絶対零度 最終話 あらすじ&感想 シーズン4 篠田の告白に井沢が出した答えとは?

【絶対零度】前回のあらすじ

前回では、井沢は香坂が殺された現場にいてSATに拘束されようとしたその時、SATを倒して山内は井沢に銃を向けて撃つ。

そんな中、小田切と付き合っていた篠田が何者かに撃たれる事件が起きる….。

篠田は誰に撃たれたのか、気になる(`・ω・´)

【絶対零度 11話】あらすじ

井沢(沢村一樹)たちは、テロ計画の黒幕と思われた水島歩の正体が篠田(高杉真宙)だったことに気づく。

そのとき、ミハンが加賀美(柄本明)を危険人物として検知した。

26年前、映画館で起きた神経ガステロの際に、犯人の息子である歩を救った加賀美は、彼にミハンのことを話していた。

加害者家族ゆえに激しいバッシングに遭いながら生きてきた歩。

彼は、ミハンに強くひかれ、この世から犯罪をなくしたいという思いに囚われて暴走したのだ。

加賀美がミハンに志願したのも、そんな歩を自らの手で葬るためだった――。

加賀美は、拳銃を手に、篠田が入院している病院へと向かっていた。

井沢と吉岡が、加賀美を止めるために駆けつけるが――。


山内(横山裕)は、クラッカーの諏訪(松尾諭)が刺殺されていた篠田のアジトで捜査一課の早川(マギー)らに合流する。

そこで早川は、諏訪が篠田を拳銃で撃ったものの反撃にあって刺殺されたこと。

そして小田切(本田翼)の骨伝導ベルトに精巧な盗聴器が仕掛けられていたことを山内に告げる。

無線で香坂(水野美紀)を呼び出し、射殺したのも篠田だった。


小田切は監察官から聴取を受ける。

香坂の死で自分を責めていた小田切は、警察を辞める決意をする。

そんな折、ミハンが篠田を危険人物として探知する。

篠田は、元傭兵の里谷(高岩成二)と行動を共にしていた。

篠田がまだ爆弾を所持していることを知った井沢たちは、すべてを終わらせるために動き出す――。

井沢と篠田が対峙したとき、一体何が起こるのか――!?

【絶対零度 11話】感想&考察

神経ガスをバラ撒いた犯人の息子である水島歩は何と小田切と付き合っている篠田だった。

加賀美は自分でケリをつけようと篠田を葬りにきたがすでに篠田は病室にはいなかった。

諏訪が殺された現場に早川がきて篠田の身体から摘出された銃弾と諏訪が持ってた拳銃の旋条痕が一致した。

篠田を不意打ちで撃った諏訪だったが篠田にナイフで心臓を刺したと早川は推理する。

小田切のつけていた時計に篠田が盗聴器を仕掛けていた。

それで香坂が単独で動いていることを知り爆弾が仕掛けられた場所で香坂を殺したと早川は山内に話す。

一方、小田切は香坂が死んだのは自分のせいだと責めていて自ら警察官を辞めようとした。

井沢は宇佐美と面会して彼が篠田に救われた過去があることを知る。

そして、篠田がミハンの危険人物にはじき出されて防犯カメラにわざと映りこんで井沢たちを挑発していた。

篠田は仲間を動かして爆弾テロを起こそうとしていると井沢たちは気づき篠田を止めると決意した。

篠田は警備部に行って何かをつかもうとしていると加賀美は山内に伝える。

小宮山は警備部を訪ねて南雲元総理の警備情報を里谷に伝えていたという情報をつかんだ。

南雲のいる病院に向かった井沢たちは特殊部隊の協力をあおいで爆弾を探して山内が爆弾を発見する。

篠田の目的は”ミハン”を法制化に導くために爆弾テロを起こすことか、井沢たちは止められるのか(;´д`)

爆弾の起爆スイッチは篠田が持っていると井沢たちは考えて篠田のこれまでの行動と言葉で篠田が何をしようとしているのか突き止める。

南雲は今手術中で動けない、爆弾が解除されればいいけど…。

目的地に向かう車のなかで山内は香坂が1人で篠田に会ったのは井沢と篠田を会わせないためで井沢を思っての行動だったんじゃないかと井沢に語る。

そのとき、井沢たちの乗った車を別の車が止めて里谷が車から降りて井沢たちと対峙した。

曽根崎に架空テロの計画を持ちかけられたときに篠田と会って彼の人生を聞くうちに協力する気になったと里谷は井沢に語る。

井沢と里谷は闘い山内が井沢を先にいかせて里谷と対決する。

井沢は神経ガス殺人事件の現場にきて篠田は映画館で映画を観ていた。

篠田の父はここで神経ガスをバラ撒き加賀美に助けられてミハンの存在を知り生きる意味を見つけたと告げる。

香坂朱里をなぜ殺したと井沢は篠田に尋ねて篠田は香坂に会いミハンを法制化に導くように頼んだ。

篠田は起爆スイッチを香坂に見せて香坂は銃で起爆スイッチを壊す。

だが、香坂は篠田に撃たれて香坂は倒れて篠田はその場を立ち去った。

その頃、山内と吉岡は里谷たちと闘っていたが形勢は不利になりやられそうになった。

すると、小田切が助けに入り3人がかりで何とか里谷を倒す。

一方、井沢は篠田が井沢の妻と娘を殺したことに気づく。

篠田は元管理官の井沢の妻がミハンの冤罪事件を井沢に話すのを防ぐために妻と娘を殺したと告白する。

皮肉だな、犯罪を止めようとしていたヤツが一番の犯罪者になるなんて…。

井沢の妻が井沢に冤罪のことを話せばミハンが解体されると考えた篠田。

井沢は激昂して銃を篠田に向けて篠田は自分を殺せば爆弾も止まって復讐も果たせると挑発してきた。

映画館に山内たちが到着して井沢は必死に耐えていた。

天井に向かって銃を撃ち井沢は最初から篠田が爆弾を使う気はなかったと話す。

テロリストから爆弾を止めたという事実があればミハンを法制化に導けると考えた篠田。

でも、井沢は篠田の犯罪を止めたいという祈りのような想いは自分と同じでその想いを知ったことで篠田を許した。

井沢からの裁きを願っていた篠田だったが加賀美にもういいと抱きしめられて息をひきとり井沢は黙ってそれを見ていた…。

ミハンルームに1人でいた小田切に山内は篠田の持っていた小田切への手紙を渡した。

手紙には小田切と過ごした何気ない日々が幸せなことだったことに気づいたと書かれていた。

そして、小田切への想いは嘘じゃない好きだったと篠田の最後の言葉を読んで小田切は涙を流していた。

加賀美は北見に篠田が亡くなったことを伝えて篠田の想いが報われるといいなと北見はつぶやく。

爆弾は解除されて南雲の手術も成功して曽根崎は里谷の自供によって門田に逮捕された。

井沢は香坂の亡くなった現場に花を供えてあなたに会えてよかったと香坂に伝える。

ミハンのみんなは井沢の家を訪ねてみんなと鍋を食べて南雲がミハンの法制化に積極的なことを山内は話す。

山内はそろそろ奥さんと娘さんを解放してはどうですかと井沢に告げ、井沢は家族の遺影に手を合わせた。

「止めてくるよ、これから起こる犯罪を…」家族の写真の前でそう言って井沢は犯罪を止めにいくーー。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』第11話(最終回)では、井沢は篠田が神経ガスをバラ撒いた犯人の子どもだと判明する。

篠田が香坂を殺して爆弾テロを起こした。

そして、ミハンの法制化に反対している南雲を暗殺しようとしていることに井沢たちが気づき篠田を止めようとする。

神経ガスがばら撒かれた映画館で篠田は井沢の妻と娘を殺したことを井沢に告げて井沢は篠田に銃を向ける。

だが、井沢は土壇場で復讐をやめて篠田を許して加賀美に抱かれながら息をひきとった。

ミハンの法制化を実現させるために井沢はこれからも犯罪を止めにいく。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする