はね駒 39話あらすじ&感想 橘りん、英語の猛勉強をする!

朝ドラ『はね駒』の第39話では、松浪先生とりんの英語の猛特訓は夜遅くになるまで続いていた。

食欲がなくなるほどりんは勉強して疲れ切った様子を見た源造はりんのことを心配して松浪先生の悪口を言っていた…。

【はね駒 39話】あらすじ

松浪先生(沢田研二)によるりん(斉藤由貴)の英語の猛特訓は続く。

松浪先生の厳しい指導の前にりんの言い訳は通用しなかった。

特訓は夜を徹して、食欲がなくなるほどの猛勉強にさすがのりんも根をあげそうになった。

一方で、叔父の彌七(ガッツ石松)が急に仕事の都合で東京に出張になって、彌七の家にはりんと源造(渡辺謙)の二人きりになってしまった。

りんは勉強でそれどころではなかったが、源造は落ち着かない様子で夜も眠れずにいた…。

【はね駒 39話】考察

朝ごはんを食べていたがりんは食欲がなく源造は松浪に文句を言っていた。

一方、松浪先生の家に梅沢先生がやってきて家の手伝いをしてくれた。

道でばったり会ったのはしづたちで雑誌を買いに行くとのこと。

松浪先生の家にきたりんは早速英語の勉強をしていた。

単語の勉強をしてこいと言われてりんは全部覚えきれないと言い訳をしたが松浪先生はそれを許さなかった。

本気で勉強をしてないんじゃないかと松浪先生に言われてりんは怒って聖書を全部暗唱すると宣言した。

りんが家に帰ると彌七が東京に出張に行くことを知りその間にりんは勉強を頑張っていた。

源造と二人きりになってもりんは英語の暗唱をしてばかりでそれどころではない。

徹夜して勉強をしていたりんだが集中できず水浴びをした。

源造はりんが水浴びしているのを知って動揺して家を抜け出して肩で息をしていた。

英語の暗唱を頑張っていたがなかなか英語が覚えられずりんは松浪先生に助けを求めたが松浪先生は地蔵のように動かなかった。

りんは松浪先生の家を出て行き、教会に来たりんは神様にお祈りして最初を暗唱した。

そこに松浪先生が現れてりんの唱えた聖書を訳していた。

りんは構わず続けて松浪先生はその度に訳し、まるで二人の心が通い合っているようだった。

全部覚えきって松浪先生は「君ならできると思ってたよ」とりんに語りかけねりんは松浪先生の胸に抱きついた。

りんと松浪先生の関係ってただの先生と生徒じゃないんだなとこれを見て思った💓

【はね駒 39話】感想

りんは英語の試験に合格するために一生懸命勉強している姿が健気でつい応援しちゃうな(^ν^)

そんなりんを陰から心配している源造はどうやらりんのことが気になっている様子。

彌七が東京に出張ち行くことになった時もりんと二人きりになってどうしていいかわからずオドオドしてたしね♬

源造の慌てっぷりがとにかく面白いww

りんと源造がこの後どうなるのかは長い目で見守っていくことにしよう(*´∀`*)

それにしても松浪先生りんに厳しくしすぎじゃないかな?

夜遅くまで勉強させてりんが身体壊したらどうするつもりだ( *`ω´)

っと怒ろうと思ったけどそれは全部りんのためを思ってしたことだったんだねと思ったのはやはりラストシーンを見てからだな。

教会でりんと松浪先生が抱き合うシーンは『はね駒』の中でも名シーンなのではないかと僕は思う。

まだ半分も見てないんだけどね…。

まとめ

朝ドラ『はね駒』の第39話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

りんと松浪先生の英語の猛特訓は続きりんの食事ものどを通らないほどだった。

そんなりんを心配した源造だがりんは松浪先生の悪口を言われるのには耐えられなかった。

その後も英語の猛勉強は続くが英単語がまったく覚えられないりんに松浪先生はちゃんと勉強してないのではないかと指摘した。

その言い方にりんは怒って松浪先生の家を出る。

教会に来たりんは神様にお祈りをして聖書を読み上げた。

途中で松浪先生が訳して「できると信じていたよ」と言いりんはその言葉に嬉しくなり松浪先生に抱きついた。

りんと松浪先生の師弟関係が見れて良かった♬

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする