春子の物語・ハケンの品格2007特別編第3夜あらすじ&感想

『春子の物語・ハケンの品格2007特別編』の第3夜では、バレンタインのイベントの仕事を春子たちマーケティング課のメンバーがすることになった。

春子はウグイス嬢をすることになってチョコが完売して次の日にチョコを大量に仕入れる東海林だったが….。

【ハケンの品格 特別編・第3夜】あらすじ

大前春子は地震がくると感じ取り本当に地震が起きた!

正社員と派遣社員は机の下に隠れて地震が収まりマーケティング課のみんなは家族に電話していた。

地震が起きても仕事を続けて何がなんでも定時で帰ろうとした。

残業は職務怠慢の現れだと正社員の前で言い放ち東海林たちは春子に怒っていた。

マーケティング課にバレンタインイベントの企画の仕事を任せる。

派遣会社のマネージャー・一ツ木は臨時で6人の派遣社員を雇って派遣社員の1人が35歳でばったりと仕事が来なくなると愚痴っていた。

「カンタンテ」にやってきた美雪はこのまま派遣社員をしてていいのかと不安になっていて春子は派遣だからといって苦労しないのはその時点で終わってると話す。

春子たち派遣社員はイベントの準備をしていた。

そのとき、ウグイス嬢を務める派遣社員はイベント会場で里中に告白した。

美雪がチョコを並べているときにチョコを作ったという中年女性がここにチョコを並べたら溶けると文句を言った。

東海林は美雪がここに並べたのだと言って中年女性に謝ったがここに並べろと言ったのは東海林だった。

美雪が東海林の愚痴を言っていると一ツ木が血相を変えて現れてウグイス嬢の女性が失恋したショックで仕事を放棄したと言ってきた。

東海林は春子がウグイス嬢の経験があるということで春子にハートの被り物をしてウグイス嬢をやらせた。

【ハケンの品格 特別編・第3夜】考察

残業は職務怠慢の現れだと春子が言ったときホントにそうだなと思った。

今では働き方改革で残業がてきないからな…。

バレンタインのイベントの準備をしていた派遣社員の1人が契約を打ち切ると言ってきた。

その派遣社員の代わりに春子がウグイス嬢をすることになりハートの被り物を被って可愛い声で客寄せをした。

お客さんが次々と集まってきてチョコが売り切れて東海林たちは来てくれたお客さんに謝る。

派遣社員は夜7時までの給料は払ってくれるのかと美雪に尋ねて困っていたところを里中が助けてくれた。

里中は春子が忘れていった鞄を見つけて中には大量の免許証が入っていた。

S&Fの本社に戻って美雪は派遣社員をまとめていけるのか不安になり里中はそんな美雪を励ます。

帰り際に里中は美雪に話したいことがあるから一緒に食事に行こうと誘った。

東海林と浅野はチョコレート店「シルスマリオ」の社長・橋立くに子にチョコの追加生産を頼みにいってくに子の娘の頼みもあり了承してくれた。

一方、「カンタンテ」を訪れた里中は春子にイベントの仕事が終わったらみんなで飲みに行こうと誘ったが正社員の顔も見たくないと言って断った。

東海林と浅野は「シルスマリオ」に行ってチョコ作りを手伝った。

イベントが始まり春子がウグイス嬢をしていると心がこもってないと東海林が指摘して手本を見せようとした。

春子が被り物を東海林に被せようとしてその被り物は恥ずかしくないんですかと東海林の髪をいじる。

東海林と春子が控え室で正社員と派遣社員の待遇について議論する。

マイクのスイッチが入っていて会場にその会話がダダ漏れしていた。

2人の会話を聞いて派遣社員は嬉しそうにしていた。

ところが、派遣社員に義理チョコをねだるのはやめてほしいと春子が言ってその議論を聞いて義理チョコを買おうとしていた派遣社員はチョコを買うのをやめてしまう。

大量の売れ残りを前にしてくに子はショックを受けて東海林と春子は新商品を生産してもらうため謝りに行った。

「シルスマリオ」で春子と東海林はくに子に謝っていたそのとき、娘のあゆみが突然陣痛になり助産師の資格を持っていた春子があゆみの赤ちゃんを取りあげた。 

里中に言われて春子は会社に戻りマーケティング課のみんなは春子の誕生日を祝った。

でも春子は里中に人の気持ちがわからないから営業部を外されたんだとひどいことを言った。

それでも里中は彼女にバースデーカードを渡したが春子はケーキを買うのは義理チョコを買うより無駄だと告げて帰っていく。

バス停のベンチに座り春子はバースデーカードを見るとみんなからのメッセージが書かれていた。

それを読んで春子は一粒の涙を流していたーー。

【ハケンの品格 特別編・第3夜】感想

春子は相変わらずどんなときもたとえ地震が起きようとも仕事をやめない鋼の女っぷりがすごかった!

大前春子演じる篠原涼子のパワフルな演技が魅力的💓

バレンタインのイベントの仕事をすることになり春子はウグイス嬢を可愛い声でしていた。

ハートの被り物が妙に似合ってたな♬

東海林と春子の正社員の派遣社員の論争が会場の派遣社員に聞こえてしまってチョコが大量に売れ残った。

派遣社員だからってじゃけんにするのはよくないとこれで身に染みたんじゃないか東海林( ̄▽ ̄;)

春子は助産師の資格を持っていたから子どもを取り上げてくに子とも関係修復できたからすごいよね❗️

何より助産師の資格まで取ってる春子がすごい♪(v^_^)v

まとめ

『春子の物語・ハケンの品格2007特別編』の第3夜のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

バレンタインのイベントの仕事をすることになったマーケティング課一同はイベントの準備を進める。

しかし、ウグイス嬢をすることになっていた派遣社員が仕事の途中で契約を打ち切って急遽経験のある春子がハートの被り物をしてウグイス嬢をする。

控え室で春子と東海林が言い争っているのを会場でチョコを買っていた派遣社員が聞いて買うのをやめてしまった。

チョコが大量に売れ残って怒ったチョコレート店「シルスマリオ」の社長・橋立くに子だったが娘が陣痛で苦しみ出して助産師の資格を持っていた春子が赤ちゃんを取り上げた。

くに子と関係修復して新商品を受注できることになって春子はマーケティング課のみんなから誕生日をお祝いされる。

バースデーカードを見て春子は1人泣いていた…。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎