢に立たされて道三は1人高政軍の陣地に乗り込んで高政に一騎打ちを申し込む…。

【麒麟がくる 17話】あらすじ

尾張では帰蝶(川口春奈)が道三(本木雅弘)を越前へ落ち延びられるように取り計らったにも関わらずそれを拒んだ道三に憤る。

道三が戦で劣勢であることを知らされた信長(染谷将太)はいてもたってもいられずに兵を引き連れて戦地へと飛び出す。

一方、光秀(長谷川博己)は明智荘を守るべく光安(西村まさ彦)とともに道三に味方することを決意する。

長良川を挟んだ戦いがついに始まり、一進一退の攻防が続く。

そんな中で、自ら大軍を率いて押し寄せてきた高政(伊藤英明)によって、次第に道三軍が追い込まれていくーー!?

【麒麟がくる 17話】考察

弘治2年(1556)の4月に、美濃のマムシと呼ばれた斎藤道三とその長男の高政の軍勢が長良川を挟んで相対して、合戦となった。

光秀は叔父の光安に合流するために明智家の家臣・藤田伝吾らとともに道三のいる鶴山へ向かった。

斎藤道三は大桑城を出て鶴山に向かっていた。

一方、信長は道三を助けようとしたが帰蝶は必死に引き止めていた。

それでも信長は戦の借りがあるから戦場に向かうと帰蝶に告げた。

長良川の北側の道三本陣では作戦会議が行われていた。

その頃、高政は道三を見つけたら殺すか生け捕りにすると家臣に伝えていた。

織田軍が来ないことに高政は憤り道三の側についたのではと焦っていた。

長良川を挟んで道三軍と高政軍は相対した。

高政軍と道三軍は長良川で激しい戦いを繰り広げる。

長良川上流に光秀たちが到着して高政軍と迎え撃つ。

光安は敵が手薄な川下のほうに行って道三を助けろと光秀に指示した。

高政が直々に大軍を率いて道三軍は劣勢に立たされる。

道三は1人槍を持って馬を走らせ高政軍の目の前に現れた。

高政との一騎討ちを望んだ道三に高政は道三との一騎討ちを受けて立つ。

負けを認めよと高政は道三に叫んだが道三は自分を偽るものに命乞いする気はないと告げる。

「父の名を申せ!」と道三は叫び高政は土岐頼芸こそが父だと宣言した。

自分を偽って美濃をかすめ取ろうとする高政に憤り、道三は高政に「己の父は斎藤道三じゃ!」と真剣な目で伝える。

道三は高政に向かっていったが高政の家臣に槍で刺されて道三はよろめきながら高政の胸に倒れ込む。

高政の父は斎藤道三だと最後まで呟き道三は息絶えた…。

高政は空を見て涙を堪えてそこに光秀が高政の前に現れる。

親殺しの汚名を着せるのが道三の狙いだと高政は光秀に話し、高政は光秀に政を助けよと告げた。

光秀は道三を尊敬する主君で己に誇りがあったと高政に語り高政の下にはつかぬと高政に言った。

尾張の清須城では道三が高政に敗れたことを伝えられた帰蝶。

帰蝶は泣き崩れて隣の部屋にいた伊呂波太夫に美濃に行くよう命じた。

一方、三河と美濃の国境を歩いていた駒と菊丸。

駒は美濃が戦の最中で光秀も戦に参加していると聞きいてもたってもいられなかった。

明智城にきた光秀は光安に明智家は光秀に任せると告げられる。

道三に味方したことでまもなくここに高政軍がくると光安は話す。

そうなれば明智家は滅ぼされると光安は光秀に言い明智家の旗印を光秀に託した。

明智城から逃げて明智家を守ってほしいと光秀に伝える光安。

光秀は左馬助を連れて逃げるように光安に言い渡されて光安に別れを告げた。

敵が攻めてきて光秀は館に来て母の牧に光安から逃げ延びよと命じられたことを話す。

伝吾たちは光秀に最後の別れをして明智家を守れなかったことを悔いていた。

光秀も明智家を守らなかったことを無念に思った。

明智家の人々に「達者で暮らせよ」と言い「またいつか会おうぞ!」と叫ぶ。

ところが、牧は光秀の父から預かったこの家を離れるわけにはいかないと光秀に言いここで死ねるなら本望だと話す。

それを聞いた光秀は牧と離れるつもりはないと言い煕子も光秀のそばを離れないと誓う。

伝吾は牧に自分たちでこの明智家を守って見せると誓い牧は光秀とともに行くことに決めた。

そのとき、大軍が攻めてきて光秀たちは必死に逃げようとしていたーー。

【麒麟がくる 17話】感想

高政軍は大軍だから道三軍に勝ち目はなさそうだ…。

馬を走らせて1人高政軍の前に現れた道三、カッコいいな♪(v^_^)v

道三と高政の親子での一騎打ちは興奮した❗️

道三は必死に高政の父は斎藤道三だと訴えていたけどあれは高政に親殺しの汚名を着せるために言った言葉だったのかな?

それとも高政の父は自分だけだと言おうとしたのか…。

道三は結局高政に殺されて光秀は高政の下につくことを断って明智城が攻められることになる。

明智家の旗印を光秀に託した光安は明智城に残ることを決意した。

このシーンの光安が一番カッコよかったなヽ(*^ω^*)ノ

光秀は明智家を出て生き残ることが明智家を守ることだと光安に告げられて光秀は光安の最後の命に従った。

光秀の残したこの家を離れないと牧が言ったのももっともだと僕は思う。

誰だって生まれ住んだ土地から離れたくないと思うから…。

牧は光秀と伝吾の説得によって光秀とともに逃げることを決意した。

光秀たちはこれから越前に逃げることになるんだけど越前で何が待ち受けていることやら(`・ω・´)

まとめ

大河ドラマ『麒麟がくる』の第17話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

道三軍と高政軍は長良川を挟んで戦を始めて道三軍は劣勢に立たされて道三は1人高政軍の前に現れる。

道三と高政は一騎打ちして道三は高政の前に敗れた。

高政は光秀に自分の下で政を手伝ってくれと頼むが光秀は断り主君に逆らったとして明智城に高政軍が攻めてくる。

明智家の旗印を光秀に託した光安は光秀に生き残ることが明智家を守ることになると最後に伝えて光秀は光安に別れを告げた。

光秀は館に行って牧を説得して牧と煕子は光秀とともに逃げることになった。

次回、光秀は伊呂波太夫に連れられて越前へと逃れたがそこでも様々な困難が待ち受ける!

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする