麒麟がくる 11話あらすじ&感想 将軍の涙に光秀は?

『麒麟がくる』第11話では、竹千代と織田信広の人質交換を終えて今川義元は尾張に侵攻をはじめた。

光秀は信長とともにある作戦を立てるが…。

⬇︎前回のあらすじはこちら

『麒麟がくる』第10話では、今川軍が信長の兄・信広のいる安祥城に攻め込んで信広を人質にとる。 今川は竹千代を信広と交換するとい...

【麒麟がくる 11話】あらすじ

天文18年(1549年)11月、三河の竹千代と尾張織田信広と人質交換をすることになった。

竹千代は駿河の今川義元の手に渡り信広はかすり傷一つなく信秀のもとに戻った。

怪我のせいで弓一つ射ることのできない信秀は信広を情けなく思っていて信長は何を考えてるのかわからず不満に思っていた。

一方、竹千代は今川義元の館にきて太原 雪斎と今川義元と対面する。

今川義元は竹千代に尾張織田家から取り戻すと約束して天文19年の夏に尾張に侵攻を始める。

尾張に援軍を送るように利政は高政たちに命じるが農民は誰も尾張ために戦わないと言っていて援軍は送れない。

利政は尾張に援軍を送らないと尾張にいる光秀に伝えてほしいと光安に頼む。

那古野城にきた光秀は織田家の家臣の平手政秀に会う。

尾張に援軍は送れないと利政の伝言を伝えて平手は激怒した。

帰蝶は人質である自分の身を案じていて部屋に信長が入ってきた。

キャスト&スタッフ

脚本:池端俊策、前川洋一、岩本真耶

演出:大原拓

出演者:長谷川博己(明智光秀)、本木雅弘(斎藤利政)、伊藤英明(斎藤高政)、川口春奈(帰蝶)、西村まさ彦(明智光安)、高橋克典(織田信秀)、堺正章(望月東庵)、門脇麦(駒)

ナレーター:市川海老蔵

時代設定:戦国時代(1540年代) – 安土桃山時代

プロデューサー:落合将(制作統括)、藤並英樹

制作:日本放送協会

【麒麟がくる 11話】感想&考察

今川義元はどうあっても尾張の織田家を潰したいんだな(´・∀・`)

人質の帰蝶はこのまま今川家に侵攻されれば命が危ない。

今川との戦を止めるには仲裁役が必要だと信長は言い将軍家に戦を止めてくれるよう頼むことになった。

将軍家と話をつけるには光秀が適任だと信長と帰蝶は告げた。

美濃に戻った光秀は利政に将軍家のもとに行かせてほしいと頼むが金は一銭も出さんと言い切った。

利政って本当にケチだな、光秀も怒ってる💢

光秀は高政に頼み込んで土岐頼芸と対面して京に行かせてほしいと懇願する。

だが、利政の尻拭いはごめんだと断る。

利政は頼芸を美濃から追い出そうとしていると高政と光秀に話す。

頼芸は利政を殺せるかと高政に聞き高政はうなづく。

利政を殺すことを条件に将軍家に文を書いた頼芸。

一方、京では細川晴元の家臣の三好長慶が内紛を起こして将軍家の足利義輝は近江に逃げざるをえなくなった。

近江では長慶の軍が取り締まりを強化していて光秀はある小屋で将軍奉公衆の細川藤孝と再会する。

藤孝は権力を欲する武士が多すぎると嘆いていて光秀を義輝のところへ連れていく。

義輝の御前にきた光秀は義輝が戦を終わらせるには将軍家が一言戦をやめよと命じることが大事だと光秀が言ったことを励みにしていた。

義輝は麒麟がくるとき世は平和になるという話を光秀に話し自分は麒麟を連れてくることができなかったとつぶやく。

織田家と今川家の戦の和議を結ぶことを光秀に約束した義輝。

「十兵衛、麒麟がくる世は遠いな」と義輝は光秀に告げ、光秀は涙を拭き近江を後にしたーー。

まとめ

竹千代と信広は人質交換されて今川義元はこれを機に尾張に攻め込んでくる。

利政は尾張に援軍を送らないと決めて光秀に伝言をさせて援軍を期待した平手政秀は激怒した。

将軍家に織田家と今川家の和議をしてほしいと頼みにいくことになった。

だが頼芸は高政に利政を殺すことを条件にして将軍家に文を書く。

京で将軍家の内紛があり義輝は近江に逃れる。

義輝は光秀がかつて言った戦を止めるには将軍家が戦をやめるように命じることが大事だという言葉を指針にしていた。

織田家と今川家の和議をとりなすことを光秀に約束して光秀は美濃へと帰っていく。

義輝からこんなことを言われたら武士にとってどんなに喜ばしいことか!?

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする