シャーロック アントールドストーリーズ 第1話あらすじ&ネタバレ

はじめに

『シャーロック』は、2019年10月7日からフジテレビジョンの制作により、フジテレビ系「月9」枠で放送されているテレビドラマです。

主演は本枠で初出演となるでディーン・フジオカさんです。

キャスト&スタッフ

原作:アーサー・コナン・ドイル『シャーロック・ホームズシリーズ』
脚本:井上由美子
音楽:菅野祐悟
主題歌:DEAN FUJIOKA「Shelly」(A-Sketch)
オープニングテーマ:DEAN FUJIOKA「Seaching For The Ghost」(A-Sketch)
プロデュース:太田大
演出:西谷弘、野田悠介、永山耕三
出演者:ディーン・フジオカ、岩田剛典、山田真歩、ゆうたろう、佐々木蔵之介

あらすじ

ある病院で赤羽という男が屋上から落ちた。

警察は早い段階から殺人と断定して病院で聞き込みを開始する。

看護師の話を聞いている警察、そこにある男が看護師にあれこれ質問をする。

「赤羽の声を聞いたと言ったがなぜそれが赤羽の声だとわかった」

など様々なことを聞き看護師は鬱陶しそうにしていました。

聞いた看護師は白衣を着ていたが医者ではなく、警察に捜査協力をしている犯罪コンサルタントだった。

その男の名は誉獅子雄(ディーン・フジオカ)で、刑事の江藤礼二(佐々木蔵之介)とコンビを組み事件を解決してきた。

誉獅子雄は、精神科医の若宮潤一(岩田剛典)に話を聞き、赤羽は2週間前に彼の診察を受けていたが、彼の相談は受けていないと若宮は言った。(若宮と赤羽は大学の同期だった)

誉は本棚の中から酪農の本を見つけ誉は「東京で薬剤師を目指すくらいなら北海道で酪農をやったほうがマシか」とつぶやき若宮は怒って彼を追い出した。

誉は雨漏りがする事務所で仕事をしていて書類もびしょびしょになっていた。

そこに江藤が現れ、捜査資料を読み上げていた。

すると誉はある項目が気になっていた。

それは胃の内容物がバターとパセリだけだったということで、赤羽は腹部大動脈出血による出血死だと断定した。

誉は赤羽が在籍していた医科大学の教授に話を聞きます。

教授は赤羽は成績はあまり良くなかったと言っていて、若宮は父が早くに亡くなり学費を稼ぐためにバイト漬けの日々を送っていました。

二人は未来学研究会に所属していました。

誉は大学のパソコンで何やら調べていて、未来学研究会に所属していたメンバーで一人だけ医者になっていない人物がいました。

その男は郡司貴生で、その男は今はジャーナリストとして活躍しています。

今は未来学研究会は無くなっていて、クレオパトラ号というクルーズで部員が何やら活動をしていました。

一方、警察の江藤と相棒の女刑事は赤羽の家に張り込んでいました。

誉は病院に行き、前に話を聞いた看護師に2週間前に赤羽のところに来た男は郡司かと聞いた。

郡司は確かに2週間前に赤羽を訪ねてきたと言い、シャーロックは彼女の写真を撮りその場をさりました。

そして、赤羽の家では若宮と赤羽の妻の赤羽汀子が何やらもめていました。

汀子が言うには若宮が彼女のことが好きだと迫ってきたと言う。

誉はアルバムにある写真を見ていて、そこには若宮の顔が引き裂かれた写真があった。

誉は助手に看護師を尾行するように頼んでいた。(先ほど撮った看護師の写真を撮ったのはこの助手にメールで送るため)

若宮と看護師は部屋で言い争っていたのは赤羽と若宮で、彼女はそれを誉と警察には隠していた。

若宮は何もしていないと言ったが、警察は信じていないようだった。

若宮は焦ったように帰って行き、誉は何やら赤羽に処方された薄理を調べていた。

誉と警察の工藤は赤羽汀子に話を聞き、気になることがあるとアルバムを取り出し若宮と赤羽、赤羽汀子の3人が写った写真があり、若宮の顔のところが破かれていた。

若宮はとある店で看護師に会い誉に質問された日に赤羽が口論していた相手は若宮だということを誉や警察には言わずにいた。

何も言わずにいたのは若宮のことが好きだと言ったが若宮は断った。(若宮は彼女に脅されたと思ったらしい)

若宮は店の前で誉に会い、誉は若宮の家に行った。

誉は若宮の家でパセリとバターを皿に乗せて何やら実験をしていた。

他に若宮に郡司貴生のことを聞き、若宮は郡司と最近はあっていないと答えた。

2週間前に郡司と赤羽が会った後に、若宮が赤羽に薬を処方したのは赤羽が軍事に何か精神的ショックを与えられたからなのではないかと誉は考える。

警察は若宮を疑っていて、誉は女刑事に赤羽汀子に話を聞くよう頼む。

警察は若宮を任意同行する一方で、誉はクレオパトラ号を見に行き、帰港届けを調べて2週間前に郡司がクレオパトラ号に乗っていたことが判明した。

誉は工藤に電話し、汀子に「捜査は進展している」と話して欲しいと頼み、工藤は汀子に電話し彼女は微笑んでいた。

汀子は娘と何やら男たちと会っていた。

男たちは生命保険の保険のセールスマンであることが誉の助手の調べから明らかになった。

あの親子がファミレスに来たのは事件の前の日で、赤羽はドリンクバーだけを頼んでいたことを知り、誉は笑っていた。

誉は工藤に「若宮を解放してやれ」と言い、工藤は言う通りに若宮を解放した。

誉は「警察にいた方が安全だったか?」と若宮にいい、若宮に協力を要請。

若宮は汀子に電話し、クレオパトラ号で会わないかと申し出ます。

汀子と若宮は明日クレオパトラ号で会うことになった。

翌日、汀子と若宮は港で会い、クレオパトラ号に乗り込んだ。

誉と助手は後をつける。

クレオパトラ号は沖で止まり、若宮は船内に入る。

汀子は若宮に水を注ぎ、若宮はこの船でやっていたことを話す。

研究会を評して、医師国家試験の問題を出題者から答えを聞いていた。

そして試験でカンニングをして若宮と赤羽は医師になり、二人は十字架を背負うことになった。

赤羽は罪悪感に苛まれ若宮に相談していて、若宮に薬を渡されて若宮は赤羽が何か悩んでいることを薄々感じていたが何もできなかった。

汀子が試験をカンニングしたことを誰かに話したかと若宮にきき、若宮は突然意識が遠のく。

若宮は汀子に薬を盛られたのだ。

汀子は自分と赤羽がジャーナリストの郡司を殺し、郡司の死体を海に捨てたことを告白。

赤羽が罪を償うといったとき、汀子は「医者じゃなくただの犯罪者になったあなたにもう興味はないわ!」を言い放ち、赤羽は病院で殺されたように見せかけ、屋上から飛び降りた。

自殺と他殺では他殺の方が保険金が倍以上の金額になることを知っていた赤羽と汀子は赤羽は家族のために自ら死を選ぶことを決意した。

若宮はそして眠ってしまい、汀子に海に突き落とされそうになったまさにそのとき、誉が船に追いつき、誉は事件の真実を話した。

汀子が熱湯を誉に浴びせようとしたそのとき誉が避けて若宮に熱湯がかかり慌てて飛び起きた。

実は若宮は水を飲んだふりして灰皿に捨てていたのだ。

若宮は赤羽がずっと悩んでいたことを汀子に話すが汀子は赤羽にかけた保険金が全てだった。

誉はこのまま汀子を警察に突き出せば若宮が不正をして医師国家試験に受かったことも明るみになると若宮に言う。

若宮は結局、汀子を警察に突き出すことに決めた。

誉は最後になぜ汀子が犯人だとわかったのかを工藤に説明する。

アルバムにあった破かれた写真は、右利きでは破った時に白いところが広く出るが、左利きで破ったときは白いところが狭くなり、赤羽は右利きだったが、汀子は左利き出会ったので汀子が写真を破ったことがわかり汀子が嘘をついていることもわかった。

それで彼女が犯人だとわかったと・・・。

そして、誉は若宮の部屋に転がり込み、一緒に住まないかと若宮に言うが、若宮は嫌がり書類を外に放り投げる。

誉も負けじと若宮のものを捨てる。

こうして若宮と誉は一緒に住むことになった。

感想

僕はこのドラマを見て、「シャーロック」は僕の大好きなミステリー小説に一つなのでこの作品が日本でドラマ化されると聞き、素直に喜びました。

このドラマはミステリードラマとしてはなかなかの出来だと思いました。

中でも、ディーン・フジオカさんがとにかくカッコいい!

シャーロックこと誉獅子雄をのびのびと演じていました。

次回も期待してます‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする