グッドドクター 2話あらすじ&感想 低出生体重児の赤ちゃんを救え

『グッド・ドクター』第2話では、女子高生の菅原唯菜が学校で破水して緊急搬送される。

産まれた赤ちゃんは低出生体重児で腸が壊死していて手術は難しいと病院は判断するが…。

【グッド・ドクター 2話】あらすじ

高山誠司(藤木直人)は弟のお墓の前で手を合わせていた。

一方、16歳の女子高生の菅原唯菜(山田杏奈)が学校で破水して胎児を出産する。

しかし、胎児は低出生体重児で腸のほとんどが壊死状態になっていた。

壊死性腸炎が認められてしかも唯菜は一度も検診を受けたことがない未受診妊婦だった。

唯菜は赤ちゃんのことを心配そうに見ていてそれを見た湊(山崎賢人)は高山先生なら助けれると言ってしまった。

そのことに高山は激怒して無駄に希望を与えるなと湊に注意する。

科長の間宮(戸次重幸)は理事長の美智に呼び出される。

高山は手術をしないという決断をしたと唯菜に説明した。

湊がまた唯菜の赤ちゃんのところに行こうとしたら研修医の中島仁(浅香航大)に止められる。

そこに夏美(上野樹里)が駆けつけて病院の方針で赤ちゃんの手術はしないことになったと説明するが湊は納得していない様子だった。

キャスト&スタッフ

原作:韓国KBSドラマ 『グッド・ドクター』

脚本:徳永友一、大北はるか

演出:金井紘、相沢秀幸、野田悠介

出演者:山﨑賢人(新堂湊)、上野樹里(瀬戸夏美)、藤木直人(高山誠司)、戸次重幸(間宮啓介)、中村ゆり(東郷美智)、浜野謙太(橋口太郎)、板尾創路(猪口隆之介)、柄本明(司賀明)

ナレーター:根岸朗

エンディング:androp 「Hikari」

プロデューサー:藤野良太、金城綾香

制作:フジテレビ

【グッド・ドクター 2話】考察

今回の患者は低出生体重児で腸のほとんどが壊死して今すぐ手術しないと死んでしまう状態だった。

赤ちゃんを何とか助けてあげたいけど難しい手術になり下手したら死なせてしまうかもしれないと恐れて病院は手術をしないと決断した。

それでも湊は諦めずに赤ちゃんを救う方法を考えていた。

自閉症の湊が必死で赤ちゃんを助ける方法を考えている姿を見てジーンとした。

美智は間宮に湊のことを注意してこのことを院長に報告しようとしたが副院長の猪口から報告するのはやめときましょうと告げられる。

その頃、湊は赤ちゃんを助けたいと院長の司賀に言うが1人では患者を助けられないと言われる。

病院に唯菜の母親の菅原真紀がきて唯菜と喧嘩になる。

真紀は赤ちゃんのことを聞きつけて同意書にはサインしないと夏美にはっきり伝える。

唯菜の病室にきた夏美は唯菜から母親が昔父親の借金を返すために無理をして足を壊してそれきり人が変わってしまったと聞かされる。

そして、唯菜から年上の彼氏と付き合ったが子供ができたと知った途端消息不明になった話を聞く。

その話を聞いて夏美は赤ちゃんを助ける方法を探していた。

湊は突然小児科の子供たちのおもちゃを取り上げてNICUに持っていく。

その話を聞いた保護者たちは病院にクレームをした。

湊がまた問題を起こしたことを猪口は美智に伝えて美智は審問委員会を開いて湊の処遇と誰が責任をとるか話し合っていた。

唯菜と湊は赤ちゃんのことを心配そうに見ていて夏美が駆けつけて壊死したはずの腸が動いていた。

湊はすぐに高山を呼びにいき真紀は同意書にサインした。

高山はすぐにNICUに行きここで手術をすると夏美に伝えて湊を追い出した。

もし死なせたら誰が責任をとるんだと間宮が怒鳴りこんできて「責任なら私が取ります」と司賀が間宮に伝える。

NICUの中で緊急手術が行われて湊は赤ちゃんのレントゲン写真を見てあることに気づく。

赤ちゃんの身体から胆汁が漏れてこのまま閉服すれば腹膜炎を起こすと高山が話す。

胆汁を出し切って手術は成功した。

一時はどうなることかと思ったけど赤ちゃんが助かって何より💓

唯菜は赤ちゃんの顔を見て涙を流して夏美は真紀に駆け寄る。

真紀は同意書にサインする条件として里子に出すことを要求した。

唯菜と赤ちゃんを無理に引き離すのはよくないと夏美は真紀に言うが真紀は家が貧乏だからとてもじゃないけど育てられないと訴えた。

手術をすることで唯菜と赤ちゃんを引き離すことになってしまったことに責任を感じる夏美。

そんな夏美に湊がどんなに離れ離れになっても唯菜さんが赤ちゃんのお母さんですと語った。

唯菜が退院する日を迎えて夏美は里親養育制度という養子縁組の申請をせずに少しの間だけ赤ちゃんを預かってくれる制度のことを唯菜に話す。

2人はNICUに行って赤ちゃんと面会して湊が描いてくれた唯菜の絵を見て唯菜は笑っていた。

その頃、猪口は誰かに電話していてもし院長になったら例の件よろしくお願いしますと告げる。

猪口の電話の相手は誰なんだろ、やっぱり猪口は司賀院長を失脚させようとしたなo(`ω´ )o

猪口は高山がガイドラインを無視して手術をしたことを司賀に責めていた。

そのとき、高山が入ってきて責任なら自分がとると伝えた。

湊は夏美と焼き肉屋に来ていて焼きおにぎりを食べていたーー。

【グッド・ドクター 2話】感想

今回の患者は赤ちゃんで低出生体重児を妊娠した女子高生に赤ちゃんの手術をしてほしいと頼まれる。

赤ちゃんは腸が壊死していて今すぐ手術しないと助からない状況だった。

こんな状況の中で病院は手術をしないと決めて湊はそれに納得できず必死に赤ちゃんを助けようとしている。

自閉症でも赤ちゃんを助けたいという思いは誰より強かったな💖

誰しもが諦める中で湊は高山なら助けられると赤ちゃんの母親である唯菜に話す。

高山は何で湊にいつも厳しく当たるのか、たぶん死んだ弟が関係していると思うよ。

夏美も唯菜の赤ちゃんを助けたいという思いにかられて助ける方法を見つけようとするシーンが良かった(●´ω`●)

湊と夏美の2人は同じ思いで動いていてこれでなかなかいいコンビかも♬

まとめ

『グッド・ドクター』第2話では、女子高生の菅原唯菜が高校で破水して緊急搬送される。

妊娠したものの、赤ちゃんは低出生体重児で腸が壊死してしまっていた。

手術しても助かる可能性は低くて間宮は手術をしないことに決めた。

だが、湊は赤ちゃんを助けることを諦めておらず夏美も赤ちゃんを助けたいという思いは同じだった。

赤ちゃんの腸が動き高山はNICUの中で緊急手術をして手術は成功する。

唯菜は退院して猪口は司賀に責任を取らせてやめさせようとする。

猪口の黒い陰謀がうごめく中で湊たちはこれからも子どもたちを助けていく。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎