エール 29話あらすじ&感想 裕一、音楽の夢を諦める!

朝ドラ『エール』の第6週・第29話では、音楽の道を探しに音はレコード会社をまわり裕一のために奮闘する。

コロンブスレコードの廿日市に一度は断られたものの後日ふたたび訪れると意外な返事が返ってきたーー!?

【エール 29話】あらすじ

心を閉ざしてしまった裕一(窪田正孝)の音楽の道を探すために音(二階堂ふみ)は、レコード会社をまわって売り込みを続ける。

ある日、吟(松井玲奈)のお見合い相手の鏑木(奥野瑛太)の紹介で裕一の契約をお願いしに訪ねたことのあるコロンブスレコードをふたたび訪れる。

その時はすぐに廿日市誉(古田新太)に断られてしまった音だったが、音がやってきたことを知って会いに行った。

廿日市の話は予想外のものだったーー!?

【エール 29話】考察

裕一の結婚が決まり銀行の同僚たちは喜んでいた。

鈴木がダンスホールで最初に紹介した女性だが「あの辺でいいんじゃないか?」と鈴木が言ったことをその女性が聞いていて怒って帰っていった。

落合は自分の心から逃げるなと裕一に告げた。

一方、音はふたたびコロンブスレコードを訪れて裕一と契約してくれるよう頼んだ。

すると突然廿日市が裕一と契約したいと言ってきて音は戸惑った。

契約書を見る限り騙されている様子はなく音はこのことを裕一に伝えるために福島に向かった。

喜多一に来た音は裕一の母のまさに裕一が音楽の道に進むことを認めてほしいと頭を下げた。

しかし、まさはこれ以上裕一が音楽で傷つく姿を見たくないと音に言い裕一には身の丈にあった人生を送ってほしいと話す。

音は音楽を捨てて今が一番傷ついていると言うとまさは好きな仕事に就く人は導かれていくもので留学が決まって裕一もそういう人になるのかと思った。

だけど留学が取り消されて裕一が傷つく姿を見たまさは裕一のためにと音楽の道を諦めさせることを決意した。

お引き取りくださいとまさは音に告げ、音もそれ以上何も言うことはできなかった。

その頃、裕一は茂兵衛に病弱の妻を紹介されていずれお前の母親になる人だと言われてその人の手を掴む。

茂兵衛の家を出ると三郎が外に立っていて音が来ていることを伝えられるが会うつもりはなかった。

それからの裕一は淡々と銀行の仕事をこなしていった…。

一方、新聞社で裕一の留学が取り消されたことを知った幼なじみの鉄男は裕一に会いに川俣銀行にやってきた。

落合から裕一が教会にいると伝えられて鉄男は教会に急ぐ。

そして、教会で裕一と音はふたたび会い、音はレコード会社をまわって裕一を作曲家として雇ってほしいと頼んだと裕一に話す。

コロンブスレコードとの契約が決まったことを裕一に話した音。

しかし、裕一はもう音楽の道には戻らないと心に決めて契約を断わる。

「音さんの人生を歩んでください」と裕一は音に告げる。

そのとき、鉄男が現れて一緒に東京に行って作詞作曲をしようと誘った。

音は裕一に幸せな人生、そして自分の人生を歩んでほしいと語りかけた。

教会を出て銀行の下宿先に戻った裕一は自分の道か家族の幸せかどちらを選ぶべきかで悩んでいたーー。

究極の選択の中で裕一が選ぶ決断は?

【エール 29話】感想

音は裕一のためにコロンブスレコードとの契約をとりつけて裕一のいる福島をふたたび訪れる。

こんなに尽くしてくれる人は他にいないよ♬

同じ音楽を目指すもの同士通じるものがあるのかも💓

コロンブスレコードの廿日市は突然裕一を作曲家として雇うと言い出した。

慌てた様子の廿日市(古田新太)が面白かったww

喜多一にやってきた音はまさに裕一が音楽の道に進むことを認めてほしいと頼む。

しかし、まさは裕一がこれ以上傷つく姿を見たくないと言って音の申し出を断った。

母親としては子どもが傷つくところを見たくないのは少しわかる気がする。

だけどまさのしてる行為は裕一をガラスケースに入れて閉じ込めるようなものじゃないか?

確かにガラスケースに入れてしまえば汚れたり傷ついたりすることはないけど同時に息苦しいところにずっと暮らすことになる…。

夢っていうのは傷ついてなんぼでそれでも諦めずに夢を追いかけ続けた人にしか夢を叶えることはできないと僕は思う(´・ω・`)

まとめ

朝ドラ『エール』の第6週・第29話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

裕一は心を閉ざして音楽の道を諦めてしまい音はそんな裕一のためにコロンブスレコードに売り込みに行く。

もう他のレコード会社と契約が決まっていると音は嘘をついて廿日市が急いで彼女のもとに駆けつけて裕一を正式に作曲家として雇った。

廿日市が裕一と契約したのは小山田耕三の鶴の一声があったからだけどそれを音が知るはずもない…。

福島で裕一と会ったことはコロンブスレコードとの契約が決まったと話すが裕一は断ってしまう。

鉄男が駆けつけて裕一に東京に行って曲を作らないかと誘うが夢を目指していたあの頃の裕一はどこにもいなかった。

裕一がかわいそうだな、夢をあきらめないでほしい…(`・ω・´)

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする