麒麟がくる 15話あらすじ&感想 斎藤道三、高政に家督を譲る!

大河ドラマ『麒麟がくる』の第15話では、斎藤道三は深芳野の息子の高政に家督を譲って守護代になった高政。

しかし、高政は尾張の信長との盟約を見直すと光秀に言い織田彦五郎と手を組んだが…。

【麒麟がくる 15話】あらすじ

道三(本木雅弘)は寺に行って仏門に入って深芳野の息子である高政(伊藤英明)に家督を継がせた。

美濃の守護代の座を手に入れた高政。

そんな折、道三の正室の子である孫四郎(長谷川純)が帰蝶(川口春奈)の命令を受けて光秀(長谷川博己)のもとを訪ねる。

信長(染谷将太)と対立するかもしれない高政はそのせいで国が間違った方向にいかないかみんなは心配していた。

高政に守護代の道を退いてもらえないか道を探りたい、明智家にその先陣を切ってほしいと孫四郎は光秀に頼んだ。

高政のもとを訪ねた光秀は帰蝶を訪ねて孫四郎と怪しいやりとりをやめるように言い渡される。

さらには信長との盟約を見直して信長と敵対している織田彦五郎(梅垣義明)との関係をほのめかしていた高政。

光秀はそんな高政を人知れず不安に思っていた。

【麒麟がくる 15話】考察

天文二十三年、利政は出家して仏門に入り斎藤道三になった。

道三は家督を高政に譲ったことを家臣のみんなに伝えて逆らうものは容赦しないと忠告した。

二月後、光秀は光安の屋敷に呼ばれてそこには道三の正室の次男・孫四郎と面会する。

高政が家督を継げば織田信長と敵対して国の立場が危うくなることを危惧していた。

このまま兄の高政に美濃を任せるわけにはいかないと孫四郎は言い高政に家督を退いてもらう道を探りたいと話す。

それを光秀に先導してもらいたいと孫四郎は光秀に頼むが光秀は道三が仏門に入ってまでした決断に背くようなことはしたくないと言って拒んだ。

それを聞いた孫四郎は怒って帰っていった。

稲葉山城にきた光秀は高政から帰蝶と孫四郎が妙なやりとりをしているのを耳にしたことを話し信長との盟約を見直すと告げた。

孫四郎には会うなと光秀は高政に忠告されて帰り際に織田彦五郎が稲葉山城に来ていた。

斎藤道三の館にきた光秀は高政に家督を譲ったことを美濃のみんなが不安に思っていることを伝える。

信長は彦五郎に負けるのは思えないと光秀に言い負けたら所詮それまでと話す。

高政とは仲良くやれと道三は光秀に言いつけた。

一方、尾張の守護代である斯波 義統が彦五郎によって暗殺されて斯波義銀は信長のいる那古野城に難を逃れた。

斯波 義銀は彦五郎をこの手で討ち取りたいと激怒し信長は彦五郎を討ち取るために先陣を切ると約束した。

信秀の弟の信光に会った帰蝶は信長に協力してほしいと頼んだ。

清須城にきた信光は彦五郎に味方するふりをして彦五郎を暗殺した。

それからの清須城の崩壊は早く信長に敵対するものはことごとく崩れ落ちた。

稲葉山城にいた高政は稲葉良通から道三が孫四郎に家督を譲ると気が変われば高政の立場もなくなると告げる。

高政は道三とともに鷹狩りに行こうとする孫四郎を睨んでいた。

一方、駿河では太原雪斎が信長によって彦五郎が討ち取られたことを知らされて驚いていた。

あのうつけが彦五郎に勝ったことがいまだに信じられなかった雪斎。

駒は藤吉郎から字を教えてほしいと懇願されていていずれ尾張に行って侍として戦うと宣言した。

その頃、高政が病に伏していると聞きつけて孫四郎が稲葉山城にきたがそれは高政の罠で孫四郎は高政の家臣によって暗殺された。

そのことを知った道三は「家督を譲った礼がこれか!」と叫び高政のいる館に向かって怒りの声をぶつけた。

道三は稲葉山城を脱出してこれが国を二分する戦の幕開けであった。

稲葉山城で高政は「道三は我が父にあらず!」と家臣の前で言い道三を討ち取るように命じたーー。 

【麒麟がくる 15話】感想

守護代になった高政は信長の正室である帰蝶と孫四郎が妙なやりとりをしていることが気に入らない。

道三は高政に家督を譲り高政は信長との盟約を見直すと光秀に話す。

その考えに光秀は不安になるが高政の意志は変わらなかった。

高政は道三のことを父とは認めていなくて正室の子である孫四郎を敵対視してるからいずれ何か仕掛けると思ったけどまさか兄弟を殺すなんてΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

彦五郎を暗殺した信光は帰蝶に指示されて暗殺したんだけどそのあと信光がどうなったのかが描かれてないけどどうなったんだろ?

あれだけ可愛がっていた孫四郎を殺されたら道三でなくても激怒するよ(ーー;)

道三と高政の国を分けた親子喧嘩の結末は一体どうなるのか気になります⁉️

まとめ

大河ドラマ『麒麟がくる』の第15話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

斎藤道三は仏門に入り高政に家督を継がせた。

しかし高政は信長との盟約を見直すと光秀に言って光秀は今後の美濃の行く末がどうなるのか不安になる。

孫四郎に家督を奪われると恐怖を感じた高政は孫四郎を暗殺して道三は高政を深く恨んだ。

次回では美濃の運命を分ける戦が始まる予感♬

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする