まだ結婚できない男1話ネタバレあらすじ 相変わらず1人が好きで悪いか!

偏屈で、独善的で、皮肉屋の建築家の桑野信介が、0話という新しい時代になってさらに進化しました。

人生100年時代と言われるこのご時世に、53歳になった桑野信介は、偏屈さに一層磨きがかかり、相変わらず独り身を謳歌している日々を送っている。

しかし、ひょんなことから出会った女性たちとの間で、あ割り始める運命の歯車!

果たして今度こそ人生のパートナーを見つけることができるのか?

キャスト&スタッフ

脚本:尾崎将也『結婚できない男』『アットホーム・ダッド』『シグナル 長期未解決事件捜査班』
音楽:仲西匡
主題歌:持田香織「まだスイミー」
演出:三宅喜重『結婚できない男』『パーフェクトワールド』『僕のヤバイ妻』・小松隆志『結婚できない男』『美しい隣人』『白い春』・植田尚『結婚できない男』『サキ』『まっすぐな男』『鬼嫁日記』
チーフプロデューサー:安藤和久・東城祐司
プロデューサー:米田孝・伊藤達哉・木曽貴美子

まだ結婚できない男ネタバレあらすじ

桑野信介は、建築士で夫婦でマイホームを建てる時に最高の家を設計して夫婦のために家を建てることを生きがいにしているが、自分自身は50歳を過ぎてもまだ結婚できていない。

本人はそれでもいいと思っているが、家族からは早く結婚すればいいのにと日々嫌味を言われている。

桑野はある日、エゴサーチ(自分の名前をネットで検索すること)をしているとやっくんという人のブログを見つけ、そのブログが桑野のことを誹謗中傷するような内容が書かれていた。

桑野は怒り、事務所の村上に愚痴をこばし、村上が「そんなに嫌なら弁護士に相談してください」と言われ、桑野は小さなビルの小さな弁護士事務所に相談に行く。

その事務所の弁護士は吉山まどかといい、吉山は桑野の相談がネットの誹謗中傷のことだ聞き、彼女は桑野の話を聞いていてネットで悪口を言われるのは桑野本人に原因があるのではないかと遠回しにいった。

桑野は仕返しのように吉山が40歳過ぎまで独身なのは仕事を一生懸命していて充実している自分に酔いしれていて一人で満足しているのではないかと反論した。

桑野は裁判所に行き、吉山の抱えているもう一つの訴訟の裁判を傍聴しに行った。

そこには離婚裁判をしていて被告の岡野有希江の被告代理の弁護士を吉山が務めていた。

吉山は傍聴席に桑野がいて少々驚いていたが、気を取り直して裁判を進めた。

夫が浮気をして夫は妻の岡野有希江と離婚をしたいと言っていて、有希江は夫とは別れたくなくできることならやり直したいと考えています。

夫は早く離婚をして次の人生を歩みたいと言いました。

桑野はその裁判を傍聴して、帰りのトイレの中で夫と弁護士の会話を盗み聞きしてできるだけ裁判を長引かせて有希江からお金を搾り取ろうとしているという話を聞いて桑野はそのことを吉山を有希江に言った。

有希江はもう和解でいいと吉山にいい、桑野はタクシーで帰り、その帰りに有希江に遭遇して有希江は泣いていました。

感想

桑野は放っておけずにタクシーに乗せました。

有希江はカフェの前で降り、ここのカフェで雇われ店長をしているを別れ際に桑野に言いました。

桑野は早速カフェに行きました。

有希江は桑野に微笑み桑野は鼻で笑っていました。

ある日、桑野はコンビニの帰りでマンションの隣に引っ越してきた謎の女性と出会います。

その女性はサングラスにマスク姿で顔を隠していました。

桑野はその時荷物の一つの流し素麺機に興味を持ちます。

女性はそそくさを部屋に入り、桑野は部屋でいつものように大音量でクラシックを聴き、曲に合わせてタクトを振っていました。

女性は隣で聞き耳を立てていました。

翌日、桑野は仕事をしていると有希江の夫が分譲マンションに女性を連れ込んでいる姿を目撃します。

桑野はその様子を見に行こうとしますが、夫に見つかってしまい、口止め料を夫が払いますが桑野は受け取らなかった。

桑野は吉山の法律事務所に行き、有希江の夫のことを話そうとします。

だが、うまく話せずそこに吉山の秘書が調査員に調査させていた写真を吉山が受け取り、そこには有希江の夫がマンションに女性を連れ込んでいる姿がバッチリ写っていました。

そして、桑野が夫に金を受け取る写真があり、まるで桑野が口止め料を受け取っているかのよう。

桑野は必死に誤解を解こうとしますが、今日はホテルでシンポジウムがあり遅れるわけにはいかない桑野はその場から逃げるように行こうとしますが吉山に止められます。

桑野がシンポジウムに遅れるわけにはいかないと話すと吉山は車で桑野をホテルまで送ります。

桑野は車の中で事情を話し、吉山はなんとか納得したようでした。

しかし、吉山がナビの入力を間違え、違うホテルに着いてしまいました。

桑野はどうせ出たくなかったしというと、桑野の思いどお織にさせたくなかった吉山は全速力でシンポジウムが開かれるホテルに向かいます。

なんとか到着すると、桑野はステージに立ち、未来の建築について話します。

しかし、ほとんどが結婚についての自分の見解を話しただけでした…. 。

桑野は吉山に「人生のナビの入力を間違えないといいですね」と皮肉を言い吉山は怒って帰って行きました。

帰った桑野は、買ってきた流しそうめん機で一人で流しそうめんを満面の笑みで楽しむのでした。

僕は桑野が一人を満喫していて、50代を迎えてもなお一人を貫く彼を少しばかり尊敬します。

なぜなら、僕もどちらかといえば一人でいる方が好きなので桑野みたいに一人を満喫するのは僕の人生観にも少なからず影響を与えています。

次回の『まだ結婚できない男』も期待して待ちたいと思います。

それでは、また‼︎

第2話では桑野は婚活アプリに登録していた女性とひょんなことからメールをやり取りするようになり、桑野は女性と会うことにするが...。 ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする