【ウォーキング・デッド シーズン1 】1話あらすじ&感想

『ウォーキング・デッド』シーズン1の第1話では、保安官のリックは犯人との銃撃戦の途中で背中を撃たれて意識を失う。

目が覚めたリックの目の前には衝撃の光景が広がっていた!?

【ウォーキング・デッド シーズン1 1話】あらすじ

ジョージア州の保安官代理のリック・グリムス(アンドリュー・リンカーン)がパトカーで街に到着すると横転した無数の車があるだけで人の気配はまったくなかった。

車の中には腐敗した死体もありリックは1人で茫然と歩いている金髪の少女と会う。

少女が振り返ると口が裂けていて肉がただれゾンビと化していた。

リックは思わず少女の頭を撃ち抜き少女は仰向けに倒れた…。

過去に遡り、シェーン・ウォルシュ(ジョン・バーンサル)は今まで付き合ってきた女の愚痴をリックは聞いていた。

リックの妻のローリ・グリムス(サラ・ウェイン・キャリーズ)の話になり妻の気持ちがわからないとシェーンに告げる。

その時、応援要請があり2人はパトカーで現場に向かう。

犯人の逃走先の分岐点でリックたち保安官は待ち伏せをする。

そして、犯人の車が猛スピードで走ってきてシェーンが仕掛けた撒菱を踏んで車は派手に横転した。

犯人たちは銃を撃ってリックは銃撃戦になり犯人2人は警官に撃たれて死亡して防弾チョッキで命は助かったリック。

と思われたが生き残っていた犯人に後ろから撃たれて背中を撃たれて重傷を負うリック。

リックは病院に運ばれてシェーンがお見舞いにきて花を持ってきた。

意識が朦朧とする中でリックがシェーンの持ってきた花を触ると花は枯れていた。

リックが病院から出ると廊下には誰もおらず内臓が飛び出した死体があるだけだった。

病院の奥の部屋にきたリックはドアに”開けるな、死人がいる”と書かれていた。

部屋から呻き声と手が出てきて怖くなってリックはその場から立ち去る。

ようやく外に出たリックは病院の前に白い布に包まれた無数の無残な死体が転がっているのを目にする。

自転車で家に帰ったリックはローリと息子のカール(チャンドラー・リッグス)を探すが2人はどこにもいなかった。

家の外に出たリックは後ろから黒人の子どもに突然スコップで殴られて気絶する。

目を覚ますとリックはベッドに拘束されていて黒人のモーガン・ジョーンズ(レニー・ジェームズ)はどこか噛まれたり引っ掻かれたりしてないかと尋ねる。

リックの身体にある傷は銃で撃たれた傷だと答えてモーガンは拘束を解いた。

モーガンは”ウォーカー”に噛まれたら最後だと忠告し噛まれた人は高熱で死んでその後蘇ってゾンビになると教えた。

リックたちは生き残ることができるのかーー!?

【ウォーキング・デッド シーズン1 1話】考察

リックが病院で目を覚ますと外には地獄のような世界が広がっていた。

こんな死体だらけの世界でもし僕だったら生きていけないな(−_−;)

家に帰っても妻と子どもがいなくなっていてどこに行ったのか皆目見当がつかない…。

ゾンビになったのか2人で逃げているのか、無事でいるといいけど( ̄▽ ̄;)

黒人の親子に会ったリックは自分が意識不明になるまでのことをいろいろ教えられる。

この親子に会ったのがリックにとって不幸中の幸いだったな💖

リックたちがリビングで話していたとき、車のクラクションが鳴ってモーガンの息子のデュエイン・ジョーンズは怯えていた。

気になって外を見たリックはデュエインの母親がゾンビになって夜道を歩き回っていた…。

翌朝、リックたちは武器を持って家の外にいたゾンビを殴り殺してリックの家に向かう。

家に到着したリックは家の中に家族の写真やアルバムがないことから家を出るまでは家族が無事だったと推理した。

もし無事だとするならアトランタに向かったとデュエインはリックに教える。

アトランタには避難所である軍の大規模なシェルターがあり疾病対策センターもあるからそこに行けば安全だとモーガンは説明する。

リックたちは保安官事務所に行き久しぶりに熱いシャワーを浴びて大喜びした。

モーガンは妻が亡くなったときのことを話して怖くて動けなかったと打ち明けた。

3人は銃を集めてパトカーに積みモーガンとデュエインは残ることに決めた。

そのとき、同僚の保安官がゾンビになってリックたちの前に現れてリックは拳銃で彼の頭を撃ち抜いた。

ジョーンズ親子は家に戻り家族の写真を見てモーガンは泣いていた。

モーガンは妻の写真を窓に貼り外の道路にライフルを向けてゾンビたちを次々と殺していった。

そして、パトカーから降りたリックは上半身だけになったゾンビを撃ち殺す。

パトカーの警察無線で誰かに通信したリックはこれからアトランタに向かうと伝える。

とある場所で生存者が数名いてリックの無線を受けてリックの親友で同僚のシェーンがアトランタに行くなと警告するが通信が切れてしまう。

シェーンと行動を共にしていたローリは1人で助けに行くと言うがシェーンは危険な目に遭わせられないと話す。

シェーンとローリはテントの中でキスをして、リックはこのことをいまだに知らない…。

一方、牧場で車を停めたリックは馬を見つけてアトランタへ向かう。

アトランタに到着したリックだったがそこにはゾンビと死体があるだけで閑散としていた。

ヘリの音が聞こえてリックが馬を走らせると目の前にはゾンビの大群がいた!

馬はゾンビたちに食べられリックは戦車に潜り込む。

そこにもゾンビがいて思わず頭を撃ち抜いたリックだったが銃声でリックはめまいを起こす。

ゾンビに取り囲まれて万事休すのリック!?

そのとき、戦車の無線機から何者かの声が聞こえてリックは唖然としたーー。

大ピンチのリックに救世主登場か、次回の展開も気になる!

【ウォーキング・デッド シーズン1 1話】感想

リックは犯人に背中を撃たれて病院で意識不明になる。

起きたときにゾンビが歩き回っていたらゾッとするな:(;゙゚’ω゚’):

病院の外に出たリックはモーガンとデュエイン親子に助けられて思わぬ形で命を救われる。

ジョーンズ親子は本当に優しくてリックもかなり救われたんじゃないか(^ν^)

第1話でいきなり少女のゾンビが出てきたけど衝撃的な冒頭だったな!

リックの妻のローリとシェーンはテントでキスしてたけど夫のリックが大変なときに何やってんだよ!

と思ったけどね(`・∀・´)

そして、ラストでゾンビの大群に襲われたリックだったが戦車の無線機で誰かの声がしていた。

リックに声をかけたのは誰なんだろう、リックをどこかから見てるのか?

いろいろと気になる『ウォーキング・デッド』第2話も見逃せない💓

まとめ

『ウォーキング・デッド』シーズン1の第1話では、リックは銃撃戦の最中犯人に撃たれて意識不明になる。

目が覚めたリックは死体が転がっている地獄のような光景を目の当たりにして茫然とする。

逃げた先でリックはジョーンズ親子と会い意識不明になる前のことを聞かされる。

ジョーンズ親子と別れた後リックは安全と教えられたアトランタに向かう。

アトランタではゾンビの大群が待ち構えていてリックは戦車の中に逃げ込み無線機から何者かの声が聞こえた。

第2話では無線機の声の主が明らかになる!

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする