あなたの番です 「扉の向こう」101号室久住譲のあらすじ&感想

『あなたの番です』の番外編「扉の向こう」101号室では、久住の部屋に見知らぬ女性が殴り込んできて不倫の罪を認めるように迫るが…。

久住と袴田吉彦本当に似ているな、本人だから当たり前かww

⬇︎『あなたの番です』第7話のあらすじはこちら

【あなたの番です】前回のあらすじ 前回では、久住(袴田吉彦)は袴田吉彦が殺されて責任を感じていて引いた紙には”細川朝男(野間口...

201号室の久住譲編「扉の向こう」あらすじ

久住譲の部屋にまったく知らない女性が突然殴り込んできて不倫の罪を認めるように迫ってきた。

しかし、それは袴田吉彦がしたことで久住は袴田吉彦に似ているというだけで人生を狂わされていた。

自分の身分証を見せても女性に信じてもらえずに久住は女性に何があったのか事情を聞いた。

女性によると袴田吉彦は西麻布のパーティーで言い寄ってきてホテルにまで連れ込まれたと話す。

女性の話を聞いているとこの人も袴田吉彦に人生を狂わされたという点では同じだと考えていた。

2年前、久住は付き合っていた彼女と一緒に暮らすために思い切ってマンションを買ってプロポーズの準備をしていた。

しかし、彼女は袴田吉彦の不倫の記事を久住にメールで送って袴田吉彦と顔が同じだからという理由で結婚はできないと言われた。

久住はそのことを思い出してますます袴田吉彦のことが許せなくなり怒っていて、女性が詐欺師だとわかって部屋から追い出した。

夜になって久住は藤井を部屋に呼んで袴田吉彦に似ているせいで毎回ひどい目にあうと愚痴っていた。

201号室の久住譲編「扉の向こう」感想&考察

袴田吉彦に似ているってだけでこういうヒステリーな女性が乗り込んでくるなんて、本当に困ったもんだ。

身分証を見せても信じないなんてよほど袴田吉彦のことに組んでるんだな( *`ω´)

袴田吉彦が不倫して久住にもそのことが飛び火して婚約者と別れることになるなんて、なんて悲劇だ❗️

藤井と久住は久住の家で袴田吉彦に似ているからというだけで人生を狂わされたと嘆いていた。

ポイントカードを見せただけで笑われたり袴田の行ったホテルには近づかないようにしたりと苦労が絶えなかった。

ある夜事件が起こって、袴田吉彦へのいたずら電話が後を絶たずに久住は電話線を切った。

そして、袴田のグッズが大量に送られてきて久住の我慢も限界に達した。

心当たりは家に乗り込んできた女性で、その女性は腹いせで久住の家の住所を袴田吉彦の住所としてネットに上げたのだ。

久住は袴田吉彦のせいで人生を狂わされていくのに絶えられずにこのトラブルを受け入れることを決意した。

久住が袴田吉彦に似ているってことは袴田吉彦のすべてを受け入れるってことだからな(`・ω・´)

久住がサングラスとマスクをして外に出ようとするとエレベーターから声がして久住はエレベーターを弄って声を小さくした。

それからの久住はエレベーターを弄っている間だけ自分が”久住譲”でいる実感が持てると感じていた。

ある日、シンイーはエレベーターで自分の部屋に戻ろうとしたら動かなかったと石崎洋子に話していた。

その時、久住が通りかかってシンイーがエレベーターが動かなかった理由を知っているかと尋ねられた。

久住はシラを切ってサングラスとマスクをして仕事に出かけていったーー。

エレベーター製造会社に勤めているからエレベーターを弄っている時だけ自分が自分でいられるんだな♬

まとめ

久住は見知らぬ女性に袴田吉彦に不倫の罪を認めてほしいと責められて袴田吉彦に間違われる人生にいい加減嫌気がさした。

藤井に袴田吉彦に間違われる人生の愚痴を言う久住だった。

そして、自分の部屋の住所が袴田吉彦の家としてネットで公表されてストレスが限界に達した。

気晴らしとしてエレベーターの声を小さくしたことをきっかけにエレベーターに愛着を持つようになった。

久住の人生は袴田吉彦に狂わされたけどエレベーター好きの人生も悪くないとおおも始めたな♪( ´▽`)

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする