火曜ドラマ『まだ結婚できない男』第3話あらすじ&ネタバレ

はじめに

第3話では、桑野は隣に住んでいる戸波早紀となぜかスキャンダルになっていてまどかも有希江も桑野に振り回されていき、桑野はそれを知りもぜずにやりたい放題です。

桑野は早紀と結ばれるのか、いや絶対にないと思いますが気になる方は先をお読みください。

キャスト&スタッフ

脚本:尾崎将也『結婚できない男』『アットホーム・ダッド』『シグナル 長期未解決事件捜査班』
音楽:仲西匡
主題歌:持田香織「まだスイミー」
演出:三宅喜重『結婚できない男』『パーフェクトワールド』『僕のヤバイ妻』・小松隆志『結婚できない男』『美しい隣人』『白い春』・植田尚『結婚できない男』『サキ』『まっすぐな男』『鬼嫁日記』
チーフプロデューサー:安藤和久・東城祐司
プロデューサー:米田孝・伊藤達哉・木曽貴美子

前回のあらすじ

桑野は建築事務所の共同経営者の村上とアシスタントに勝手に婚活アプリに登録される。

桑野は登録解除をしようとログインするが、ヨガインストラクターの女性からメールが来て桑野はメールの内容に気に入り桑野はその女性と頻繁にやり取りすることになる。

そのことが村上とまどかにバレてまどかは「会ってみたらいいじゃないですか」と言うが、桑野は合わないときっぱり言った。

ある日、桑野は有希江のカフェに行き、有希江が桑野のメールのやり取りをまどかから聞いていて有希江が「会ってみたらいいじゃないですか」と言ったら桑野はあっさりOK
した。

まどかは私の時はあんなに嫌がったのにと愚痴をこぼした。

そして桑野はハロウィンにホテルで女性と待ち合わせをして桑野が待っていると、突然謎の男たち二人に連れて行かれてしまう。

桑野は警察署の取調室に連行され、警察は初対面の女性と婚活アプリで待ち合わせをしてどこかに連れて行く事件が多発していてその事件の容疑者の顔が桑野にそっくりだったと言う。

桑野は黙秘を続け、そこにまどかが現れて彼女は桑野の身分を保証した。

桑野は解放されてメールの相手の女性に謝罪のメールを送るが、女性からメールが来て別の男性がプロポーズをしてその男性と婚約することにしましたとメールが来て桑野は女性に“どうかお幸せに”と一言メールをした。

桑野はハロウィンの仮装をして一人ハロウィンを楽しむのだった…。

第3話あらすじ&ネタバレ

桑野は相変わらず一人暮らしを満喫していて、隣の戸波早紀は犬に芝居のセリフを聞かせていた。

そのセリフを桑野も聞いていたが、その芝居はサスペンスものだったようで、「青酸カリ」と言う言葉に桑野は驚いた。

桑野は早紀とエレベーターで会い、二人は言い知れぬ緊張感に包まれていた。

桑野はまどかの事務所に行き、桑野は隣の女性が殺人計画を電話で話していたと言う話を吉山にして、まどかは警察に通報したらと言ったが桑野は帰ろうとする。

とその時、ちょうど警察から電話がありまどかは警察に話す。

有希江のカフェで桑野は警察に同じセリフを言ったり考え込んだりしていたからセリフを声に出して呼んでいたんだろうと話した。

警察は納得し帰っていった。

まどかは怒ったが、桑野をマンションまで車で送っていった。

道の途中で早紀が何やら困っているようだった。

桑野と吉山は車から降り、彼女に尋ねると犬のタツオがいなくなったと言っている

タツオは見つかり桑野は昔仲良くしていた犬のケンの似ていて桑野は少し嬉しそうだった

早紀は幼い頃にペットを飼っていたことがあるがどれも死んじゃったということを桑野に話し桑野はタツオのことが心配になった

村上の仕事にトラブルが生じ、桑野に助けを求めるが断れられた

桑野はある夜早紀と会い、早紀とマンションに向かっていると別れた彼氏が早紀に迫ってきた

彼氏がこんなおじさんが彼氏かよと言って早紀は思わず桑野と付き合っていると言い、桑野は彼女の嘘に乗って彼氏と彼氏に言った

彼氏は悔しそうにしていた

翌日、桑野が事務所に行くと写真集に早紀と写っている写真が載っていた

事務所のアシスタントも村上も笑っていた

桑野の周りの人間も週刊誌を見て笑っていた

桑野は吉山に相談に行くが、吉山はもう写真は載っちゃったしどうしようもないと言うだけだった

ある日、桑野がマンションに帰ると早紀が部屋の前にいて彼女は台本の読み合わせをして欲しいと桑野に頼む

桑野と早紀は有希江の店に行き、台本の読み合わせをしようとしたところ、村上と吉山がやってきた

二人は仕事のトラブルの相談をするためにカフェに来たのだ

桑野は違うところに行こうとするが、早紀がみんなにも聞いて欲しいと言って二人はそのまま読み合わせを始めた

早紀の芝居を見ていて桑野は遠回しにイマイチだと言っていた(この本を読んだ方がいいと言うことばかり…)

早紀は桑野の意見を聞いて泣いてしまった。

早紀は女優やめた方がいいのかなあと桑野に言うと、桑野は「仕事を辞めたいと思った時に踏みとどまった時が本当の第一歩だ」と早紀に熱弁する

桑野はそう言って帰っていった

村上はもう一度クライアントと話し合いたいと言って仕事に精を出す

早紀も女優を目指して頑張ろうと誓う

吉山は桑野の言ったことに感心していたが、桑野は本で読んだ知識を話しただけだとまどかに言った

まどかは「人の価値はお金や知識があるかどうかじゃありません、デリカシーがあるかどうかです!」と怒鳴りながら帰っていった。

桑野が部屋に戻るとタツオがベランダの隔て板の下をくぐって桑野をじっとみていた。

桑野は「死ぬなよ…」と笑いながら言った。

感想

僕は桑野が女優の戸波早紀のために台本の読み合わせをしますが、いつもの桑野節が炸裂して早紀を泣かせてしまいます。

桑野はまどかにだけは冷たく当たりますが、それが気を許した相手なのか本当に嫌いなのか計りかねます。

桑野は人生のパートナーを見つけて幸せになるのか、はたまたこのまま一人を貫くのか今後の展開にも期待しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕のドラマレビューを見て『まだ結婚できない男』を好きになってくれたら嬉しいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひご覧になって見てはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする