BG〜身辺警護人〜 6話あらすじ&感想 元総理の警護をする章

木村拓哉演じる島崎章たち身辺警護課の面々が依頼人を全力で守り抜く姿を描く『BG〜身辺警護人〜』。

第6話では、章たちは元総理の鮫島匡一に警護を依頼されて豪邸に赴く。

誰かに命を狙われていると訴える鮫島は孫娘の彩矢の警護も頼んだ。

そして、彩矢に近づく怪しい影があった。

【BG〜身辺警護人〜 6話】あらすじ

章(木村拓哉)は元妻の小田切仁美(山口智子)に電話して自分を守ってほしいと仁美に頼まれる。

その頃、鮫島家では無言電話があり元総理の鮫島匡一(橋爪功)はSPから警護を解かれてしまった。

鮫島は身辺警護課に警護を依頼してBGは章が担当することになった。

落合(江口洋介)たちSPは鮫島に最後の挨拶をするがそこに章と村田(上川隆也)がやってくる。

鮫島は幹事長の五十嵐の古希の祝いを催す料亭に章と村田を引き連れて訪れる。

そこに現れたのは五十嵐のかつての秘書である植野雄吾(萩原聖人)だった。

植野は収賄事件の罪をかぶったがその後の補償が何もなく泣きついてきた。

植野を取り押さえた落合は警察に連行させて章は丸腰の相手を痛めつけることはなかったんじゃないかと意見する。

鮫島喜和子とまゆ(菜々緒)は喜和子の娘の彩矢の帰りが遅いことを心配してまゆは迎えに行こうとしたら喜和子は無事に帰ってくると言って止めた。

その後、彩矢は行方不明になって章たち身辺警護課は彩矢を探しにいく。

公園のすべり台に座っていた彩矢に怪しい男が近づいてきた。

章は彩矢を保護して沢口(間宮祥太朗)は男を追いかける。

彩矢に近づいた男は一体何者なのかーー!

【BG〜身辺警護人〜 6話】考察

元総理の鮫島匡一は何者かに命を狙われていると頑なに言っていた。

鮫島は誰に命を狙われてるんだろ?

彩矢が1人で公園にいることを章は不思議に思って彩矢に尋ねたが彩矢はさっさと部屋に戻る。

バーで村田と落合は会って落合は鮫島の警護についた村田に不満そうだった。

翌朝、章は彩矢の社会科見学に同行するというが鮫島はダメだと言った。、

彩矢はどうしても行きたがって章と高梨が同行する条件で社会科見学に行くことになった。

放送局に彩矢と同行した章と高梨は彩矢のわがままを聞いて高梨は彩矢に付き合う。

彩矢は隙を見て章たちから逃げ出し、章は彩矢を必死に追いかける。

女子トイレに逃げ込んで章はどうすることもできなかったがそこに立原がやってきて彩矢を説得してトイレから連れ出す。

一方、高梨が彩矢をつけていた男を捕まえたが男は彩矢の父親の福永幸生だった。

鮫島は福永と会っていたことに激怒して福永のぬいぐるみを投げるが高梨が受け止めて章に渡して章は彩矢にあげた。

鮫島の家にきた落合はかつて鮫島を襲った暴漢はすでに死亡していて鮫島に恨みを抱いた団体も解散していた。

鮫島はショックを受けて倒れ込んで福永は家族と久しぶりの再会を果たして喜和子は泣いていた。

落合を呼び止めた章は鮫島が狙われていると思ったのは現役のときに戻りたかったんじゃないかと話す。

身辺警護課のみんなは高梨の復帰を祝って店で飲んでいてみんなで記念写真を撮った。

店の店員がまさかのサンドウィッチマン富澤で驚いた!

「ちょっと何言ってるかわかんない」のキメ台詞がおもろかったww

章は元妻の仁美に会い仁美は自分の警護を改めて章にお願いしていたーー。

【BG〜身辺警護人〜 6話】感想

今回は鮫島元総理の警護ということでいわゆる頑固親父の性格の鮫島の警護に章たちは苦労させられる。

鮫島(橋爪功)の演技がうまくて本当に元総理に見えてきた。

命を狙われていると感じた鮫島は身辺警護課に警護を依頼する。

だが結局孫娘の彩矢の父親が彩矢に会いたいがために近づいていただけだと明らかになる。

家族の再会という思わぬ展開だったが感動した。

ラストに富澤が出てきてお笑い好きの僕としては嬉しかった💗

まとめ

『BG〜身辺警護人〜』第6話では、章たち身辺警護課は元総理の鮫島匡一に警護を依頼される。

誰かに命を狙われていると話す鮫島だったが彩矢をつけていた男は彩矢の父親の福永幸生だと明らかになる。

昔鮫島の命を狙った暴漢はすでに亡くなっていて鮫島は意気消沈していた。

そして、章は元妻の小田切仁美と会い守ってほしいと依頼される。

章は仁美を守り抜くことができるのか?

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎