道三と高政が戦った長良川の戦いの結末は?|『麒麟がくる』の紹介も

大河ドラマ『麒麟がくる』で伊藤英明が”美濃のマムシ”斎藤道三の息子である斎藤高政を演じる。

父の斎藤道三と息子の斎藤高政の戦はのちに下克上の代名詞になり、その戦で斎藤道三は亡くなる。

父親を殺したのは息子である高政だったがその驚くべき理由は?

今回は斎藤道三と斎藤高政(義龍)の親子の確執と戦になるまでの経緯について書いていきたい!?

大河ドラマ『麒麟がくる』で斎藤高政を演じた伊藤英明とは?

大河ドラマ『麒麟がくる』で、斎藤利政の息子の斎藤高政を演じるのは身長183cmの長身なイケメン俳優の伊藤英明。

伊藤英明は数々のドラマや映画に出演していて、受賞歴もある俳優。

中でも彼の代表作は何と言っても『海猿』ではないか♪(v^_^)v

この作品はドラマが大ヒットして映画化もされて伊藤英明の肉体美も素晴らしくてカッコいい💓

伊藤英明が演じていた仙崎大輔という役がとにかくハマっていて、お調子者なところもあるけど硬派で実直な性格があり海上保安庁に転職して海の平和を守る。

伊藤英明だからこそできた役だな♬

それと、伊藤英明の主演映画で外せないのは『悪の教典』!

サイコキラーという裏の顔を持つ教師の役でこんな怖い教師がいたらと思うと夜も寝られない:(;゙゚’ω゚’):

印象的な役どころを演じている演技派の俳優として知られる伊藤英明が演じる斎藤高政がますます楽しみ💖

斎藤高政は心の微妙な変化や利政に対する親子の確執など難しい演技があるが伊藤英明の独特の表現で演じてくれそう\(//∇//)\

伊藤英明演じる斎藤高政(義龍)とは?

斎藤高政(義龍)は、1527年(大永七年)に斎藤利政と側室の深芳野の間に生まれた。

弟が数人いて、幼名は「豊太丸」。

出身は美濃国(現在:岐阜県)とされている。

1536年(天文五年)には元服をして「新九郎」と名乗る。

深芳野が亡くなったことをきっかけに父の斎藤道三は仏門に入る。

そして、高政が美濃の守護代である斎藤家の家督を継いで稲葉山城(現在:岐阜城)の城主になる。

家督を譲り受けたのは1548年か1554年かはっきり史料に記述されてはいない。

斎藤道三が本当に隠居したのか疑わしくて実は隠居していなかったのではという可能性も…。

高政の幼少期の記述はほとんどなく大人になって斎藤道三と斎藤高政の確執が明らかになる。

近江の方(おうみのかた)は、斎藤高政の妻で浅井久政の娘。

高政と近江の方には斎藤龍興(さいとうたつおき)がいる。

斎藤龍興の誕生は1548年頃、近江の方については諸説ある。

父・斎藤道三との戦

父の斎藤道三と息子の斎藤高政との戦は1556年の「長良川の戦い」が起こる。

この戦いで高政は父の道三と戦って道三を倒す。

この戦いでは、旧土岐家が斎藤高政に協力している。

織田信長が尾張の国から出陣したようだが間に合わなかった。

高政は信長と戦ったという記述があるが信長はすぐに撤退する…。

あの信長がねェー、高政って父の道三譲りで戦が強かったのか❗️

凄腕の武将だったこともあり明智家も高政の手によって窮地に立たされる。

その後、信長と高政は衝突を続ける。

室町時代の後半は戦国時代で、斎藤高政改め斎藤義龍は当時の室町幕府の将軍だった足利義輝に功績が認められて出世していく。

1559年、義龍は「相伴衆」に任命されて戦国大名としての地位を確立。

相伴衆は室町幕府における役職で身分の一つである。

しかし、斎藤義龍は1561年の5月11日に35歳で急死してしまう。

当時14歳の斎藤龍興が家督を継いで美濃国を守る。

斎藤義龍はなぜ父の道三を殺した?

戦国時代に活躍した人物の一人である斎藤義龍は伊藤英明が演じたこともありとても魅力的💓

斎藤義龍のエピソードで有名なのは父の斎藤道三を殺したというもの。

そもそもこの二人が親子なのかも怪しいという疑惑がある❗️

その理由は、斎藤義龍の出生についてある憶測が囁かれることから始まる。

斎藤義龍の母・深芳野は土岐頼芸の愛妾で道三の側室になった時にはすでに深芳野のお腹には義龍がいて生まれたということ。

だから、頼芸の子であるという疑惑も拭きれないということだ。

このことから義龍が道三を討ったのは実の父である土岐頼芸を追放したのがきっかけではないかとの予想がたつ。

道三も義龍の弟をいつも溺愛していたからではないかと思われる。

ようするに義龍は弟たちに嫉妬したってこと(ーー;)

実際に、道三は義龍のことを蔑んでいて、弟の孫四郎を褒めていた。

道三の溺愛ぶりに自分たちが家督を継ぐと思っていたけど実際は義龍に家督を譲ったことで弟たちの恨みを買ったのでは?

義龍は道三にいずれ排除されて美濃が混乱に陥るかもしれないと考えて、1555年(弘治元年)に重臣たちと弟たちを殺害する。

弟の孫四郎を騙して稲葉山城に連れてきて家臣たちに殺害を命じて暗殺した。

孫四郎が殺されたと知った道三は危機を感じて大桑城に逃げ込んだ。

そして、1556年に「長良川の戦い」が勃発して道三と義龍の軍は長良川を挟んで対峙した。

義龍軍は1万7千5百人、対して道三軍は2千7百人余りしかない。

両者の兵の数には圧倒的な差があり、こんなにも桁外れに違うのは道三の行った国盗りの経緯にある。

これだけの兵力の差に流石の道三も太刀打ちできずに敗北して斬首される。

戦は義龍の勝利となったが殺した理由は未だにはっきりせず…。

争いで荒れた美濃の国を立て直す

美濃の国は長年の争いで荒れ果てていた。

高政は領地の立て直しに取り組むんで、土地の所有をめぐる争いを片付けて宿老による合議制で領地の運営をする。

高政の協力によって権力を独占する古い慣習を改めさせた、まさに高政は美濃の国を立て直して改革した素晴らしいリーダー…だったのかも?

大河ドラマ『麒麟がくる』の16話以降の見どころ

高政は家臣たちに命じて孫四郎とその家臣を殺害して、道三は孫四郎の死にショックを受ける。

道三は身の危険を感じて稲葉山城を脱出して、大桑城に逃げ込む。

美濃国が今にも戦が始まりそうな一触即発の状況の中で尾張に行って信長と帰蝶に戦を止めて欲しいと頼む。

信長との同盟を破棄して攻めいらんとする高政を全力で阻止すると信長に約束するが帰蝶は弟の孫四郎に協力せず死に追いやった光秀を許すことはできなかった。

光秀を厳しく突き放した帰蝶、このまま国を二分する高政と道三の戦は始まってしまうのかーー!?

道三と高政の史上最大の親子喧嘩の結末はどうなるのか、大河ドラマ『麒麟がくる』でとくとご覧あれヽ(*^ω^*)ノ

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする