春子の物語・ハケンの品格2007特別編第4夜あらすじ&感想

『春子の物語・ハケンの品格2007特別編』の第4夜では、美雪は社内コンペで企画書を出してそれが最終選考まで残った。

しかし、正社員と部長の桐島から睨まれてついには派遣切りされてしまう美雪。

この理不尽なクビ切りに激怒したのは同じ派遣社員の大前春子だったーー!?

【ハケンの品格 特別編・第4夜】あらすじ

春子と桐島は名刺で百人一首をしていた。

その時、社内報が刷り上がったと東海林が話しかけてきて桐島は集中できないと東海林に怒鳴る。

いよいよ残り2枚となった時、春子がお手つきをして桐島部長が勝利を収めた。

企画書の締め切りが迫って正社員は企画書作りに追われていた。

春子は里中に頼まれて企画書のダメ出しをした。

企画書は社内外で受け付けていてマーケティング課も企画書を書き始めた。

美雪も春子のアドバイスに従って企画書を書いて会社に行き春子に見せたが正社員には絶対見せるなと注意される。

春子が報告書で書いたことをそのまま部長に報告した東海林。

東海林と春子は派遣は企画書を出すのが仕事じゃないと言って珍しく意見があった。

「派遣弁当」という美雪の企画を見て里中はいいアイデアだと美雪に言って企画書を出すことにした。

【ハケンの品格 特別編・第4夜】考察

春子は桐島にわざと負けて「真面目に働いてください」と桐島に注意した。

派遣が企画書を出してはいけないと春子は美雪に注意した。

派遣弁当のためにいつも行く定食屋に野菜の仕入れ先を聞きにいった。

美雪たちは定食屋に行ったが赤ちゃんが泣いてしまって困ってしまう。

そこに春子が現れて赤ちゃんを母親のお腹にいた時の歌を歌った。

赤ちゃんは泣きやんで美雪たちはその間に店主に野菜の仕入れ先を尋ねた。

マーケティング課に戻り春子があっという間に企画書を書いて里中の名前で出すことになった。

好きな人のために貢献できて美雪は嬉しそうにしていたが春子は美雪のそのやり方は甘いと告げた。

春子のもとにきた里中は企画書の名前を美雪にするべきだと春子に言うが責任の取れない派遣の名前で出すことを反対した。

里中は会社に戻り企画書の名前を“森美雪”に直した。

企画書のアイデアが降りてこなくて東海林が困っていると里中は米プラスティックの企画を一緒に考えようと東海林に言った。

後日、美雪が考えた企画書が最終選考まで残った。

桐島はそのことに激怒して里中を呼びつけた。

美雪の名前で残ったことに美雪本人が驚いていたが正社員の黒岩たちが不平不満を言い始める。

美雪はそれを聞いて泣きながらマーケティング課を出ていった。

正社員の態度に春子は怒り自分の企画が通らなかったことを派遣にぶつけるのはやめるよう言った。

桐島は企画書の名前を里中に変えろと里中に言ったがどうしても納得できなかった。

東海林が里中に駆け寄り里中が美雪を庇えば庇うほど美雪が辛い立場に立たされると忠告した。

美雪は女子トイレで泣いていてそこに現れたのは春子で大声で注意した。

トイレから出てくると黒岩がいて男たちに潰されるんじゃないわよと美雪に告げた。

S&Fに一ツ木が来て美雪のことを謝ったが桐島は美雪をクビにするよう言いつけた。

春子と桐島はエレベーターに乗り部長の人格考えたらこういう結果になることはわかつていたと話す。

降りてきた桐島に里中が駆け寄って美雪のクビを撤回してほしいと頼むが断られてしまった。

里中は美雪のクビを撤回するよう桐島に直談判しに行くと東海林に言うが東海林は必死に止める。

そこに春子が現れて派遣は会社に都合が悪くなるとすぐに切られると里中に教える。

春子はエレベーターに乗り「私がお手本を見せます」と里中と東海林に話した。

休みの日に里中は桐島の剣道場に来て美雪のクビを撤回するように頼んだ。

そのとき、春子が道着を着て現れて桐島と剣道対決をすることになった。

春子と桐島は一進一退の攻防を続けていたが春子は子どもたちの前で恥をかかせないようにわざと桐島に負けた。

「カンタンテ」にやってきたのはマーケティング課の仲間たちで美雪の送別会をしていた。

店に一ツ木と里中が来て桐島から美雪のクビを撤回するとの報告を受けたとのことだった。

会社にいた桐島は里中は会社の社風に合わないと東海林に話し里中とやるはずだった企画を一人でやるように命じた。

美雪は契約いっぱいまで会社で働けることになり美雪とマーケティング課の仲間たちは喜んだ。

春子にお礼を言った里中はハケン弁当の企画を絶対に通すと決意していた。

【ハケンの品格 特別編・第4夜】感想

派遣が会社で目立つことをすると春子が怒るからな、会社で目立たないことが会社で生き残る方法か!

美雪が派遣弁当という企画を考えて好きな里中のために企画書を譲った。

好きな人のために何かしたいという気持ちはわからなくもないが…。

美雪の企画が会社の創立80周年のコンペの最終選考に通ってしまった。

派遣だからといって企画書を出しちゃいけないっていうルールはないんじゃないか( *`ω´)

こんな理不尽な派遣切りに同じ派遣社員の春子は怒って桐島と対決する。

篠原涼子VS松方弘樹の対決が見られてラッキーって感じ💓

まとめ

『春子の物語・ハケンの品格2007特別編』の第4夜のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

春子は美雪の企画書が通って彼女が派遣切りされることに怒り部長の桐島と対決する。

試合に負けて勝負に勝った春子は見事美雪の派遣切りを阻止することができた。

春子のとんでもないやり方が徐々に馴染んできたな♬

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

春子の物語・ハケンの品格2007特別編第3夜あらすじ&感想

ハケンの品格 特別編 第5夜ネタバレ&あらすじ 東海林の思いは?