麒麟がくる 16話あらすじ&感想 道三と高政が対立し光秀は?

大河ドラマ『麒麟がくる』の第16話では、道三と高政は対立して今にも戦が始まろうとしていた。

戦を止めるために光秀は尾張に向かい帰蝶に戦を止めるよう説得するが帰蝶は弟の孫四郎に協力しなかった光秀に対する不信感が募っていた…。

【麒麟がくる 16話】あらすじ

道三(本木雅弘)は高政(伊藤英明)を討つべく出陣する。

国を二分する大きな戦に明智家は高政と道三のどちらにつくべきか光安(西村まさ彦)は思い悩んでいた。

一方で、戦を回避すべく光秀(長谷川博己)ほ尾張の信長(染谷将太)と帰蝶(川口春奈)のもとへ向かう。

光秀は信長と帰蝶に道三に肩入れして戦に手出しをしないことと、その代わりに織田との同盟を破棄しようとする高政を一命をかけて押しとどめると訴える。

しかし、弟の孫四郎(長谷川純)に手を貸さずに死に追いやったとして光秀に対する不信感が拭えない帰蝶。

帰蝶は光秀を厳しく突き放して…。

【麒麟がくる 16話】考察

弘治元年の五月、道三は二人の息子を高政の手で殺されて大桑城に逃げ込む。

光安は大桑城に行くか高政に味方するか決めかねていた。

戦になるかならないかは帰蝶次第ではないかと光秀は光安に語る。

尾張清須城で光秀は帰蝶に会い高政の使いかと帰蝶は光秀に尋ねる。

弟を殺した高政を帰蝶は憎んでいて、光秀に弟を元に戻して帰せと伝えよと激怒して光秀に告げる。

帰蝶は道三と結託して高政を追いやろうとしていたが光秀は外からの手は借りずに美濃のことは美濃の者に任せるように帰蝶に話す。

弟の孫四郎が助けを求めても手を貸さなかった光秀を帰蝶は許さず光秀を追い払った。

信長は隣の部屋で光秀と帰蝶の会話を聞いていた。

道三はニ〜三千の兵しかおらず対して高政は一万を超える兵がいると信長は帰蝶に告げる。

道三の勝てる策は今のところないと信長は帰蝶に言い帰蝶は怒って部屋を出る。

一方、駿河では今川義元の軍師・太原雪舟が病死して臨済寺では東庵は松平元信(のちの徳川家康)に会っていた。

菊丸は元信に美濃の高政が次男と三男を殺害して国が二つに分かれたと報告する。

その話を聞いた駒は菊丸に美濃は連れて行ってもらうようお願いする。

稲葉山城で高政は光秀に尾張へ行って何をしたかと聞く。

信長が動かなければ戦をせずに済むと高政は光秀に話し、光秀は道三と頼芸どちらが父親か高政に真意を尋ねる。

光安は明智荘を安堵してくれるよう高政に頼みに来ていて領地を広げて光安には隠居してもらうと光秀に告げた。

領地を改めて国を立て直すと光秀に言いもっといい領地に行ってほしいと話した。

館に戻った光秀は煕子に明智の領地が移されるかもしれないと伝える。

美濃のためなら光秀についていくと光秀に話す。

そして、左馬助が館にやってきて道三が光秀に大桑城に兵を集めていることを聞かされていよいよ戦が始まるのかと不安になる。

光安のもとに来た光秀は光秀の父から譲り受けた領地を守れそうにないと告げられる。

大桑城に行く決意をした光安だが大桑城に兵は集まらず道三は高政に勝てないと光秀は光安に言う。

大桑城を訪れた光秀はそこで伊呂波太夫と遭遇する。

出陣を止めるために来たと光秀は道三に言い国衆同士の戦は望んでいないと伝える。

「高政は人を欺き、自分を飾ろうとした」と道三は光秀に言い人の上に立つ者は自分に正直でなければならないと話す。

戦で何人もの家臣を死なせて夢にも出てきたが最近その家臣の名前が思い出せない。

自分が老いぼれたと実感してもはやこれまでと高政に家督を譲ったが、譲る相手を間違えたと道三は語る。

光秀は戦だけは起こしてはならないと道三に説得したが道三は兵を集める。

光秀と信長なら大きな国を作れるかもしれないと光秀に伝え、道三は出陣した!

明智荘に帰った光秀は光安が道三の軍に合流したと伝吾から報告を受けて道三にも高政にも味方はしないと宣言した。

高政が稲葉山城に陣を敷いたことを牧から言われ煕子たちは戦の覚悟をしていた。

決断に迷った光秀は鉄砲を取り、戦に参ると煕子に叫ぶ。

集まった兵たちに光秀は敵は高政だと宣言し、道三のいる鶴山に向かい出陣していったーー。

【麒麟がくる 16話】感想

高政は道三の2人の息子の孫四郎と喜平次を暗殺して道三は激怒して大桑城に難を逃れる。

戦になるのではないかと光秀は恐れていて尾張にいる帰蝶に戦を止めるように頼んだ。

でも帰蝶は弟の孫四郎に手を貸さなかった光秀を許さずに突き放す。

弟に味方しなかった光秀を恨む気持ちはわかるけど(`・ω・´)

道三と高政が親子でありながら対立して、光秀はそれぞれのもとに行き戦をしないよう説得する。

高政と道三の仲裁役になった光秀は大変だ、板挟みになって…。

戦をしたくないというのは道三も高政も同じだけどお互いに譲れないのは悲しい性だ(´・ω・`)

信長が出陣しないと道三に勝つ見込みはない❗️

道三と高政の国を二分する親子対決の行方は!?

まとめ

大河ドラマ『麒麟がくる』の第16話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

道三は高政を討つべく今にも出陣しようとしていた。

高政と道三どちらにつくか決めかねていた光安。

戦を回避するために光秀は帰蝶に話をしに尾張に行くが帰蝶は弟に味方しなかった光秀を許さず突き返してしまう。

光安は領地を奪おうとする高政が許せなくて道三の味方をすると決意した。

道三のいる大桑城にきて戦をしてはならないと道三を説得する光秀。

しかし道三は出陣して光秀は悩んだ末に道三のいる鶴山へと出陣した。

次回は道三と高政が戦う「長良川の戦い」が描かれる。

果たして勝つのはどっちだ!?

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする