エール 18話ネタバレあらすじ 音の人生が一変

朝の連続テレビ小説『エール』第4週の18話では、豊橋の音は声楽の先生の御手洗清太郎から人生を変えるビッグニュースを聞かされる。

そして、1ヶ月前に海外から裕一に手紙が届いていて祖父の源蔵が急死して叔父の茂兵衛は養子縁組を急ぐ。

【エール 18話】あらすじ

豊橋にいる音(二階堂ふみ)は、声楽の先生である御手洗清太郎(古川雄大)からのちに自分の人生を変えることになる新聞に掲載されたビッグニュースを教えてもらって感激する。

そして、遡ること1ヶ月前に裕一(窪田正孝)のもとに海外から手紙が届く。

そんな中、裕一の祖父である源蔵(森山周一郎)が急死して裕一が一人前になったら権藤家の養子になる約束をしていた。

だが、茂兵衛(風間杜夫)はもしものことを考えて養子縁組の申請を急ごうとする…。

キャスト&スタッフ

原作:林宏司

作:清水友佳子、嶋田うれ葉

演出:吉田照幸、松園武大

出演者:窪田正孝(古山裕一)、二階堂ふみ(古山音)、菊池桃子(古山まさ)、風間杜夫(権藤茂兵衛)、唐沢寿明(古山三郎)

ナレーター:津田健次郎(語り)

音楽:瀬川英史

オープニング:GReeeeN 「星影のエール」

時代設定:1909年(明治42年) –

制作統括:土屋勝裕

プロデューサー:小西千栄子、小林泰子、土居美希

撮影地:福島県福島市、愛知県豊橋市

製作:NHK

【エール 18話】ネタバレ考察

裕一は国際作曲コンクールで優勝して当時日本人が西洋のコンクールに優勝することは快挙だった。

イギリスへ行く旅費も全額免除になると書かれていて茂兵衛の養子のこともありコンクール優勝のことは黙っておくことにした。

その頃、茂兵衛の父の源蔵が亡くなって茂兵衛は裕一の養子縁組を急いだ。

茂兵衛から権藤家の人間になるから家に住むようにと言われた。

裕一は将来が不安になって恩師の藤堂先生に手紙を書いた。

藤堂が川俣銀行にきて裕一からコンクール優勝の話を聞き祝福した。

だが、裕一は家族のためには権藤家の養子になるしかないと藤堂に告げる。

このことは内密にと裕一は藤堂に言うが藤堂は喜びを抑えきれずに鉄男に話して新聞に載ってしまう。

裕一は焦り茂兵衛が新聞を見て怒鳴り込んできた。

そんななか、豊橋にいた音は国際作曲コンクールで優勝した裕一に興味を示す。

裕一が竹取物語の交響曲を書いたと知り音は小学校のときに竹取物語の演劇をやったことを思い出す。

裕一にファンレターを書こうと梅に代筆を頼むが断られる。

音は裕一に宛てたファンレターを書いて川俣にいた裕一はたくさんきたファンレターに驚く。

裕一は音の手紙を読んで心を動かされて手紙を書こうとしたときに三郎が裕一の部屋にやってくる。

三郎もコンクール優勝のニュースを聞いて自慢の息子だと裕一に告げた。

それを聞いて裕一は養子に出されることになったとき本当は家族を恨んでいたと打ち明けた。

裕一が20歳になり三郎と裕一は親子の盃を交わした。

一方、豊橋の音は裕一のポストを何度ものぞき込んで裕一の手紙を待ちわびていたが一向にくる気配はなく落ち込んでいたーー。

果たして裕一からの返事はくるのか、そして裕一は音楽への道に進むのか!

【エール 18話】感想

国際作曲コンクールから優勝の知らせが届き裕一は飛びあがるほど嬉しかったけど権藤家の養子問題がまだ残っていた。

このまま留学しても権藤家と仲が悪くなって融資が受けられなくなっても困るしなー(−_−;)

夢をとるか家族をとるかで悩む裕一に恩師の藤堂先生は才能をドブに捨てるようなことだけはしてはいけないとアドバイスする。

やっぱり恩師がいるのといないのとでは人生の選択もずいぶん変わってくるな💓

藤堂先生のような人がいれば裕一も心の支えになるだろう!

そして、豊橋の音は裕一が竹取物語の交響曲を書いたと聞いて運命を感じ裕一宛てにファンレターを書いた。

音が運命だと言ってはしゃぐシーンが印象的でここから2人の運命が交錯していくのかと思うとワクワクする♬

三郎と裕一は2人で飲みに行って裕一はそこで養子に出されたことを本当は恨んでいたと三郎に話す。

今だから言える話だったんだろうな、養子に出された直後はこんな話をする暇もなかったもんな(´・ω・`)

まとめ

朝ドラ『エール』の第18話はいかがでしたでしょうか?

裕一が国際作曲コンクールで優勝していよいよ音楽家への道を突き進むのかと思っていた矢先に祖父の源蔵が亡くなった。

茂兵衛は裕一の養子縁組を急ぎ、裕一がコンクールで優勝したことは新聞で大々的に報じられて茂兵衛の耳にも入る。

一方、豊橋の音は裕一の国際作曲コンクールの優勝を聞いて運命を感じてファンレターを書く。

音と裕一はいつ出会うのかそれはこれからの『エール』を見ればわかると思う💓

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする