ランチ合コン探偵 10話あらすじ&感想 ゆいかの悲しき過去が明らかに!

【ランチ合コン探偵】前回のあらすじ

前回では、ゆいかは過去の記憶が蘇りそうになり過去と向き合うのが怖くてたまらない。

ゆいかと麗子は岡と彼の後輩の西浦とランチ合コンをして謎解きでゆいかを元気づけようとする麗子。

しかし、ゆいかは謎解きにはまったく興味を示さずに麗子は必死に謎解きに参加させようとする。

⬇︎前回のあらすじはこちら

【ランチ合コン探偵】前回のあらすじ 前回では、律子と謎の男の龍太郎に繋がりがあることを知った麗子はゆいかのことが心配で桜井に相...

【ランチ合コン探偵 10話】あらすじ

失われた自分の過去と向き合う決意をしたゆいか(山本美月)。

彼女は、志乃(手塚理美)から「真相を知りたければ、ここに行きなさい」と教えられた住所を訪ねる。

その家には、財閥の創業者・一条永太郎という人物が住んでいた。

ゆいかは、執事の鈴木と会い、家の中に通してもらう。

鈴木から要件を聞かれたゆいかは、自分が子供の頃の記憶を失くしていることを話す。

そして、その原因と思われる過去に起こった誘拐事件について一条に聞きに来たと告げる。

すると鈴木はなぜか、ゆいかに、なぞなぞを出す。

ゆいかが、いくつかのなぞなぞを解いた後、鈴木は「夕焼けは、なぜ赤いのでしょう?」という問題を出す。

ゆいかには、その答えが分からなかった。

ゆいかは、なぞなぞを解いて一週間後の同じ時間にまた来るので、その時に一条と会わせてほしいと鈴木に頼む。

麗子(トリンドル玲奈)は、婚約者と別れた和馬(平田雄也)を食事に誘ってしまったことに悩んでいた。

そして、岡(竹財輝之助)からの告白に対する答えも、保留したままだった。

そんな中、麗子は、自分の過去と向き合おうとするゆいかの姿に励まされる。彼女は、和馬と会う決意をする。

鈴木との約束の土曜日、ゆいかは一条家へ向かう。

しかし、ゆいかには、まだ夕焼けのなぞなぞが解けていなかった。   

ゆいかは、一条と対面して一条に、誘拐事件の首謀者なのではないかと問い詰める。

ゆいかの推理に対する一条からの答えとはーー!?

【ランチ合コン探偵】キャスト&スタッフ

原作:水生大海 『ランチ探偵』 『ランチ探偵 容疑者のレシピ』

脚本:阿相クミコ、守口悠介、赤松新

監督:菊川誠、朝比奈陽子

出演者:山本美月(天野ゆいか)、トリンドル玲奈(阿久津麗子)、瀬戸利樹(桜井健斗)、池谷のぶえ(小島和子)、坂口涼太郎(鈴木龍之介)、金井浩人(吉川颯太)、平田雄也(北村和馬)、知念里奈(白石律子)、木村祐一(亀田広)

音楽、仲西匡

エンディング:つぼみ大革命 「恋愛ランチ」

チーフ・プロデューサー:前西和成

プロデューサー:沼田賢治、斎木綾乃、森安彩、久松大地

制作共同テレビ:(制作協力)吉本興業

製作:読売テレビ

【ランチ合コン探偵 10話】感想&考察

ゆいかは会長の志乃に一条グループの創業者の一条永太郎という人物の住所を教えてもらい麗子と桜井にそのことを伝える。

一方、麗子は岡に告白されて戸惑っていて岡の店に行くと告白したことは忘れてまた気軽にきてよと麗子に伝える岡。

一週間後、ゆいかは一条の豪邸にやってきて執事と会い部屋に招かれて突然なぞなぞを出される。

「夕焼けはなぜ赤い?」とゆいかになぞなぞを出した執事にゆいかは答えを考えて来週の土曜にまた来ると伝えて帰った。

ゆいかは経理部のみんなに夕焼けはなぜ赤いのなぞなぞの答えを聞いていてゆいかは和馬や岡に告白されてどうするべきか迷っていた。

ゆいかと麗子は答えを見つけるために向き合うことを決めてゆいかはもう一度一条の豪邸を訪れた。

その頃、麗子は和馬のいるレストランに来ていて一方的に婚約破棄されたと和馬は麗子に伝えて麗子にも同じことをしたのに気づいて麗子に謝った。

一条永太郎がゆいかの前に現れて幼いときに誘拐されてその事件が世間に報じられることはなく財閥の一条ならそれができるとゆいかは自分の推理を話し始めた。

一条が誘拐事件をもみ消した理由は一条が誘拐事件の首謀者だからだとゆいかは一条に告げた…。

しかし、一条はゆいかには会ったことないと言い去っていった。

そんな中、桜井は志乃の会長室に来て天野ゆいかをなぜ大仏ホームに雇ったのか尋ねていて志乃はある人との約束だと桜井に話す。

部長の亀田は妻に追い出されて落ち込みながら経理部に戻るとそこには龍太郎がいて颯太と捕まえようとする。

桜井も加わって亀田たちは龍太郎を捕まえてゆいかへの果たし状を読んだ。

ゆいかは執事に一条永太郎は誘拐事件の首謀者ではなくむしろ被害者だと説明。

誘拐事件の犯人は一条財閥の人間で一条永太郎は自分の祖父ではないかと推理した。

龍太郎も天野ゆいかが一条の孫だと亀田たちに明かしてゆいかに悪い虫がつかないように一条に指示されていたと告白する。

一方、ゆいかはすべての構図が見えて執事こそが一条永太郎だと自分の推理を話し始める。

孫のゆいかが突然訪ねてきて一条はとっさに執事だと嘘をついたが執事の必需品である手袋をするのを忘れていたのを見逃さなかった。

そして、棚のスペースが空いていたのはそこに一条とゆいかとの家族写真が飾られていてそれを隠すためだと話す。

ゆいかが誘拐された日に記憶を失うほどの辛い出来事がありそのことを隠すために一条はゆいかに嘘をついたとゆいかは推理する。

誘拐された車の後ろで母の声が聞こえて母はゆいかを助けようとして事故にあって亡くなったと一条に泣きながら話すゆいか。

一条は娘との結婚を認めず勘当してそのことを知った娘の婚約者は子どものゆいかを捨てて出ていきそれ以来娘は1人でゆいかを育てていた。

結果的にあんな事になり一条は今でも後悔していてゆいかは最初から恨んでいないと一条に伝える。

その頃、麗子は和馬と話をして恋愛だけがすべてじゃないと気づき和馬と円満に別れていった。

一条とゆいかは庭で話をして幼い時に一条がゆいかに「夕焼けはなぜ赤い?」となぞなぞを出してゆいかが「太陽が真っ赤になるほど笑ってるから」と答えた。

その時にこの子は優しい子に育つと思いゆいかは一条に今の”天野ゆいか”の生活が気に入っていると笑っていた。

桜井はゆいかからもらった幸せの石をゆいかに返して告白しようとしたら麗子に突き飛ばされた。

麗子は和馬にケリをつけてきたとゆいかに伝えて、麗子は岡に告白の返事を保留にして今は自由にいきたいと告げた。

ゆいかと麗子は経理部でまた何気ない日常を過ごして2人でランチ合コンに出かけていったーー。

ゆいかの謎が解けて何より、このラブコメミステリーも今回が最終回でさみしい(`・ω・´)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

『ランチ合コン探偵』第10話では、ゆいかは自分の謎を探るために一条の豪邸を訪ねて執事になぞなぞを出される。

その執事が一条永太郎だとゆいかは突き止めてつらい真実も知ってゆいかはようやく前に進み始めた。

『ランチ合コン探偵』は第10話で最終回だけど、これからもゆいかは麗子とランチ合コンを続けていくことでしょう。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする