あなたの番です 考察ネタバレ 6話 ゲームの次なる犠牲者は?

【あなたの番です】前回のあらすじ

前回では、菜奈は交換殺人ゲームのことを警察に言うべきだと住民のみんなに提案するが殺人教唆に問われるかもしれないと不安になって反対する。

そして、菜奈はゲームのことを生姜が知っていたことに驚く…。

赤池美里と五朗が殺されて住民も疑心暗鬼になってるな( *`ω´)

⬇︎前回のあらすじはこちら

【あなたの番です】前回のあらすじ 前回では、ブータン料理店でガス爆発が起こり店長の田中政雄が爆死した。 シンイーは交換殺...

【あなたの番です 6話】あらすじ

俳優の袴田吉彦が殺害され、久住(袴田吉彦)は責任を感じていた。

久住が交換殺人ゲームで引いた紙に書かれていた名前は“細川朝男”。

ゲームのルールに従えば、久住が朝男(野間口徹)を殺す番だ。

菜奈(原田知世)は久住に、“細川朝男”と書いたのは自分だと告げ「殺さないでください」

「もし誰かに脅されたら相談してください」と頼む。

菜奈は翔太(田中圭)に、自分が交換殺人ゲームで朝男の名を書いて、それを久住が引いたことを説明する。

さらに、朝男との本当の関係を打ち明ける。その事実を聞かされた翔太は…!?

一方、久住は“あなたの番です”と書かれた紙を受け取るが…。

赤池夫妻殺害事件を捜査する神谷(浅香航大)と水城(皆川猿時)は、事件当時のアリバイがない浮田(田中要次)を疑い始めていた。

102号室の児嶋佳世(片岡礼子)は、夫・俊明(坪倉由幸)との関係が冷え切り、追い詰められていた。

寂しさのあまり、マンション内の子供たちを見つけては、自分の子のようにかまおうとする佳世。

彼女の異常な行動に、住民たちも困惑。

向かいに住む石崎家の文代(田村海優)と一男(大野琉功)を見かけた佳世は、強引に連れて行こうとして、洋子(三倉佳奈)たちとトラブルに。

菜奈、翔太、早苗(木村多江)、黒島(西野七瀬)、久住は、ゲーム参加者が書いた名前を引いた紙に書かれた名前をお互いに把握しておいた方がいいと考える。

菜奈たちは、ゲームで書いた名前と引いた紙に書かれた名前を教え合うために臨時の住民会を開催。

そこで新たな事実が判明する!

連鎖する殺人を止めようと動き出した菜奈と翔太。

しかし、2人の思いとは裏腹に、またしても犠牲者が出てしまうーー。

※ここからネタバレを含みますのでまだご覧になっていない方はご覧になってからお読みください!

【あなたの番です 6話】感想&考察(ネタバレ含む)

浮田、あかり、柿沼の3人は黒服を着て車に乗り込んだ。

翔太はスポーツジムで細川に菜奈と知り合いなのかと聞いてもし菜奈が浮気したら相手の男以上に菜奈に気持ちをぶつけると語った。

一方、神谷と水城は袴田吉彦が殺害されたニュースを見ていて久住に似ていることに神谷が気づく。

浮田は菜奈の部屋で袴田吉彦が殺されてショックを受けていて、菜奈が浮田に細川朝男と書いたのは自分だと告白した。

そして、誰かに脅されても決して殺さないでくださいとお願いしたが浮田は全部菜奈の罠なんじゃないかと疑っていた。

浮田が言うように菜奈と翔太が来てから事件が起こり始めて菜奈も否定できない状況だな(`・ω・´)

神谷と水城は浮田たちを張り込んでいて男が来て何か取引をしているようだった。

菜奈は翔太に細川朝男は自分の夫で離婚届をなかなか出してくれなくて悩んでいたと明かし翔太に謝ろうとした。

だが、翔太は「菜奈ちゃんが悩んでいたのに気づいてあげられなくてごめん!」と菜奈に謝った。

話が一通り終わった後に翔太は久住に間違っても殺しちゃダメですよと細川朝男の紙を見せて念押しした。

久住が部屋に戻ろうとするとポストに”あなたの番です”と書かれた脅迫文が入っていて久住は恐怖していた…。

菜奈は悩んでいること全部言ってと翔太に言われたが紙に”302号室の人”と書かれたことを言えずに嘘をついた。

その頃、神谷と水城は帰ってきた浮田たちに赤池夫婦が殺された日どこにいたのかアリバイを聞きドライブして食事をしたと浮田が答えた。

佳世が家に1人でいると夫の児嶋俊明が家に帰ってきた。

「子どもがいればまた昔みたいに楽しく過ごせる」と佳世は俊明に言い寄った。

だが俊明はさっさと出ていき佳世は洋子の子どもたちを引っ張って自分の部屋に無理やり連れて行こうとした。

そこに洋子と健二が現れて佳世を止めて、佳世は「何で私だけ寂しいの〜〜〜!」と叫んでいた。

菜奈たちは田宮に住民たちの書いた紙と引いた紙を把握していれば安全ではないかと提案した。

だが、田宮は断って自分のために時間を使いたいと告げた。

部屋に戻って菜奈と翔太は交換殺人ゲームの推理をはじめる。

翔太は菜奈の不安を取り除くために細川を守ると誓い、細川に菜奈が細川の名前を書いたことを教える。

浮田は住民会の会場で袴田吉彦の名前を書いたことに責任を感じていて、菜奈がここにいるメンバーだけでも教え合いましょうと提案した。

まず早苗が殺したい人には”初恋の人”と書いたと言い引いた紙には”電車の席を譲らない人”と書かれていたと教える。

黒島は殺したい人には大学のゼミの教授の”早川教授”と書いたと告白して、引いた紙は”織田信長”と書いたと話す。

”こうのたかふみ”と引いた紙に書いてあって、”細川朝男”と殺したい人の名前を書いたと菜奈は教える。

そこに澄香が同席して殺したい人には”児嶋佳世”と書いて引いた紙には何も書かれてなかった。

それを見て菜奈は自分がとても汚い人間に思えてきてみんなもそのことを感じていた。

翔太たちは浮田の部屋を訪れて状況を把握するために浮田に情報交換をしようとした。

だが浮田は赤池夫婦を殺したと警察に疑われているとみんなに話す。

あかりの実の父親を探すために知り合いの女性に居場所を尋ねていた浮田。

その帰りに車に駐車違反の紙を見つけて裏を見ると”あなたの番です”と書かれていた…。

田宮がマンションに帰ると黒島がポストをのぞいていて久住が何やらエレベーターで不審な行動をしていたと田宮は黒島に教える。

菜奈と早苗が黒島の部屋に集まって黒島のまとめた交換殺人ゲームのメモを見て解決できそうな気がしてきたと菜奈が呟いた。

一方、俊明は妻の佳世にゴルフバッグを送ってもらって中を確認すると中には児嶋佳世の片脚が入れられていた。

佐野がクーラーボックスを押して部屋に戻ると502号室のドアが開き佐野は驚いていたーー。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

『あなたの番です』第6話では、袴田吉彦が殺されて次は久住が殺す番で引いた紙には”細川朝男”と書かれていた。

そのことを知った菜奈は久住と翔太に細川が自分の夫だと明かして翔太は絶対に細川を殺さないでと翔太は久住に頼んだ。

ゲームのことを把握しておきたい菜奈は住民会で書いた紙と引いた紙を教え合って澄香が殺したい人に”児嶋佳世”と書いたと告白する。

佳世の夫の俊明に送られたゴルフバッグには佳世の片脚が入れられていた。

佳世を殺した犯人は誰なんだ、一体交換殺人ゲームはいつまで続くんだo(`ω´ )o

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする