有村架純の撮休 5話あらすじ&感想 有村架純、瓶の蓋に苦戦!

WOWOWオリジナルドラマ『有村架純の撮休』第5話では、有村架純は突然撮休になり先輩女優からもらったジャムの瓶の蓋を開けようとした。

架純は自転車に乗り蓋を開けてくれる人を探していたところ2人の中学生に会って…。

【有村架純の撮休 5話】あらすじ

有村架純のマネージャーは現場で不発弾が見つかったと撮影スタッフから聞かされて彼は有村架純の楽屋に行き有村架純に撮休だと伝えた。

家にいた架純は先輩女優からもらった瓶詰めのジャムの蓋を開けようとしたが開けられずにいた。

架純はサンバイザーとサングラスをつけて自転車でコンビニに行った。

コンビニに入った架純は外国人の店員に蓋を開けてほしいと頼んだが店員はラベルを読むばかりで開けてくれなかった。

公園にきた架純は瓶を池に投げたが公園を掃除している人に瓶を取ってほしいと頼んだ。

どうしても開けられずにいた架純は神社にいた中学生の2人に開けてとお願いした。

【有村架純の撮休 5話】考察

急に撮休になり有村架純はパンに塗るために先輩の女優からもらった瓶詰めのジャムの蓋を開けようとする。

蓋を開けられずに悶えている有村架純も新鮮だな💓

いろいろと試してみるけど開けられなくて困っていた。

コンビニの店員さんに開けてもらおうとしたり池に投げたりしたけどダメだった。

架純は神社にいる中学生に蓋を開けてほしいと頼むが中学生たちは開けられなかった。

中学生の1人が公民館にバンクシーの絵があると言い出して架純たち3人は公民館に行く。

しかし、壁にはバンクシーの絵はなく中学生の2人は嘘をつくなと喧嘩をはじめた。

架純は中学生の喧嘩の仲裁をしたが振り回した道着が架純の腰に当たって架純はここで中学生の仲裁をしているのがバカらしくなった。

本当は友達と遊びに行きたかったけど誘っても忙しくて遊べなくて蓋を開けるという目標があれば撮休を過ごせると中学生に話す。

そう言って蓋を開けようとすると蓋が開いてしまって架純は中学生に瓶をあげた。

架純は友達に電話をかけて自転車に乗って公園を走った。

友達を誘ったが断られて架純は自転車で自分の家に帰っていった。

そのあと、先輩の女優には瓶の蓋が開かなかったと嘘をついたーー。

【有村架純の撮休 5話】感想

有村架純は自宅でジャムの蓋と格闘してどうしても開けられずにサンバイザーとサングラスをつけて自転車に乗ってコンビニに向かう。

サンバイザーとサングラスをかけて自転車に乗る有村架純も新鮮だった💓

コンビニの店員の外国人に蓋を開けよう頼むけど店の商品と勘違いされて動揺する有村架純が可愛い(●´ω`●)

コンビニを出た架純は公園に行って池に瓶を投げるシーンが唐突でびっくりした❗️

何で瓶を池に投げたんだろ、ムカついたからかな…。

蓋が開かない架純が困り果てていると2人組の中学生に会った。

中学生の1人の遠藤が架純にファンだと嘘をついて蓋を開けようとするが失敗する。

中学生の沢田は遠藤が公民館にバンクシーの絵があると嘘をつかれて怒っていた。

公民館にきた架純は休日に友達を誘って断れるのが怖かったと告白する。

ジャムの瓶の蓋を開けるという目標があれば1人で過ごせると考えてホントは蓋が開かないことを願っていた。

休日に1人で過ごすのはなかなかの孤独感がらあるからね(´・ω・`)

まとめ

WOWOWオリジナルドラマ『有村架純の撮休』第5話では、架純は休日にジャムの瓶の蓋を開けようとしたが全然開かなかった。

自転車を漕いで蓋を開けてくれる相手を探していたところ2人組の中学生に出会う。

中学生の遠藤は友達の沢田にバンクシーの絵があると嘘をついて2人は喧嘩になり架純は蓋が開かないことを願っていた。

その後、蓋が開いたがジャムをもらった先輩女優に蓋が開いたと嘘をついた。

有村架純の何気ない休日生活をあなたも楽しんでみては?

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする