はね駒 32話あらすじ&感想 弘次郎、娘のために越後屋へ!

朝ドラ『はね駒』の第32話では、弘次郎はりんを家から出すのに数日猶予がほしいと越後屋の勘兵衛に頼みに行く。

ところが勘兵衛がりんの悪口を言ったのがきっかけで弘次郎と勘兵衛は激しい言い争いに発展して…。

【はね駒 32話】あらすじ

りん(斉藤由貴)の父である弘次郎(小林稔侍)は娘が結婚の約束をほごにした越後屋に1人で乗り込んでいた。

尋常高等小学校を卒業したらりんを家から追い出すという約束をしていたが、数日猶予がほしいと頼むためだった。

ところが弘次郎は越後屋当主でりんの許嫁だった新之助(益岡徹)の祖父・勘兵衛(花沢徳衛)と激しい口論となる…。

【はね駒 32話】考察

りんの女学校合格の知らせを聞き弘次郎は越後屋を訪ねていた。

高等小学校を卒業してもまだりんが家にいることを気にしていた弘次郎。

家を出るまでに数日の猶予を与えてほしいと頼んできて勘兵衛は約束を守るのは当然だと冷たく言う。

その約束もどうなることかと勘兵衛は弘次郎に言ってりんのことをいい加減な娘だと悪口を言った。

そのことに弘次郎は腹を立てて勘兵衛と喧嘩になり一触即発の空気になった。

弘次郎は越後屋を出て行き勘兵衛は武士の意地があるから弘次郎は自分から頭を下げられないと新之助に告げる。

おの頑固者は自分でりんの勘当を解くことをお願いできないでいるから勘兵衛の口から勘当を解くことを言わせたいのだと勘兵衛は語る。

その話を聞いていた弘次郎は武士の恥を忍んでりんの勘当を解くことをお許し願いたいと頭を下げた。

父親の熱意に負けて勘兵衛はりんの勘当を解くことを許して弘次郎と勘兵衛は仲直りの盃を交わした。

弘次郎は酔っ払って弘次郎を背負って家まで連れていった。

橘家にきた新之助はもう越後屋ではりんのことは何とも思ってないから安心するようにと告げた。

りんに弘次郎がりんの勘当を解くことを頭を下げてまで頼んだことを伝えた新之助。

新之助は別れを言ってりんは新之助に感謝した。

布団で寝ている弘次郎にりんは礼を言って父ちゃんの娘で良かったと泣いて弘次郎に寄り添った。

【はね駒 32話】感想

弘次郎はりんが高等小学校を卒業して家を出ていく約束を越後屋の勘兵衛と交わしていた。

だけど越後屋に行って弘次郎は勘兵衛に家を出ていくのを数日猶予を与えてほしいと頼んできた。

弘次郎に頼まれた勘兵衛だったが彼はりんのした約束は信用できないと弘次郎に言い放つ。

りんの悪口を言われて弘次郎は激怒してたな、どれだけ娘のりんが大事なのはこのシーンを見ればわかるよ♪( ´θ`)ノ

弘次郎が越後屋に来た本当の目的はりんの勘当を解く許しを得るためだった。

でも武士の意地があるため自分から頭を下げて頼めないので勘兵衛の口からりんの勘当を解くのを許すと言わせたいのだと勘兵衛は弘次郎の真意を見抜く。

本当に素直じゃないな弘次郎、たまには素直になったほうがいいと思うぞ( *`ω´)

でも最終的に弘次郎はりんの勘当を解くのを許してほしいと頭を下げて頼んだ。

どうしてもりんと一緒にいたいという親心が垣間見えて僕も泣きそうになったヽ(;▽;)ノ

ラストシーンでりんが弘次郎にお礼を言って寝ている弘次郎の肩に寄り添うところが印象的だった…。

まとめ

朝ドラ『はね駒』の第32話はいかがでしたでしょうか?

弘次郎は越後屋を訪ねて当主の勘兵衛にりんが家を出ていくのに少しだけ猶予をいただきたいとお願いした。

ところが勘兵衛と弘次郎は突然激しい口論になって勘兵衛は弘次郎がりんの勘当を解く許しを得るためにここに来たのだと新之助に話す。

その話を聞いていた弘次郎は改めてりんの勘当を解くのを許してほしいと恥を忍んで頼んだ。

りんは新之助からその話を聞き弘次郎の愛に気づいた彼女は弘次郎の肩に寄り添って感謝を伝えた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする