野ブタ。をプロデュース特別編1話ネタバレあらすじ 修二と彰復活!

『野ブタをプロデュース』第1話では、修二はクラスメイトから人気のある生徒だった。

でも、転校生の信子と関わることで修二の学校生活が徐々に変わり始める。

修二と彰の歌う主題歌も胸アツになること間違いなし!?

【野ブタをプロデュース 1話】あらすじ

桐谷修二(亀梨和也)は柳の木に触ってから学校に行くというのを自分に課していた。

私立隅田川高等学校に登校した修二は面倒見の良いキャラでクラスのみんなから慕われていた。

クラスメイトとはいい距離を保っていたが天敵の草野彰(山下智久)が現れる。

彰は修二のことを勝手に親友と呼んでいたが修二は迷惑そうにしていた。

自転車で帰った修二がいつものように柳の木の場所に行くと柳の木が引っこ抜かれていた。

そこに現れたのは小谷信子(堀北真希)で彼女は幽霊のように暗い顔をして柳の木がどこかに持っていかれたと教えた。

修二は慌てて逃げていき彰と信子によって修二の高校生活が徐々に狂わされる。

ある日、学校に転校生がやってきてそれが信子だと知り修二は仰天した。

坂東梢は信子が座る席に陣取っていて八つ当たりで信子の机を蹴っていた。

それから梢たち4人にいじめられた梢だった。

学校のマドンナの上原まり子(戸田恵梨香)にデートに行こうと誘われたが修二はごまかしていた。

そのとき、信子が2人のいる理科室に入ってきて焼却炉の場所を教えてもらった。

そこに現れたのは教頭先生で美術教師でもある佐田杳子(夏木マリ)が物置の屋根に立っていた。

生徒たちからはキャサリンと呼ばれていて信子は彼女のことを烏天狗かと思ったと修二に言った。

放課後に帰ろうとすると彰が無理やり修二の自転車に乗った。

彰の家は金持ちで青春を謳歌してこいと父親に言い渡されていた。

修二と彰との間に友情は芽生えるのかーー!?

キャスト&スタッフ

原作:白岩玄

脚本:木皿泉

演出:岩本仁志、北川敬一、佐久間紀佳

出演者:亀梨和也(桐谷修二)、山下智久(草野彰)、堀北真希(小谷信子)

エンディング:修二と彰「青春アミーゴ」

プロデューサー:河野英裕、小泉守、下山潤

制作:日本テレビ

※ここからネタバレを含みますのでまだご覧になっていない方はご覧になってからお読みください!

【野ブタをプロデュース 1話】ネタバレ考察

修二はなぜ柳の木に触って学校に行ってるのかな?

柳の木の跡地にいた信子が修二の学校生活に深く関わることになる!

彰は修二のことを勝手に親友って呼んでるけど本当に親友になるぜ(^ν^)

修二と彰は信子が女子トイレで梢たちにいじめられていて2人が信子を助ける。

梢たちは信子にゴーヨク堂で立ち読みをすれば許してやると言われていて修二と彰はゴーヨク堂での立ち読みに挑む!

ゴーヨク堂にきた修二と彰は棚にある本を買い取ってまるで信子が立ち読みをしているように見せた。

信子が立ち読みをしているという噂が学校中に広まり信子は一躍学校の人気者になった。

だが、そのことで梢の恨みを買って修二はトップを誇る人気を獲得しなきゃ信子はいじめられると彰に話す。

修二と彰がプロデューサーになって信子を一番の人気者にするという計画を立てた。

信子にこのことを話すが信子はみんなに嘘をつくのは嫌だと言って断った。

そして、信子は梢たちに追い回されてゴーヨク堂に逃げ込んだ。

店主のデルフィーヌは梢たちを力ずくで追い出して信子にコーヒーを振る舞った。

帰る途中で信子はキャサリンと会いミイラの手?を渡される。

これに願い事を言えば願いが叶うと言われて信子は梢がこの世から消えてしまえばいいと願った。

信子の恨みがつまった一言だったな( ̄▽ ̄;)

一方、修二は船で運ばれていく柳の木を見つけて信子とともに追いかける。

柳の木を見て信子は柳の木はまさか自分が船で運ばれるとは思いもしなかっただろうなと修二に言った。

「私もあんな大きな木みたいになれるかな?」と信子が修二に尋ねたら、修二は「なるしかねェだろ」と信子に答えた。

信子は梢の生きている世界で生きていくと決めてミイラの手をゴミ箱に捨てた。

成り行きとは怖いものだと修二は考えていて彰と信子の前では大きな声で話しているのが修二自身驚いていた。

しかし、修二はまだ気づいていなかった人の悪意というものがいかに恐ろしいものなのかをーー。

果たして、これから修二と彰の前に何が待ち受けているのか!?

【野ブタをプロデュース 1話】感想

『野ブタをプロデュース』は僕が中学の時に大ヒットしたドラマで亀梨和也と山下智久が歌った主題歌もダブルミリオンを記録した。

修二はクラスメイトたちとちょうどいい距離を保ち高校生活を送っていた。

しかし、彰と信子に関わるようになって修二の生活が一変する。
 
信子(堀北真希)の絶妙な暗さ加減が良かった(^ν^)

梢たちにいじめられても信子は完全に腐っているわけじゃなく最後は梢のいる世界で生きていこうと決めた信子は本当に強いと思う💓

一方の修二は野ブタ(信子)をプロデュースすることで人気を得ようとしていた。

そういうしたたかな気持ちがあったのかはわからない。

けど、彰とともにいじめられっ子を人気者にするという学園ドラマのシンデレラストーリーは胸アツになった(●´ω`●)

第2話も楽しみに待ってる!

まとめ

『野ブタをプロデュース』第1話では暗い転校生の信子が梢たちにいじめられていた。

修二はそんな状況を打開しようと信子を人気者にするためにプロデューサーになることを決意する。

信子も梢のいる世界で生きると決心して修二と彰のプロデュースを受けることにした。

『野ブタをプロデュース』がまさか特別編として帰ってくるとは感無量💖

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする