BG〜身辺警護人〜 5話あらすじ&感想 章再び河野純也の警備人に

『BG〜身辺警護人〜』第5話では、元プロサッカー選手の河野純也のボディガードをすることになった章。

だが、河野は犯罪行為を犯して海外に高飛びしようとしていた。

それを知った章がとった行動はーー?

【BG〜身辺警護人〜 5話】あらすじ

2012年、章(木村拓哉)はプロサッカー選手の河野純也(道島慎之介)のボディガードをしていたが空港の天井から鉄筋が落ちてきて河野は下敷きになった。

その夢を見て目を覚ました章は身辺警護課にきて河野純也の警護だと聞いて顔色が変わった。

高梨(斎藤工)は章がBGでいいんじゃないかと提案するが章は沢口(間宮祥太朗)にBGを譲った。

落合(江口洋介)が立原(石田ゆり子)の専任警護人になり民間の警備会社とは関わらないようにと釘を刺した。

沢口と高梨、村田(上川隆也)は河野と会い河野はチャリティオークションがイタリアのミラノで開催されるので空港までの警護をしてほしいと依頼した。

河野はボディガードに章を指名したが章は渋っていた。

言うか迷った章だったが、6年前まで河野のボディガードをしていたと告白する。

高梨はこのことに気づいていてまゆは隠してた奴も同罪だと高梨に怒鳴った。 

河野のボディガードをすると章は村田に告げ任務が終わった後でみんなにすべてを話すと誓った。

一方、河野はUSBを水に沈めてある男と何やら怪しい会話をしていた。

章と高梨は河野のいるホテルにきて河野は章に再会のハグをした。

河野のことを調べていたが河野は明後日イベントに参加することになっていた。

河野はチャリティを利用して後援者というかいわゆるパトロンに金を流していた。

不正の証拠をイタリアに持って逃げるために章たちを雇った。

そのことを知った高梨は章に任務を降りるように説得するが章は車を走らせる。

このまま章たちは河野を逃してしまうのかーー。

【BG〜身辺警護人〜 5話】考察

河野は足を怪我してプロサッカー選手を引退して危ない連中と付き合っている。

自暴自棄になって章を道連れにして犯罪の片棒を担がせるとは!

高梨は河野の依頼には賛同できないと章を止めようとするが章は河野と同行した。

空港に着いて河野が逃げようとすると章が立ちはだかり子どもたちに夢を与える人が逃げちゃいけないと叫ぶ。

村田たちも合流して河野を止めようとするが構わず空港に向かう河野。

空港にはなぜか組織犯罪対策課の刑事が待ち構えていて河野を探している様子だった。

章は身辺警護課のみんなに6年前にあったことを話し、空港で章は子どもたちを鉄筋から守るために河野のそばを離れたのだ。

鉄筋が足に当たり河野のプロサッカー選手生命は終わってしまった。

河野のそばを離れたことを章は今でも後悔していた。

一方、落合は立原が言った河野が組織と関わっているという情報を組対に伝える。

その頃、河野は章と2人で白石剛三のいるビルに向かった。

白石に章が空港行きを邪魔して自首しろと言ってきたと伝えて章は白石の部下たちに殴られる。

章は反撃をして部下たちを倒してわざと河野を殴り避難させる。

河野の部屋に刑事がガサ入れをしてチャリティの資金流用の証拠を見つけていた。

その証拠は白石が仕掛けたもので犯罪の罪を河野になすりつけようとしていた。

章がそのことを河野に伝えて河野はショックを受けて突然走りだした。

章は河野の後を追いかけて河野はサッカー場にたどり着く。

章の息子の瞬にサインボールを渡したことを河野は章に懐かしそうに話して、瞬に目を瞑ってボールを蹴ったほうがいいとアドバイスした。

そして、村田たちと組対の刑事が駆けつけて刑事は河野を連れて行こうとする。

そのとき、河野のファンの子どもたちが河野にサインを求めてきて河野は子どもたちの夢を壊さないようにサインをした。

刑事の車に乗り込もうとしたとき河野は章に引退したのは怪我をしたからじゃなく海外に行くのが怖かったからだと話す。

子どもたちを助けたことは正しいことだと河野は章に告げ車に乗り込んだ。

章は救われた思いで泣いていて沢口は冗談のつもりで”ブッキー”と呼んでいいですかと言ったら章は断った。

家に帰ろうとすると立原から電話があった章。

立原は落合に章たちとはもう会うなと言われていたがそう言われるほど話したくなると章に告げた。

一方、落合はバーで村田と会い今回は見逃すが次はないと忠告した。

家に帰った章は瞬に目をつぶってボールを蹴ればうまくなると河野のアドバイスを伝えた。

その頃、章のスマホには元妻の小田切仁美から依頼があったーー。

【BG〜身辺警護人〜 5話】感想

章はかつてボディガードをしていた河野純也のボディガードをすることになったが河野はチャリティの金を流用して犯罪行為をしていた。

サッカー界から引退して河野はやけになって危ない奴らとも手を組んでいてこんなスーパーヒーローは見たくない!

章はそんな河野を止めようとして河野を組織から守ろうとする。

河野と章はお互いに険悪な雰囲気だったけど最後にわかり合えてよかった。

ラストシーンで河野は章に足を怪我したから引退したわけじゃないと言葉をかけて章は泣いていた。

章はずっと河野を助けられなかったことを後悔していたけど河野のこの言葉で救われたんだな(*´∀`)♪

まとめ

『BG〜身辺警護人〜』第5話では、章は元プロサッカー選手の河野純也の警護を依頼された。

だが、河野は海外へ高飛びしようとしていてそのことを知った章は河野を止めようとする。

チャリティの後援者白石剛三のところに連れていった河野は章を殴らせたが章はそれでも河野を助けた。

河野は警察に逮捕される前に章に引退したのは怪我したからではなく海外に行くのが怖かったからだと胸の内を話す。

河野と章はなんだかんだ言っていいコンビじゃない♬

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎