ドラマ『高校教師2』4話あらすじ&感想 雛と郁巳の遊園地デート

『高校教師(2003)』の第4話では、自分が病気だと勘違いした雛に郁巳は本当のことを話すことをためらった。

雛と郁巳は遊園地デートを持ちかけて嘘をついた手前断りきれずに2人は遊園地でデートをするが…。

【高校教師2 4話】あらすじ

  

郁巳(藤木直人)の家に来たのは雛(上戸彩)で一緒に朝食を食べた。

朝は別人のように冷たくなるけど冗談を言って安心したと雛は郁巳に話す。

郁巳と雛は一緒に登校して郁巳は雛に嘘をついた罪悪感から彼女の願いを出来る限り叶えようとした。

学校にはまだ悠次(成宮寛貴)が紅子(ソニン)を待っていて和樹は仕方なく警察に通報した。

雛は紅子に郁巳と遊園地に行くと伝え紅子は教師で人気のある郁巳とデートするなんてすごいと褒めていた。

警察が学校の校門に来て悠次をパトカーに乗せて悠次は学校の方をずっと見ていた。

雛は郁巳を探しにプールに行ったが水泳部の女子たちから白い目で見られてすぐに立ち去る。

一方、郁巳は百合子の病院に来てなぜまだ嘘をつき続けるのか郁巳に尋ねる百合子。

郁巳は夜にとてつもない孤独感に襲われてどうしようもなくなると百合子に打ち明ける。

雛と同じだと思うことで孤独感から解放されるのではと郁巳は考えたがそんなことをしても後で辛くなるだけだと百合子に言われてしまう。

和樹(京本政樹)は警察署で悠次を待っていて悠次が紅子を振り向かせるゲームを楽しんでいると知る。

「セン公や女は俺には勝てない、鉄の鎖に縛られてるからね」と言って和樹に向かって唾を飛ばす。

家で数式を書いていた郁巳は雛の電話に出てやっぱり遊園地デートをやめにしようと告げる。

雨の日に学校でてるてる坊主を作っていた雛はクラスメイトの女子に囲まれる。

その頃、郁巳は本を読んでいて江沢は雛をかまうのは何か弱みでも握られてるのかと言われて「弱みを握ってるのは僕かな?」と江沢に言ってプールを出ていく。

雛は水泳部の女子たちにもうプールに来るなよと言われていじめられていた。

「郁巳先生が迷惑してんだよ」と水泳部の女子に言われて雛はショックを受けて、女子の一人をビンタして喧嘩になる。

【高校教師2 4話】考察

雛に病気だと嘘をついた郁巳は罪悪感からできるだけ彼女の願いを叶えようとする。

悠次はずっと校門で紅子を待っていて紅子は気になっていたが警察に連行されても悠次は笑っていた。

紅子を振り向かせるための芝居でそのことに気づいた和樹は悠次と紅子を引き離そうとする。

郁巳は雛と同調することで苦しみから逃れようとした。

保健室に運ばれた雛は鼻血を見てどうしようもない恐怖心を覚える。

一方、悠次は大雨になっても紅子を待っていて紅子はこのままだと悠次が死んじゃうと不安になっていた。

それも悠次のパフォーマンスだと和樹は紅子に説明するが紅子はたまらず悠次のところに走っていった。

悠次と紅子はバイクで学校を去り、和樹はその後ろ姿を眺めることしかできなかった。

悠次に心がないことを紅子はいつ気づくかな…。

家で郁巳と百合子はセックスをして百合子は本当のことを雛に言うのはやめると郁巳に話す。

雛がいるなら私がここに来る必要はなくなると百合子は言い郁巳は雛に本当のことを話すからここにいてほしいと百合子に抱きつきながら話す。

遊園地デートに行く日、天気は快晴で雛と郁巳は遊園地で楽しんだ。

鏡の部屋で雛と郁巳はお互いに見つめあった。

雛が風船を買いに行っていると江沢がボーイフレンドと共に郁巳の前に現れた。

そのとき雛が現れて江沢は郁巳が学生とデートをしているのを見られたくなくてグループってことにすれば言い訳がたつと思ったと言っていたと雛に伝えた。

雛は怒って「先生のことなんか好きじゃない!」と怒鳴って去っていった。

江沢は郁巳の手を引っ張って観覧車に乗る。

人生はゲームだから楽しまなきゃ損だと江沢は自分の考えを郁巳に話し郁巳は悠次に似ていると思っていた。

悠次と江沢は考え方が似ているな、世界をどこか冷めた目で見ているというか(ーー;)

郁巳は観覧車の中で具合が悪くなりトイレに駆け込んで薬を飲んだ。

雛に電話したがつながらず嫌な予感がした郁巳は遊園地で雛を探す。

すると雛がジェットコースターのコースを必死に登っていて自殺すると思った郁巳は彼女を説得する。

「病気になって怖いと思うけど僕がいる、ずっとそばにいる」と必死に雛に訴えた郁巳。

しかし、雛は飛んでいった風船を取ろうとしていただけだった。

一方、和樹は悠次にボコられていてゲームは俺の勝ちだと悠次は笑いながら話す。

紅子は悠次に本性を見抜かれたから一緒に行こうと決意してこのままでは引き下がれない和樹はゲームを続けると悠次に宣言した。

ホストクラブに行った悠次は紅子と一緒にシャンパンを飲んでいた。

自分の部屋に雛を泊めた郁巳は雛が病気に絶望して自殺しないようにずっと彼女を守らなければならないんだという使命感に駆られていたーー。

【高校教師2 4話】感想

郁巳の病気を自分のことと勘違いした雛に真実を言えずにいた。

郁巳の気持ちを理解しても雛に真実を話すべきだと郁巳に諭した。

百合子も医者なんだから本当のことを雛に話してやれよって怒りたくなるなo(`ω´ )o

郁巳と雛は2人きりで遊園地デートをしたけど、その遊園地には水泳部の江沢も来ていた。

江沢という恋のライバルが現れて雛は嫉妬して「先生のことなんか好きじゃない!」と強がっている姿が可愛かった💗

上戸彩でしかできない表情をしてたなヽ(*^ω^*)ノ

悠次は紅子をオトそうと校門前で待ち構えていて紅子は彼を軽蔑していたけど次第に真摯な態度に惹かれていく。

こんな真摯な態度の悠次だけどそれも紅子を振り向かせるための作戦だと紅子が気づくといいけど…。

”恋は人を盲目にさせる”とはよく言ったものだねo(`ω´ )o

紅子を引きとめようとする和樹だったけど結局紅子は悠次のもとへ行ってしまった。

一方、雛が自殺すると感じた郁巳はジェットコースターのコースに登っている雛を説得する。

でも実は飛んでいった風船を取りに行っただけ。

郁巳は雛に嘘をついた以上雛を全力で守る責任があるからな、でもそんなことなら雛に全てを話した方が楽だと思うけど…。

病気のことを知られるのがそんなに怖いか、自分の心を開くことがそんなに恐ろしいか( *`ω´)

まとめ

『高校教師(2003)』の第4話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

郁巳の病気を自分のことと勘違いした雛に郁巳は真実を言えずにいた。

事情を知った百合子は郁巳の気持ちを理解してはいたが雛に真実を話すべきだと告げられる。

そんな中で、雛と郁巳は遊園地デートに行く。

雛の頼みを断りきれずに週末にデートに出かけた2人だったがそこに江沢が現れる。

その一方で、悠次は校門前で紅子を待ち構えていて最初は軽蔑しながらも悠次の真摯な態度に動揺する。

和樹はそれが悠次の心理的な作戦を見抜いて紅子を引き留めようとするが失敗する。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする