アライブ 最終回あらすじ&感想 心と薫の絆と秘密の物語完結!

【アライブ 11話】前回のあらすじ

前回では、すい臓がんの患者、佐伯芳雄(相島一之)の弟の隼人(丸山智己)が、兄を転院させると申し出た。

隼人はより腕の良い外科医がいる有馬総合病院への転院を譲らなかった。

心と薫はできるだけ患者の意思を尊重しようとする…。

⬇︎前回のあらすじはこちら

【アライブ】前回のあらすじ 前回では、心と薫は婦人科医の前園に呼び出されて切迫流産で緊急搬送された小山内静の胎児をエコーで確認...

【アライブ 11話】あらすじ

腫瘍内科医の恩田心(松下奈緒)と消化器外科医の梶山薫(木村佳乃)は困難を乗り越え、医師として、友人として、強く信頼しあえる関係を築いた。

そんな矢先、薫は乳がん手術から5年目の検査で、がんの再発が判明した。

その告白を受けた心は、二人で乗り越えようと誓い合った。

しかし、薫の病状は重く、手術は難しい。

それでも薫は抗がん剤治療を受けながら、外科医としての仕事を続けたいと心に頼む。


心の国立がん医療センターへの移籍の話も期限を迎えようとしている。

医師としての将来を思う阿久津晃(木下ほうか)にも決断を迫られるのだが、薫の件もあり、心は答えることが出来ない。

また、研修期間が終わろうとしている結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)もどの科に行くか決めかねていた。  

佐倉莉子(小川紗良)が化学療法室で治療を受けていると薫が来た。

治療を受ける薫に驚く莉子。

だが、莉子もすでにがんと闘う決意に満ちている。

莉子は戸惑っていた職場への病気の報告も済ませ、今はフリーペーパーの編集も手伝っていると薫に話す。

そんな二人を、同じく抗がん剤治療を受けていた橘千寿子(三田寛子)が見ていて…。


2人の女医、そしてそれぞれの医師たちに、やがて変革と旅立ちのときが訪れようとしていたー。

キャスト&スタッフ

脚本:倉光泰子

演出:髙野舞

出演者:松下奈緒(恩田心)、木村佳乃(梶山薫)、清原翔(結城涼)、岡崎紗絵(夏樹奈海)、小川紗良(佐倉莉子)、中村俊介(恩田匠)、三浦翔平(関河隆一)、田辺誠一(須藤進)、藤井隆(光野守男)、木下ほうか(阿久津晃)、高畑淳子(高坂民代)、北大路欣也(恩田京太郎)

音楽:眞鍋昭大

オープニング:須田景凪 『はるどなり』

プロデュース:太田大、有賀聡

製作:フジテレビ

【アライブ11話】感想&考察

薫のがんの再発かわかり乳がんが骨に転移していた。

治療をしながら仕事を続けたいと薫は心に伝えていて心も薫の意志を尊重したいと話す。

国立がん医療センターに移籍するかどうかまだ決断できずにいた心。

橘千寿子は、抗がん剤治療を受けていて薫が治療をしながら仕事を続けていると聞いて素敵ですねと答えた。

薫の髪が抜けてバリカンで頭を丸めて橘の手術を遅らせてもらえるように他の医師に頼んでいた。

橘の娘の麗奈が母親のことが心配で見舞いにきて橘は結婚式の日を楽しみにしていた。

だが一方で、母の手術を遅らせないでほしいと麗奈は心に頼んだ。

母親は娘の結婚式にどうしても出席したくて手術を遅らせたいと言い、一方の娘は予定通りに手術をしてほしいと頼む。

親子で意見の相違があって難しい状況だけど心はどう決断するのかな(´・∀・`)

心は今の薫の状態では手術が難しいと判断して薫に手術を降りてもらうように頼む。

心が精一杯考えて出した答えだから薫は受けるしかないだろう…。

家に帰った心は薫の生きがいを奪ってしまったと京太郎に伝える。

麗奈は心に母に結婚すると言っていたが本当はとっくに破断になっていて嘘をついてしまったと泣きながら告白する。

麗奈の涙に心は気持ちをわかってくれると思いますよと伝える。

手術が終わって麗奈はホッとして心が薫のもとに行くと薫が倒れていた…。

背中を痛がっていて緊急搬送される薫を心は心配そうに見つめていた。

薫に症状が出始めて心が自分を責めなきゃいいけど(−_−;)

心は薫が寝ているのを見て1人泣いていた。

結城と夏樹は最初は外科と小児科に行くことしか考えてなかったけど腫瘍内科では患者に親身になってあげられることを実感したと話していた。

やはり行くことはできないと心は阿久津に告げ、薫のことで結論を急がなくていいと阿久津。

薫は看護師から心に国立がん医療センターの移籍の話がきていると伝えられる。

心は千寿子の病室にやってきて千寿子は麗奈が結婚を破断になったのは自分が病気になったからじゃないかと悩んでいた。

薫が千寿子の病室に励ましにきていて勇気をもらった千寿子は心に話す。

薫の病室にきた心は薫からそばにいてとお願いされた。

心と薫が強い絆で結ばれているのがこのシーンを見てわかった(T_T)

横浜みなと総合病院にきた須藤は薫のことが心配で駆けつけた。

薫は須藤には会わずに須藤は薫のことをよろしくお願いしますと心に伝えた。

須藤の想いを汲んだ心は薫がリハビリ室にいることを伝えて須藤は薫の様子を見に行った。

京太郎と漣も薫の病室にお見舞いにきて薫がいたから心がつらい時期も乗り越えられたと告げた。

心ががん医療センターからの誘いを断ったと思い薫は心に会いに行った。

でも、心はがん医療センターに行くことを決意していた。

薫のために新薬を開発したいと心は言い2人は深呼吸をした…。

夏樹は腫瘍内科の医師になり、結城は消化器外科の外科医になっていた。

阿久津は心にどうしても経験を積ませたいと医療センターの医師に頼みこんでいた。

3年後、がん医療センターの腫瘍内科医になった心はセミナーでがんになったからといって生きるのを諦める必要はないと語る。

薫のがんが消えて心は薫に会いに行き、花束を薫に見せて2人は再会を喜んでいたーー。

薫と心の絆はこれでより深いものになるだろう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

『アライブ』第11話では、薫が乳がん手術から5年で骨への再発が確認された。

抗がん剤治療をしていた橘千寿子は娘の結婚式に出席したいと言い手術を遅らせようとした。

だが、娘の麗奈の結婚は破断になっていて母に心配をかけたくないと嘘をついていた。

心は国立がん医療センターに行くことを決意して3年後、薫との再会を果たすのだった。

『アライブ』も第11話で最終回を迎えて心と薫の2人の医師のメディカル・ヒューマンドラマはこれからも続いていくことでしょう。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

はじめに 『アライブ-がん専門医のカルテ-』第1話では、恩田心は腫瘍内科医でがん患者に抗がん剤を渡して患者を中から治療する医者だ。 ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする