水曜ドラマ『同期のサクラ』第2話あらすじ&ネタバレ

はじめに

第2話の『同期のサクラ』は、北野桜の同期の一人で熱血漢の清水菊夫が営業部の部長の桑原にパワハラを受けていて桑原は上司なので自分の意見は言えず桜はいつものように忖度のない言葉を桑原に言うが菊夫には嫌がられて桜は落ち込みます。

果たして桜は菊夫を救うことはできるのか?

キャスト&スタッフ

脚本:遊川和彦
演出:明石広人、南雲聖一
監修:阿部守(建築業)、中澤暁雄(医療)
出演者:高畑充希、橋本愛、新田真剣佑、竜星涼、岡山天音、草川拓弥(超特急)、大野いと、柳谷ユカ、津嘉山正種、西岡徳馬、相武紗季、椎名桔平
音楽:平井真美子
エンディング:森山直太朗「さくら(二〇一九)」

前回のあらすじ

桜の部屋で、桜が頭を打って倒れていて、桜は病院に運ばれて病院のベッドで意識がなく人工呼吸器につながれたまま横たわる桜。

携帯に登録されていたのはたった4人で、百合、葵、菊夫、蓮太郎がそれぞれかけてけてくれた。

百合らは、「桜のいない世界に生きていてもしょうがない…」という思いを抱いていた。

時は10年前にさかのぼり2009年の春、大手ゼネコンの建築会社の新入社員となった桜は入社式に急いでいた。

通行の邪魔をする若者には「みなさんんも迷惑になるので道を開けてください」と忖度は全くしない。

そして珍しい建物を見つけると時間を忘れて夢中で写真撮影をしている。

なんとか間に合った入社式では、社長(西岡徳馬)のスピーチに「話が長いと思いました」と発言し、周囲を驚かせます。

式の後、三週間の新人研修の最終課題として、配属先の決定に影響する「日本の未来に残したい建造物の模型作り」が発表されます。

桜が班のリーダーを決め、百合、葵、菊夫、蓮太郎と組むことになる。

桜が見つけた喫茶店で親睦会を開き、親睦会で志望部署を聞かれた桜は、故郷の離島に橋を架ける仕事に関わるため“土木部”に入りたいと夢を語ります。

その翌日に、桜たちは人事課の火野すみれ(相武紗季)の指導のもと、ビジネスマナーなどの厳しい研修を受けます。

みんなが疲労する中、桜は空気を読まず最終課題の模型作りの打ち合わせをしようと持ちかけます。

しかし、課題に向けたみんなの意見はバラバラで、桜はあるアイデアを提案する。

桜は故郷と本土に架ける橋をジオラマで作ろうとみんなに提案し、4人は納得して模型作りに取り組みます。

4人は休みの日に模型の材料を買いに行き、会社の一室で模型を作ることになり、苦労してやっと完成した橋の模型は構造に問題がある作りだったため重さが加わればすぐに折れてしまうと桜は今頃になって気づいた。

桜は作り直そうと提案しますが、百合は桜がみんなのことを考えず夢のために突っ走ろうとする前向きさに腹が立ち桜に怒鳴る。

他の3人も百合のいったことに賛成し、桜はショックを受けたのか「さよなら」とひとこと言って去ってしまう。

翌日、新人研修の最終課題の発表会で桜を除いた百合、葵、菊夫、蓮太郎の4人が社長と人事部部長の黒川森雄が橋の模型を見て耐久性を確認しようと黒川は橋を手で押そうとし、橋が壊れそうになった…。

その時、桜が新しく作った橋を持ってきて桜は島と本土のジオラマに橋を架けた。

そして橋に手を置いても橋は壊れなかった。

そして最も優秀な作品に送られる社長賞の発表があり、その作品は社長が以前作った建物を真似ただけのものだった。

桜はそのことを指摘し、桜は最も美しい模型は先端性がありビジュアルも美しい図書館の模型を褒めた。

桜は社長にも全く忖度がなく自分の意見を言ったことで黒川に責められた。

そして、新人の配属先の発表があり、百合は広報部、葵は都市開発部、蓮太郎は設計部、菊夫は営業部とそれぞれ希望の部署に行くことになっが、桜だけは土木課ではなく人事部に行くことになった。

4人は落ち込んでいる取ろう桜に声をかけようとするが、先に桜が話し出して別れを言い去っていった。

※ここからネタバレ注意!

第2話あらすじ&ネタバレ

桜の病室で、菊夫は会社に入って2年目のある出来事について語り出す。

時は2010年5月にさかのぼり…。

桜は人事部で働いていつか土木部に行けるよう精一杯働いている。

桜はいつものように素敵な建物を見て写真を撮っていて遅くなってしまう。

人事部の火野すみれ(相武紗季)に通勤交通費の内訳の仕事を頼まれていて桜はその仕事はもう済ませていた。

上層部から人事部に残業時間の削減を命じられて、

部長は桜に各部署に残業時間の削減の通知をコピーをして各部署にお願いに回る仕事を命じられる。

広報部の百合は、この仕事に不満を持っていて桜に不満を漏らしていた。

蓮太郎は、いつまでたってもデザインを任せてもらえないと嘆いていて、営業部の菊夫も忙しそうにしていた。

営業部の桑原部長はは残業なんか無理だと叫び、菊夫に残業時間も過ぎても働けと命令する。

菊夫は残業時間を過ぎても働いていて、桑原は過酷な労働を強いるのは可愛い後輩を育てるためだともっともらしいことを言っていた。

下請けの会社ももう無理だからと言っていて、桑原はクライアントに甘くクライアントの要求をなんでも飲んでしまう。

菊夫はきつい仕事ばかり要求する上司にこき使われてストレスを溜めていることをサクラは心配していた。

残業時間の削減をお願いに行っても菊夫の残業時間が増える一方で、桜が言いに行くことになった。

桑原は工期を伸ばしてもらうよう下請けに言えと菊夫に無茶苦茶なことを言った。

桜は桑原の高圧的な態度にも一切動じず菊夫の残業時間を減らすようお願いする。

桑原は人事部の部長に文句を言いに行き、怒った人事部部長の黒川は桜は部長にもう桑原に関わるなと言った。

菊夫はクタクタになって帰り、妹の留守電を聞いて一息ついているときに、桑原に電話で呼び出されお得意先の先輩を接待することになった。

菊夫は疲れ切っているのを桜は気にかけた。

菊夫が勤務超過で過労死したら上司の桑原に管理責任が問われると桜は言う。

菊夫は大学の先輩の桑原には逆らえないようで体力があるから大丈夫だと桜に苦笑いで言った。

部屋に帰った桜は菊夫が勤務超過で疲れ切っていてどうにかしたいと故郷の爺ちゃんに相談のFAXを送る。

「大人とは自分の永遠さと認めること・・・と思う。自身はないが」。

と爺ちゃんからFAXがきた。

そして人事部の火野から同期の菊夫が倒れたとの連絡が入る。

桜は菊夫が入院している病院に行き、菊夫が担当している図書館の設計を見て感動していた。

桜は人事に配属されてよかったと言って、人事部に配属されて様々な人の仕事ぶりを見ていた。

都市開発は人の暮らしを豊かにするために仕事をしていて、人事は社員の健康と安全を守るために働いていると桜は語る。

家族のために仕事をしているから辞めたくてもやめられないと菊夫は言う。

「なんでこんなことになったんだろう・・。仲間と一緒に働けたらそれでよかったのに」

桜は爺ちゃんが言っていた大人になるとは自分の弱さを認めることだと菊夫に語りかけた。

桜が「応援しなきゃいけないのはあなた自身ではないですか」と菊夫にいう。

桜はエレベーターで同期たちと会い、菊夫からメールが来て桑原に自分の考えを伝えると書かれていた。

桜たちが営業部に行くと菊夫が勇気が出ずに営業部の前で立ちすくんでいて、桜にケツを叩いてほしいと頼む。

菊夫は桜に決を叩かれて勇気が出て桑原の元に行き、クライアントに急かされて困っているといつもの調子で菊夫に残業をしろと強要する。

菊夫は自分の思いの丈を桑原にぶつけ、自分がやるべきと思った仕事をやりたいと叫ぶ。

とその時、図書館の水道管が破裂したと電話が入り、担当の菊夫が行くと言った。

桜は菊夫に差し入れを持っていき、菊夫と下請けの社員たちとで写真を撮った。

その翌日、営業部の残業時間は解消されたと人事部長の黒川は桜に言って、そして桑原が異動になったと黒川は桜に伝え桑原が土木部の役員になったとも言った。

そして桜はエレベーターで桑原に会い、桑原が「俺が土木部にいる限りお前を土木部には入れさせないからな」と言い放つ。

そう言われた桜は今まで息を止めていたようで、思いっきり息を吐くと、「部長のコロンの匂いがきつくて息を止めてました」と最後に桑原に忖度なく言い、桜は去っていった。

感想

僕は桜が上司に忖度がなく自分の言葉を素直に言い上司や同期からは煙たがれていますがそれが彼女の持ち味ですから僕は桜のことは好きです。

桜のような友達がいてくれたら人生は豊かになると僕は考えていて同期たちも桜の言葉や行動に徐々に心を動かされていきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いた『同期のサクラ』のドラマレビューをみてこの作品を好きになってくれたら嬉しいです。

まだご覧になっていない方はこの機会に是非ご覧になってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする