グッド・ドクター 4話あらすじ&感想 新堂湊、初めての担当医!

木曜劇場『グッド・ドクター』の第4話では、港は小児外科に来て初めて担当医になったが担当の大石あかりは何も話さなかった。

いきなりこんな難しい患者を任せた科長の間宮の真意とは….。

【グッド・ドクター 4話】あらすじ

ある公園の滑り台で女の子がお腹を抑えて苦しんでいた。

小児外科の夏美と湊は診察を終えたときに暴れている女の子を看護師の橋口たちが止めようとしていた。

湊が少女をなだめようとしたがみんなは隙を見て捕まえた。

少女がどこの誰なのかはわからず言葉も話さないので意思疎通もできなかった。

湊は少女の担当を引き受けたいと高山に言ったが高山は任せるつもりはなかった。

だが、科長の間宮は湊に少女の担当をさせると突然言い出した。

湊が少女の病室に行くと少女は点滴を怖がっていた。

点滴が怖くないことを少女に伝えようとしたが少女は言うことを聞かなかった。

小児外科に院長の司賀がやってきて夏美に湊の指導医を引き受けてくれたお礼を言った。

一方、間宮は病院の廊下で副院長の猪口と話していて、湊が問題を起こせば院長は責任を取って院長をやめてそうなったら小児外科を無くすと話していた。

それを立ち聞きしていた高山は湊を少女の担当から外すと夏美に指示する。

少女の病室に大石薫が来ていて少女の名前が大石あかりだとわかった。

薫はあかりの継母でどう接していいかわからず最近は何も話さなくなったと夏美に伝える。

あかりに父親から受け取ったバッグを渡して薫は帰っていった。

【グッド・ドクター 4話】考察

湊は大石あかりの担当になったのは副院長の猪口の策略で湊が問題を起こせば彼を雇った院長の司賀の責任になり自分が院長になるために司賀を失脚させようとしていた。

とんでもないこと考えるな、湊が問題を起こさなきゃいいけど(ーー;)

あかりの継母の薫はあかりとどう接していいかわからなくて戸惑っていた。

薫は何か裏がありそうだな…。

理事長の美智は高山に電話して食事に誘ったが高山は緊急のオペがあると言って断った。

でもそれは高山の嘘だと気づいて美智は不安になる。

一方、湊はあかりの日記を見たときから様子がおかしく転院されると言った薫にあかりは渡さないと言ってあかりを連れていくいく。

夏美も騒ぎを聞きつけて湊のところに向かう。

薫は湊に突き飛ばされたと駆けつけたあかりの父親の大石修治に話す。

修治は湊からあかりを無理やり引き離して湊は美智たちから事情を話してほしいと言われるが何も答えなかった。

問題を起こした湊を解雇させるべきだと司賀と美智の前で言って猪口の計画通りに進んだ。

湊は病室で日記に見たときに誰にも言わないでと口止めされていたことを思い出していた。

あかりの病室で薫は迷惑をかけてすみませんと夏美に頭を下げて出て行く。

修治は夏美にあかりが昔よく喋る子だったと語り薫と結婚してもうまくいかないと嘆いていた。

あかりが病室からいなくなり夏美たちは急いであかりを探し、湊は心当たりのある場所に向かう。

母親と昔来た公園にいたあかりを湊は病室に連れて行こうとする。

そして、一部始終を見ていた入院中の子どもがあのとき薫は自分から転んでそれを湊が突き飛ばしたと嘘をついたことを話した。

夏美と高山は修治にあかりの日記を見てそれを見た修治は驚いていた。

一方、公園にいた湊とあかりは痛いときは痛いと言わなきゃダメだとあかりに言った湊。

そのときあかりが苦しみ出して緊急搬送される!

あかりの病状を知っている湊がオペ室に入って手術の動向を見守る。

その頃、修治はあかりの日記を読んで薫があかりを虐待していた事実を知った。

薫はあかりの亡くなった母親にあかりがそっくりだと気づいてそれからあかりに嫉妬して冷たくするようになった。

「あんたの声なんて聞きたくない!」と薫にあかりに向かって怒鳴りつけてそれっきりあかりは話さなくなった。

修治が薫と楽しそうに話しているのを見て2人の邪魔をするのは良くないと思って病気になってからもずっと我慢していた。

薫はあかりの手術室に駆けつけて修治は二度とあかりに近づかないてくれと叫んだ。

高山があかりのオペをして腸に潰瘍ができてあかりの命が危ないときに湊がいち早く異常なところに気づいて手術は成功した。

修治はあかりの病室にきてあかりが本当はお父さんと2人でいたかったと自分の心の内を話した。

屋上にいた湊と夏美は湊の父親が湊に虐待をしていたことを湊の口から聞かされる夏美だった。

小児外科に戻った夏美は高山から湊を画像診断科に異動させると告げられて驚いていた。

そんなことを知らずに湊は入院している子どもたちと楽しそうに遊んでいたーー。

【グッド・ドクター 4話】感想

今回は言葉を話さなくなった少女の担当医を湊が引き受けることになった。

少女はあかりといって湊はあかりの診察をしようとするが彼女は湊を拒絶してばかり…。

湊とあかりってどこか似てるよな(●´ω`●)

副院長の猪口は湊に問題を起こさせて司賀を失脚させろうとしてる。

随分姑息な手を使うな、こうなると湊を応援したくなる╰(*´︶`*)╯♡

あかりの継母が実はあかりを虐待していたと知って僕は『シンデレラ』と重ねちゃった。

継母ってどうしても血の繋がっていない子どもをいじめる宿命にあるのかな…。

クライマックスであかりと修治の思い出が流れて泣きそうになった(T_T)

虐待という地獄を経験しても修治と親子の絆を確かめ合ったすごくいいシーンだった💓

まとめ

フジテレビ系ドラマの木曜劇場『グッド・ドクター』の第4話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

湊は小児外科に馴染んできて初めての担当があかりだった。

だけどあかりは言葉を話さず意思疎通ができない難しい患者だった。

いきなりそんな難しい患者を任せるなんて何かあると思ったけどまさか間宮と猪口と繋がっていたとは!

それでも湊はあかりの手術を成功させて小児外科として自信がついた。

でもこれから湊の周りには様々な困難が待ち受けていそう…。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする