映画『トイ・ストーリー3』ネタバレあらすじ&感想 おもちゃの運命

映画『トイ・ストーリー3』では、アンディの大学進学が決まり引っ越すことになりおもちゃの整理をアンディは始める。

屋根裏部屋におもちゃを持って行こうとしたところ母親がゴミと勘違いしてゴミ捨て場に持っていく。

アンディに捨てられたと勘違いして心を痛めたおもちゃたちはサニーサイド保育園に行こうとするが…。

【映画 トイ・ストーリー3】あらすじ

カウボーイ人形のウッディやバズ・ライトイヤーたちおもちゃの持ち主であるアンディは大学進学が決定していた。

引っ越すためにおもちゃを整理するアンディはおもちゃたちを屋根裏部屋にしまおうとする。

だが、母親が手違いでおもちゃたちをゴミに出してしまう。

ウッディはなんとかみんなを助け出す仲間たちはアンディに捨てられたと勘違いして母親の乗る車に乗り込んだ。

おもちゃたちは近所の保育園に寄付されて、保育園のおもちゃたちから歓迎される。

アンディに捨てられたと思い込んでいる仲間たちは保育園で子どもたちと遊ぶ道を選ぶ。

保育園のおもちゃのロッツォはバズたちを手厚くもてなしたがウッディはアンディがみんなを捨てたわけじゃないと必死に説得するがみんなは信じようとしない。

一方のウッディはアンディを信じて保育園からの脱出を試みるーー!?

キャスト&スタッフ

監督:リー・アンクリッチ

脚本:マイケル・アーント

原案:ジョン・ラセター、アンドリュー・スタントン、リー・アンクリッチ

製作:ダーラ・K・アンダーソン

製作総指揮:ジョン・ラセター

出演者:(原語版) トム・ハンクス、ティム・アレン、ジョーン・キューザック / (日本語吹き替え版) 唐沢寿明、所ジョージ、日下由美

音楽:ランディ・ニューマン

主題歌:「君はともだち」 (日本語版)ダイヤモンド☆ユカイ / (スペイン語版)ジプシー・キングス 「僕らはひとつ」 (日本語版)山本隆太

編集:ケン・シュレッツマン

製作会社:ピクサー・アニメーション・スタジオ、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ

配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ

【映画 トイ・ストーリー3】考察(ネタバレ含む)

アンディが大学に行くことになりおもちゃの整理をしていた。

おもちゃたちをゴミ袋に入れて屋根裏部屋に持っていこうとしたら母親がゴミと間違ってゴミ捨て場に持っていってしまう。

アンディに捨てられたと勘違いした仲間たちはサニーサイド保育園行きの段ボールに潜り込んで車でサニーサイドに向かう。

サニーサイド保育園に到着したウッディたちはロッツォというクマのぬいぐるみにサニーサイドの中を案内される。

このロッツォっていうのがクセ者だな( *`ω´)

「イモムシ組」に案内されたバズたちはここに残ると決めたがウッディはアンディのために家に帰ることにした。

ウッディとバズたちは別れてウッディは保育園を脱出しようとする。

保育園の屋上にきたウッディは捨ててあったハンググライダーを使って空を飛ぶが途中で突風が吹いて空高く飛ばされてしまった。

ウッディは真っ逆さまに落ちて木の枝に引っかかる。

そこに保育園に来ていたボニーがやってきてウッディのことを気に入ったボニーはウッディをリュックに入れて持って帰った。

一方、イモムシ組に残ったバズたちは子どもたちに遊んでもらおうと待機したら子どもたちはおもちゃをめちゃくちゃにして遊ぶ。

となりのチョウチョ組の子どもたちは対照的に穏やかに遊んでいた。

その頃、ボニーの部屋に来たウッディはここがどこかボニーのおもちゃたちに尋ねる。

ドリーがウッディに挨拶してボニーはおもちゃたちと楽しく遊んでウッディは久々に幸せな気持ちになった。

バズたちは遊び方を知らない小さい子どもたちにめちゃくちゃな遊び方をされて疲れ果てていた。

ロッツォにチョウチョ組に変えてほしいと頼むためにバズはイモムシ組を脱出した。

保育園の廊下にはトゥイッチとチャンクが歩いていてバービーとイチャイチャしているケンを連れていった。

不審に思ったバズはケンたちを尾行して自販機の中に入る。

すると、ケンたちがポーカーをしていてバズたちは使い捨てだと話していた。

バズはその話を聞いていてみんなにこのことを伝えようとしたがビッグベビーに捕まった。

一方、ウッディはアンディの家に帰ろうとして地図を出してくれないかと頼んだ。

ケンたちに椅子に縛り付けられてロッツォを呼べとバズは叫んでいた。

ちょうどいい時にロッツォがバズの前に現れてバズを仲間に引き入れようとした。

だが友達を置いていくことはできないと話すとまた椅子に縛りつけろと仲間に命令した。

バズの背中を開けさせてバズを出荷したときの状態に戻すために「デモ・モード」にかえた…。

ジェシーたちはまだイモムシ組にいてミセス・ポテトヘッドが無くしたほうの目でアンディの部屋を見るとアンディがジェシーたちおもちゃを探しているのが見えた。

アンディはおもちゃたちを捨てたわけじゃないと気づいて家に帰ろうとするとロッツォたちが立ちはだかる。

そして、バズはジェシーたちをザーグの手先と勘違いして襲いかかる。

ジェシーたち仲間は檻に入れられてポテトヘッドは外の箱に入れられる。

バズが見張っていて外には出られなかった。

一方、地図を見てアンディの家がすぐ近くだと知ったウッディは大喜びで家に帰ろうとするとピエロの人形のチャックルズからサニーサイドがいかにひどいところかを聞かされる。

ロッツォとビッグベビー、そしてチャックルズの3人はデイジーという少女のおもちゃだったが捨てられたと感じたロッツォはビッグベビーとチャックルズを連れてサニーサイドを訪れる。

ロッツォがサニーサイドをおもちゃたちの地獄に変えた。

それでも仲間たちを助けるためにウッディはボニーのリュックに潜り込んで仲間たちと再会した。

電話のおもちゃから監視役の猿を仕留めないとここから出られないと忠告される。

ウッディたちは作戦会議をして夜になるのを待つ。

ポテトヘッドはわざと騒ぎを起こして箱に入れられてスリンキーとウッディで猿を仕留める。

外に出る鍵を手に入れたウッディとスリンキーはジェシーに鍵を渡す。

一方、バービーはケンを尋問してバズの直し方を聞き出してケンに変装してバズのトリセツを盗む。

そのトリセツを使ってバズのリセットボタンを押すがバズは突然スペイン語で話し始めた。
 
ウッディたちは庭から脱出を試みて見張りをかわしてゴミ捨て場から脱出しようとする。

そこにロッツォが現れてウッディたちの行手を阻む。

ロッツォはゴミ収集車に入れられたくなかったら保育園に戻るよう命令したがジェシーとバービーが拒んだ。

おもちゃはいずれ捨てられる運命にあるとロッツォが言うとウッディがデイジーはどうだったんだとロッツォに問いかけた。

デイジーがロッツォだけを捨てたのにビッグベビーも捨てたとビッグベビーに嘘をついていたことをビッグベビーに打ち明けた。

その話を聞いたビッグベビーはロッツォをゴミ箱を投げ捨ててアッカンベーをした。

ウッディたちは脱出しようとしたがウッディはロッツォに足をつかまれてゴミ箱に引きずり込まれる。

ゴミ収集車に落ちたウッディを仲間たちが助けようとする。

ゴミ収集車の中でバズはジェシーを助けようとしてテレビの下敷きになってしまう。

すぐにウッディたちがバズを助けると下敷きになったショックでバズはもとに戻った。

そして、ウッディたちはゴミ収集場に来てゴミの山を目の当たりにする。

ウッディたちはベルトコンベアに紛れ込んで粉砕機をかわして奥に進む。しかし、奥にはゴミの焼却炉があった!

ロッツォを停止ボタンのあるところまで登らせたがロッツォはウッディたちを見捨てて1人だけ逃げた。

ウッディたちは焼却炉に落ちてなす術がなくなりみんなで手を繋いだ。

すると、上からクレーンが降りてきてリトル・グリーン・メンの3人組がみんなを助ける。

無事に助かったウッディたちはアンディの家に帰ろうとする。

一方、ロッツォは無精髭の男に拾われて車に括り付けられて車は走り去っていった。

ゴミ収集車に乗ってアンディの家に無事帰ることができたウッディたち。

ウッディは大学行きの段ボールに入りみんなは屋根裏部屋行きの段ボールに入る。

屋根裏部屋がいい場所でなくみんなのためにウッディはアンディにメモを書いた。

アンディはウッディの書いたメモを見ておもちゃたちをボニーにあげる。

ボニーとアンディはおもちゃたちで遊び車に乗ったアンディは「ありがとう、みんな」と別れを告げた。

立ち去る車を見てウッディは「あばよ、相棒」と呟きバズたちにボニーのおもちゃたちを紹介した。

【映画 トイ・ストーリー3】感想

アンディたちに捨てられたと勘違いしたウッディの仲間たちはサニーサイド保育園に行こうとする。

このサニーサイド保育園にはロッツォがいて彼はおもちゃたちを支配して自分の思いのままにしていた。

ロッツォは悪いやつだけどロッツォもかわいそうなところがあるんだよな(´・ω・`)

ウッディはサニーサイド保育園に行って仲間たちを助けようとするけどロッツォが立ちはだかる。

デイジーに捨てられたロッツォはビッグベビーに嘘をついていた。

ビッグベビーも本当はデイジーと一緒にいたかったはずなのに、ロッツォが捨てられたと思いこませた悪いやつ❗️

ゴミ収集場のシーンでロッツォはウッディに助けられるけどロッツォは助けてくれたウッディたちを見捨てた。

まったく汚いやつだよな、このシーンを見たときロッツォはつくづく救いようないやつだと思ったo(`ω´ )o

案の定、ロッツォに天罰がくだってウッディたちは家に帰ることができた。

ラストにアンディとボニーが一緒に遊んでアンディがウッディたちおもちゃに別れを告げるシーンは何度見ても泣ける…。

まとめ

映画『トイ・ストーリー3』の映画レビューはいかがでしたでしょうか?

アンディは大学に行くために引っ越すことになりおもちゃの整理をしていた。

屋根裏部屋におもちゃをしまおうとしたけど母親がゴミと間違ってゴミ捨て場に持っていってしまう。

捨てられたと勘違いしたおもちゃたちはサニーサイド保育園行きの段ボールに入る。

サニーサイド保育園に着いたウッディたちはロッツォというクマのぬいぐるみと会うがロッツォはサニーサイド保育園の支配者だった。

ロッツォに阻まれながらもウッディたちはアンディの家に帰ることができた。

アンディは大事なおもちゃをボニーにあげて車の中でおもちょたちに別れを告げる。

ウッディもアンディに別れを言いボニーのおもちゃをバズたちに紹介した。

シリーズ一泣けるこの作品をあなたもぜひご覧になってみては?

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎