麒麟がくる 10話あらすじ&感想 ひとりぼっちの若君

『麒麟がくる』第10話では、今川軍が信長の兄・信広のいる安祥城に攻め込んで信広を人質にとる。

今川は竹千代を信広と交換するという条件を信秀に出して信秀は竹千代を明け渡そうとするが信長は猛反対!?

稲葉山城にきた光秀は利政から竹千代を明け渡すかどうか偵察してくるように命じられるが・・・。

⬇︎前回のあらすじはこちら

【麒麟がくる】前回のあらすじ 前回では、帰蝶を尾張の信長に嫁がせていいものかを葛藤していて、母の牧は美濃の行く末のことを一番に...

【麒麟がくる 10話】あらすじ

天文18年(1549年)の夏、旅芸人一座の女座長の伊呂波太夫が村を優雅に練り歩いていた。

駒は旅芸人一座を見て昔のことを思い出していた…。

駒を探していた東庵は駒が綱渡りをしているのを見つけて駒は綱の上で宙返りをした。

伊呂波太夫と駒は久しぶりに再会を果たして彼女が京に帰ってきたのは5年ぶりだった。

松永久秀と会ったと伊呂波太夫は東庵に話して美濃の明智光秀の名前を噂で聞いていた。

駒を妹と思って可愛がるようにと伊呂波太夫は一座の先代から言われたことを思い出す。

駒を連れてきた侍の着ていた衣には桔梗の御紋があったと伊呂波太夫は駒に伝えて駒は光秀からもらった扇子を見る。

一方、安祥城に今川軍が攻めてきて信長の腹違いの兄・織田信広を捕らえた。

今川軍が信広と竹千代を交換する条件を出して信秀が竹千代を渡せば今川と三河は力を増して尾張と組んだ美濃にも攻め入ってくると利政は話す。

稲葉山城にきた光秀は利政から信秀が竹千代を明け渡すのか探ってほしいと頼まれた。

その頃、末盛城では信長が竹千代を明け渡すことに反対していた。

熱田にきた光秀は那古野城を訪れて帰蝶と再会するーー。

キャスト&スタッフ

脚本:池端俊策、前川洋一、岩本真耶

演出:大原拓

出演者:長谷川博己(明智光秀)、本木雅弘(斎藤利政)、伊藤英明(斎藤高政)、川口春奈(帰蝶)、西村まさ彦(明智光安)、高橋克典(織田信秀)、堺正章(望月東庵)、門脇麦(駒)

ナレーター:市川海老蔵

時代設定:戦国時代(1540年代) – 安土桃山時代

プロデューサー:落合将(制作統括)、藤並英樹

制作:日本放送協会

【麒麟がくる】キャスト紹介

第10話では、京の町にやってきた旅芸人の一座の女座長・伊呂波太夫が登場するが今回は伊呂波太夫を演じた女優について書いていきたい。

伊呂波太夫役/尾野真千子

一座の女座長で駒とは姉妹同然に育った伊呂波太夫を演じるのは尾野真千子。

尾野真千子は、1981年11月4日生まれの奈良県吉野郡西吉野村(現・五條市)の出身。

尾野真千子は『Mother』のときのネグレクトをした母親役の怪演がいまだに印象深い。

映画の『そして父になる』では取り違えられた息子を育てるが息子として育てられずに苦しむ母親役の演技も切なかった。

尾野真千子の出演作品

テレビドラマ
『Mother』(2010)/『名前をなくした女神』(2011)/『カーネーション』(2011)/『疑惑』(2012)
『最高の離婚』(2013)/『夫婦善哉』(2013)/『足尾から来た女』(2014)/『夏目漱石の妻』(2016)

映画
『そして父になる』(2013)/『きみはいい子』(2015)/『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(2017)/『台風家族』(2019)

【麒麟がくる 10話】感想&考察

伊呂波太夫(尾野真千子)すっごい派手だな、妖艶さも兼ね備えてる♬

駒と伊呂波太夫は知り合いだったのか、駒は旅芸人をしていたと話していたからな(´・∀・`)

駒は光秀のことが好きだけど身分の違いから一緒にはいられないと思って光秀と別れたことを今でも後悔していた。

駒の命の恩人は明智家なる人だとわかって駒は扇子を抱いて泣いていた・・・。

帰蝶は父に何か調べるようにと命じたのかと光秀に尋ねてそのときに信長が帰ってきた。

信長と光秀は対面して鉄砲を光秀に差し出した信長はどこで作られたものか当ててみよと話す。

この鉄砲は助太夫が作ったものだと言い当てた光秀は信長に城に上がるように命じられる。

海岸で会ったことを思い出した信長はあそこで何をしていたのか光秀に尋ねる。

光秀は帰蝶に会いにきたと答えて釣りが好きなのかと信長に恐る恐る尋ねる。

子どものころ母親にあまり好かれなかったと信長は言い、釣りで大きな魚を見せて喜んだのを見て釣りをするようになったと話す。

土田御前は信勝に家を継がせたいと気づき村人の喜ぶ顔が見たくて釣りを続けていると信長は光秀に伝える。

そのとき、竹千代が信長と会い父親を殺したことを話して母親を三河から追い出した父親の広忠のことが嫌いだったと告白する。

その話を聞いた信長は竹千代と将棋をさすことに決めて光秀と帰蝶は席を外した。

信長は光秀を追いかけて鉄砲の話がしたいと光秀を誘った。

いずれ信長が織田家を継ぐことになると帰蝶は光秀に話し、そのことに不安を覚えていた。

菊丸は城に忍び込んで信長と竹千代との会話を盗み聞きしていた。

竹千代が今川は敵だと話して敵を倒すには敵を知ることだと信長に鋭い眼差しをしながら告げるのだったーー。

竹千代(徳川家康)は幼いときから天下人の才覚があったのか、末恐ろしいな(´⊙ω⊙`)

まとめ

今回は駒の命の恩人が明智家の侍であることが判明して、美濃の光秀は利政から尾張に行って偵察してくるように命じられる。

尾張にやってきた光秀は帰蝶と再会して信長と対面する。

竹千代が信長と将棋をさして竹千代は今川が敵であると信長の前で宣言して敵を知るために今川の懐に潜りこむと告げた!

竹千代が信長に持ちかけたのが今川の偵察ってことは竹千代が信長と手を組むってことなのかな?

竹千代の鬼気迫る顔を見てのちに天下人になる徳川家康の片鱗を見たような気がする╰(*´︶`*)╯♡

第11話では、竹千代と信広は人質交換をして高政は頼芸から利政を殺すように命じられる。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする