春子の物語・ハケンの品格2007 特別編第2夜あらすじ&感想

『春子の物語・ハケンの品格2007特別編』第2夜では、春子が会社のピンチにマグロの解体ショーをやり東海林は感動して春子にキスをする。

一方、長年勤めた社員の小笠原の契約解除の話が持ち上がり里中たちはなんとか打開策を検討するが…。

【ハケンの品格 特別編・第2夜】あらすじ

マグロプロジェクトの合同ミーティングが始まり春子が企画書をまとめる。

マグロの解体ショーで引っ張りだこのツネさんが解体ショーに出演することになった。

魚市場でマグロを75キロ仕入れたツネさんだったが東海林が文句を言ってツネさんが帰ろうとしたときターレーに轢かれて腕を骨折してしまう。

東海林と里中はツネさんの代理を探していたが見つからずロビンソン百貨店店長の緑川は私のクビまで飛ぶと騒いでいた。

スペイン料理の「カンタンテ」にきた里中は春子に緑川のところに謝りに行ってほしいとと頼む。

しかし、春子は派遣社員だからという理由で断った。

そのとき、ツネさんが春子に電話してもう年だから引退するつもりだと告げられる。

ロビンソン百貨店で東海林はマグロの解体ショーができなくなったと会場にきたお客さんに謝っていた。

だが、春子が突然現れてマグロの解体ショーをはじめて解体ショーは大成功をおさめた。

東海林が魚市場に行くと春子とツネさんが話しているのを見かける。

春子が会社に出勤すると営業部部長の桐島が特別手当てを出すと伝えるが春子は断った。

ビジネスじゃなく派遣仲間のツネさんのためにしたことだと春子は桐島に告げる。

バスを待っている春子に東海林はあんたを誤解してたといって救ってくれたことを謝り春子に突然キスをしたーー!?

里中が2人のキスを見て驚いていた。

【ハケンの品格 特別編・第2夜】考察

マグロの解体ショーを主催することになりベテランのツネさんを呼ぶことになったがツネさんが骨折をしてしまう。

春子はツネさんのためにマグロの解体ショーを代わりに引き受けて東海林は春子に感謝を伝えて思わずキスをする。

東海林は春子に助けられて段々と彼女に惹かれていく自分がいたと気づく。

定食屋にきた東海林は春子に電話番号を聞いたが彼女は断った。

自分の番号だけでも伝えた東海林は春子からかかってくるのを待ったがいつまで経っても来なかった。

好きな女性からの電話がこないと不安になるよな…。

美雪が書類をぶちまけてしまって古い書類を共有ロッカーに入れた。

ロシアとの商談で春子はロシア語で商談を成立させて定時で帰った。

「カンタンテ」にきた東海林は春子に「一緒に働くってことは一緒に生きることと同じだろ?」と言って告白するが春子は断り翌日、風邪をひいてしまう。

それでも春子は出勤してロシアとの商談を締結するための書類を用意してほしいとの電話を受ける。

しかし、書類は共有ロッカーにある古い書類と紛れ込んでしまったのではと里中は桐島に話す。

共有ロッカーの鍵は美雪が持っていて春子はバイクで美雪のもとに急ぎ鍵を手に入れる。

書類の山から書類を見つけてロシアとの契約を成立させた。

春子は力尽きて会社で倒れて美雪と里中に家まで運ばれる。

東海林の電話番号が書かれたメモを見てくしゃくしゃにして会社に出勤した春子は東海林に呼び止められる。

東海林に春子は「ハエが偶然くちびるにぶつかっただけだ!」と言い放ち東海林は堪忍袋の緒が切れて激怒した。

ある日、里中は桐島に小笠原の契約が更新できなくなったと告げられる。

デパートでおにぎりの視察をしていたら小笠原がいなくなって春子は小笠原のことをお荷物だと言ったら東海林が小笠原はお荷物なんかじゃないと怒鳴る。

「カンタンテ」にやってきた東海林と里中だったが春子は小笠原が契約を切られるという危機感が足りなかったからクビになったのだと冷たく言い放つ。

後日、経理に出す手書きの書類を営業部の社員全員で探していた。

小笠原はマーケティング課に来なくなっても相変わらず春子は自分の仕事を続ける。

定食屋にきた春子は小笠原のネクタイを引っ張って会社まで連れて行く。

会社にきた小笠原は小麦の納品伝票を見つけて社員全員でそれをまとめた。

小笠原と里中は伝票を持ってエレベーターに乗ったがエレベーターは不具合を起こして止まってしまった。

春子はエレベーターの制御室に行ってロープを持ち小笠原と里中を助ける。

小笠原に伝票を届けるように言った春子だったが春子は置き去りにされてしまう。

春子を助けたのは東海林だったが春子は例の如く失礼な態度をとり東海林は怒っていた。

小笠原のおかげで何事もなく国税局が帰り桐島は飲みに行くかとマーケティング課のみんなを誘った。

春子が帰ろうとすると小笠原が話しかけて老兵は去るべしと春子に告げる。

でも春子はカッコよく去るのは派遣の専売特許だと言って社員は会社にしがみついてくださいと小笠原に行って去っていったーー。

【ハケンの品格 特別編・第2夜】感想

春子はツネさんの代理でマグロの解体ショーをやってその姿がカッコよくてなんでもできる春子に脱帽💓

東海林と春子の掛け合いが面白くてクセになるなー(^ν^)

東海林は春子にキスして告白をしたんだけど春子にハエ呼ばわりされてまたいつもの2人の関係性に戻って安心した!

S&Fに長くいる社員の小笠原は契約解除の危機に瀕するけど、春子の助けで会社に残れることになった。

春子は契約に含まれないことはしないという心情だけどこのときばかりは小笠原のために動いたんだと信じてます(●´ω`●)

まとめ

『春子の物語・ハケンの品格2007特別編』の第2夜のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

春子はツネさんに代わってマグロの解体ショーをやり東海林は春子にキスをする。

自分の思いを伝えようとした東海林だったが春子にハエ呼ばわりされて激怒する。

マーケティング課の小笠原が契約解除されると聞き春子は手柄を小笠原に譲り小笠原は会社に残れることになった。

いろんな資格を持つ春子の前に次々と困難が待ち受ける!

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎