絶対零度 スペシャルあらすじ&考察 ミハンの真実を暴く犯人は?

2020年の3月16日に最終回を迎えた『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』のシーズン4。

最終回は黒幕の篠田浩輝(高杉真宙)の切ない結末にあなたも涙したことと思います。

その続編となる「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~AFTER STORY あれから一年、新たなる旅立ち」

ミハンの真実を暴こうとする犯人が現れて井沢たちは犯人を突き止めようとするが…。

⬇︎前回のあらすじはこちら

【絶対零度】前回のあらすじ 前回では、井沢は香坂が殺された現場にいてSATに拘束されようとしたその時、SATを倒して山内は井沢...

【絶対零度 スペシャル】あらすじ

井沢たちがミハンを守った1年後、吉岡は警視庁広報部に異動になっていて資料課の南と会う。

南は自分がいなくなったあとのミハンがどうだったのか吉岡に尋ねていた。

山内は会計課に異動になった小田切と再会してミハンに誘ったが彼女の決意は変わらなかった。

小田切がミハンを離れて1年、ミハンの山内は新しい人員と犯罪を未然に防いでいた。

ミハンが新たな危険人物にはじき出したのは元自衛官の桐島直久。

井沢は桐島に狙われていて井沢にインタビューをしたいと言い出す。

従わなければ民間人を殺すと警告して犯人は井沢のことを話しだしたーー。

キャスト&スタッフ

脚本:浜田秀哉

音楽:横山克

主題歌:家入レオ『未完成』

企画:稲葉直人

プロデュース:永井麗子、関本純一

演出:石川淳一、品田俊介、木村真人、小林義則

制作:フジテレビ

出演者:沢村一樹(井坂範人)、横山裕(山内徹)、本田翼(小田切唯)、森永悠希(吉岡拓海)、高杉真宙(篠田浩輝)、上杉柊平(北見俊哉)、マギー(早川誠二)、粗品(門田駿)、水野真紀(香坂朱里)、柄本明(加賀美聡介)

【絶対零度 スペシャル】感想&考察

まずはミハンにとってはじめてのケースの2人の危険人物のことについて犯人は井沢に尋ねた。

弁護士の田代と刑務所から出所した風俗店店員の藤倉山岳事故に見せかけて殺した澤本歩美への復讐をしようとしていた。

井沢は岸本を殺そうとしたが山内が身を挺して止めた。

犯人はこの事件を告発しようとしていて加賀美と山内はそれを食い止めようとする。

桐島の目的は何なんだ、ミハンのことにやけに詳しいけど。

ミハンがかつて捕まえた危険人物の中に犯人がいると山内は考えた。

次は時田明日香誘拐事件で、井沢は彼女の臓器を取り出して移植しようとしていた明日香の父親の河田英司を逮捕する。

ミハンの捜査は管理社会の始まりだと犯人は井沢に告げた。

防犯カメラにはパソコンを置いた犯人と思われる若い女性が映っていた。

井沢が犯人の1人の女性を見ようとすると突然桐島が狙撃した!

記憶喪失の危険人物について犯人は話をして、八尋舞はトレーナーの堀脇涼を殺した記憶を思い出して自殺しようとした。

そのことに気づいた小田切が彼女を止めて八尋は命を取り留める。

真田雄大の冤罪事件について犯人は語り、犯人の目的は南雲元総理の暗殺だと気づき井沢たちは見事暗殺を防ぐ。

加賀美はかつてミハンは”パンドラの筐”に例えて最後に残ったのは希望だと井沢と東堂に話していた。

最後に残ったのが希望ならあらゆる災いが起きたあとに希望を手に入れることができるということか(´・∀・`)

一方、山内は桐島のいる屋上に到着してなぜミハンを暴こうとするのか尋ねる。

浅井航のバラバラ殺人事件のことを犯人は話して彼が危険人物として感知しなかったのは被害者の松永由貴を殺していないからだと告げる。

浅井は自分のような人を救うべく弁護士を目指していると犯人は語る。

犯人は危険人物に命を狙われて井沢たちに助けられた月村真美だと加賀美は突き止める。

月村はホワイトハッカーで危険人物たちに殺されかけたが井沢に命を救われていた。

月村は井沢の前に現れて香坂朱里について聞かせてくださいと話す。

井沢の家族を殺害した容疑者の宇佐美に会った香坂は井沢になぜ会ったのか尋ねられる。

加害者家族と被害者家族が親しくしていた事件で香坂は加害者家族で同じ加害者家族の佐藤奈々の苦しみが痛いほどわかった。

月村は香坂が関わった最後の事件のミハン検出犯失踪事件のことを話す。

危険人物の仁科たちを殺した犯人を法務省の官僚の北見が庇おうとしていると井沢は気づいた。

東京サミットの会場の近くで香坂が殺された事件のことについて井沢は月村に語る。

爆弾テロを起こそうとしている犯人は香坂の弟で井沢は香坂を止めようとする。

しかし、香坂は犯人に撃たれて命を落としてしまう…。

桐島がいつ狙撃されてもおかしくない状況で井沢は山内に桐島を確保するように命じた。

山内は桐島に近づき彼を確保して銃弾がゴムで加工されていたことに気づいていた井沢。

月村たちが最初から誰も傷つけるつもりはなくミハンの真実を知りたいがためだった。

月村は爆弾テロを起こそうとして亡くなった篠田のことを話してほしいと井沢に頼む。

月村と篠田はどういう関係なんだ、篠田にもう1人兄妹がいたのか?

篠田はミハンのプロトタイプを使って人殺しを始めたと井沢は月村に伝える。

篠田の目的はミハンの法制化に反対する南雲元総理の暗殺。

南雲が入院している病院には爆弾が仕掛けられていて井沢たちは爆弾を解除しようとする。

篠田のいる映画館にきた井沢はなぜ香坂を殺したのか尋ねる。

香坂は篠田を止めようとして篠田に撃たれた。

妻と娘を篠田が殺したことに気づいた井沢は篠田に銃を向ける。

しかし、井沢は篠田を殺さず最初から篠田が爆弾を爆破させるつもりはなかったと篠田に告げる。

この世から犯罪を亡くしたい、その祈りのような想いは自分と同じだと井沢は語り篠田を許した。

井沢の妻と娘を殺してしまったときに篠田はもう後戻りできないと話していて本当はこんなことしたくなかったという想いが伝わってきた・・・。

篠田は加賀美に抱かれて亡くなり、井沢は篠田の事件の一部始終を月村に話した。

ミハンは本来受けるべき罰を受けずに加害者の罪を軽くしてしまうという危険性がある。

月村を襲った犯人も罪が軽くなっていずれ刑務所から出所してそのことに恐怖を覚えた月村はミハンのことを暴くと決心した。

井沢はミハンの真実を世間に公表すると決意して月村がネットでミハンの真実を公表した。

井沢と山内は月村を引き渡して山内もミハンの真実には気づいていたがどうしようもなくて諦めていたと言って月村に感謝した。

任命式の会場に来た井沢たちはミハンに戻ってきた小田切を歓迎した。

任命式が始まり吉岡拓海、加賀美聡介、小田切唯、山内徹、井沢範人の5人はそれぞれ未然犯罪捜査課に任命されたーー。

井沢たちはこれからも犯罪を未然に防ぎ続けていつか犯罪が無い世の中になることを願っている…。

まとめ

『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜 AFTERSTORY』では、井沢たちミハンは危険人物にはじき出された元自衛官の桐島直久のいるビルに向かうが井沢は彼に命を狙われる。

桐島と組んでいる犯人がいてその犯人にミハンの真実を話すように言われる井沢。

井沢はミハンの真実を余すところなく犯人に話し始める…。

いわゆる総集編だがうまくまとまっていて井沢たちのこれまでの活躍が見れて満足♬

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする