あなたの番です「扉の向こう」204号室西村淳のあらすじ&感想

『あなたの番です』の番外編「扉の向こう」204号室では、西村淳のことについてある人がシンイー、柿沼、あいりに尋ねる。

西村はある人物に恨まれていてあいりの面接の時に誰かに石を窓にぶつかられていた…。

【あなたの番です〜扉の向こう〜204号室】あらすじ 

西村淳(和田聰宏)のことについて西村の店の従業員のシンイー(金澤美穂)、柿沼(中尾暢樹)、あいり(大友花恋)に誰かが聞いていた。

3人は西村が掴みどころのない男だと言いあいりは西村のことを気味悪いと話し始めた。

西村はあいりを面接していて西村の携帯がずっと鳴ってるのが気になったあいり。

そのうち家電にもかかってきて西村は電話線を引き抜いた。

そして、窓に何やら石が投げられていて誰かに相当恨まれているようだった。

西村はいくつもの店を経営してはその度に潰していてかなりの人間から恨まれているとあいりはシンイーと柿沼に話す。

それでもビビってないのが気味悪いとあいりが告げると今度は柿沼が西村のことについて話し始める。

【あなたの番です〜扉の向こう〜204号室】感想&考察

西村はミステリアスな部分が多いけど悪い人ではないような気がする。

シンイー、あいり、柿沼は学校の給食みたいな店で働いていていつのまにか意気投合してるな💓

西村は柿沼の面接のときになぜか震えていた。

理由は麻雀アプリで滅多に出ない九連宝燈が出たことで死ぬんじゃないかと柿沼に話す。

迷信を信じている西村のことを憎めないと柿沼は話して、シンイーは西村の部屋で起きたある事件のことを思い出す。

シンイー、あいり、柿沼の3人は西村の部屋にいてタピオカに代わる新しいブームを考えていた。

そのとき、西村の店で働いていた男が部屋に殴りこみにきた。

男はイタリアンのシェフで海外で何年も修業していたが西村に誘われてタピオカ入りセンブリ茶を売ることになった。

しかし、タピオカ入りセンブリ茶の店を潰して西村は男をクビにした。

その恨みで包丁を持って西村を脅した。

西村は退職金を払おうとしたがあまりにも安くて男は絶望して一家心中をすると言い出した。

その話を聞いて西村は突然感情的になり一家心中だけはするなと涙を流しながら訴えた。

西村は友達が自殺でもしたかのような感情の入りようだったな(T_T)

西村に説得された男はキッチンでイタ飯を作り始めた。

ここまでシンイー、あいり、柿沼は話して西村の話を聞いていたのは南雅和だった!

南は3人に冗談を言ってエレベーターに乗りそのまま西村の部屋に向かっていったーー。

まとめ

西村はつかみ所のない男で謎が多くシンイー、柿沼、あいりに南が西村をはどんな人間か聞いた。

仕事の面接に来たあいりたちは西村の部屋に石を投げたり麻雀で珍しい役が揃って怯えていたりとどんな人間なのか掴めない。

そして、3人は西村の部屋で起きた襲撃事件のことを話し始めた。

西村の部屋にイタリアンレストランで修業した男が包丁を持って現れた。

西村が少ない退職金を渡してたのを見て自分の人生に絶望した男は一家心中すると西村たちに告げる。

すると西村は突然感情的になり男に一家心中するなと説得する。

何だかんだでいい奴だとシンイー、柿沼、あいりは南に言って南は3人に冗談を言いながら西村の部屋に向かった。

南は西村のことを怪しんでるな、西村の正体は僕も知りたい!

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする