アリバイ崩し承ります 7話あらすじ&感想 国会議員のアリバイ崩し!

【アリバイ崩し承ります】前回のあらすじ

前回では、郵便ポストから拳銃が見つかり血痕が付着していてその後被害者が発見されて美幸と雄馬たちが捜査する事になった。

捜査会議には組織犯罪対策課の刑事・真壁剛士が現れて暴力団同士の抗争が絡んでいると睨んだ真壁だったが被疑者には鉄壁のアリバイがあった…。

今回は暴力団が絡んだ殺人事件で時乃が鉄壁のアリバイに挑む❗️

⬇︎前回のあらすじはこちら

【アリバイ崩し承ります】前回のあらすじ 前回では、身元不明の白骨化した遺体が、ある一軒家の庭から発見された。 そこは、3...

【アリバイ崩し承ります 7話】あらすじ

河川敷で焼死体が見つかり、那野県警捜査一課の管理官・察時美幸(安田顕)らが臨場する。

そこに、ボンボン刑事・渡海雄馬(成田凌)の父で衆議院議員の渡海一成(德光和夫)が、秘書・藤枝ミホ(西田尚美)を伴って現場に現れた。

遺体のそばに落ちていた名刺が一成の別の秘書のものだったため、察時が呼んでいたのだ。

一成らには昨日、遺体の死亡推定時刻の間、後援会の人たちを招待して開いたパーティーに終始出席していたという、鉄壁のアリバイがあった。

一方で察時は、話の途中に一成がつぶやいたひと言が解せないでいた…。

さらにその日の夕方、藤枝がひとりで捜査一課を訪ねてくる。

そして察時に、秘書を殺したのは一成かもしれないと告げる。

察時は今回ももちろん時計店の店主・美谷時乃(浜辺美波)にアリバイ崩しを依頼する。

だが、時乃は一成が祖父・時生(森本レオ)の囲碁仲間だったこともあり、フクザツな心境で…。

本当に雄馬の父・一成が犯人なのか…。

事件の真相を追う時乃に、身の危険が迫り…!?

ついに、衝撃の最終回!

【アリバイ崩し承ります】キャスト&スタッフ

原作:大山誠一郎

脚本:いずみ吉紘

監督:河合勇人、星野和成

出演者:浜辺美波、安田顕、成田凌

製作総指揮:横地郁英

プロデューサー:浜田壮瑛、山本喜彦

製作:テレビ朝日、MMJ

【アリバイ崩し承ります 7話】ゲスト出演

いよいよ7話で最終回を迎える『アリバイ崩し承ります』に徳光和夫がゲスト出演をしている。

ボンボン刑事の渡海雄馬の父親の渡海一成を演じる徳光和夫について書いていきたい。

渡海一成役/徳光和夫

刑事の渡海雄馬の父の渡海一成を演じるのは徳光和夫。

徳光和夫は、1941年3月3日生まれの東京都目黒区の出身。

1969年10月から『NTV紅白歌のベストテン』の総合司会を務め、人気を得る。

1979年3月からの『ズームイン!!朝!』では総合司会を9年間担当。

その後の1988年4月からの『NNNニュースプラス1』のメインキャスターを務めた後、1989年に日テレを退社し、フリーとなる。

2015年4月より4年ぶりに自身がメインのレギュラー番組「路線バスで寄り道の旅」を受け持つ。

僕の最近のイメージではレギュラー番組の「路線バスで寄り道の旅」の印象が強くて第7話でもバス旅の好きな国会議員という設定になっている。

どんな演技を見せてくれるのか今からワクワクするな💗

【アリバイ崩し承ります 7話】感想&考察

時乃は祖父の時生からアリバイ崩しを1人でしちゃダメだと忠告されていたが時乃は6件も解決したと自信満々に話した。

そのとき、時乃はサイレンの音を聞き美幸たちは焼死体が発見された現場にきていた。

被害者は雄馬の父の渡海一成の秘書・名越徹のものと思われた。

現場には一成と秘書の藤枝ミホが訪れていた。

名越は後援会パーティーにきていて電話に出てそのあと行方不明になったことを藤枝が話す。

死亡推定時刻は夕方の6時半ごろから7時の間と思われ、雄馬は犯人が名越を呼び出して殴って遺体を燃やしたのではと推理した。

店に戻った美幸は一成のアリバイ崩しを依頼して藤枝から一成が名越に地盤を譲ると突然言い出したことを伝える。

美幸は一成が名越に脅されて選挙地盤を譲ったのではないかと読んでいた。

捜査一課に戻った美幸は後援会の出席者に聞き込みをすると牧村たちに伝えた。

一成を疑っていると牧村たちに話しているときに雄馬が現れて父は犯人じゃないと訴えたが美幸は雄馬を捜査から外すと言い出す。

後援会に出席した人に聞き込みをして安本という男が最後に後援会に出席したとわかり雄馬は安本が犯人だと断定する。

しかし、安本は何者かに拘束されて殺されていて美幸は同一人物による犯行だと推理した。

美幸は安本が犯人に口封じされたのではと推理する。

時計店に帰った美幸は時乃にこれ以上捜査内容を話せば命を狙われると話しアリバイ崩しを断った。

そんななか、雄馬は一成に名越に脅されて殺したのかと問い詰めて美幸を甘く見ないほうがいいと忠告した。

雄馬は父のことを信じたい一方で刑事として正義感を貫きたいと思ってるな(*´∀`*)

捜査一課にきた時乃は名越と安本の顔が似ていることに気づき時乃はアリバイを崩せたと美幸に告げる…。

時乃がアリバイを崩せた、今回も名推理期待してるぜ❗️

店に現れたのは一成で美幸はすぐに逃げるように言うが電話が切れてしまう。

このままでは時乃が危ない、美幸は急いで店に向かう!

店に戻ると一成と時乃がお茶を飲んでいて藤枝も店にやってきた。

一成のアリバイが崩れたということはそばにいた人物のアリバイも崩れたということだと美幸に伝える。

犯人は藤枝だと時乃は言い後援会パーティーに出席していた藤枝に名越に電話をかけることはできず、共犯者がいたと話す。

その共犯者は殺された名越だと時乃はみんなに告げた。

名越が共犯者ってどういうこと、気になる展開になったな(=´∀`)

名越は用意していた自分のプリペイド携帯で自分の携帯に電話をかけた。

その理由は別人になるためで、顔にドーランを塗って眼鏡をかけて安本になりきった。

パーティー会場に戻った名越はリゾットを食べてパーティーが終わった夜の8時に名越をハンマーで殴り殺した。

変装した痕跡を消すために灯油で燃やしたと時乃は話す。

本物の安本は名越に容姿が似ているというだけで殺された。

名越に変装させる口実は一成を殺すからアリバイ工作に協力してくれと頼んだのだ。

動機は一成にずっと尽くしてきて地盤は自分が継ぐはずだったというものだった。

今回は息子に花を持たせてくれと一成は美幸に頼みアリバイ崩しのことは黙っておくよと美幸に耳打ちする。

雄馬は一成とバスで帰り一成は居眠りをしていた。

時乃に5000円を渡してこれで最後にすると言ったがまた鉄壁のアリバイがあると連絡を受けて美幸はまた時乃に頼もうとしていたーー。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

『アリバイ崩し承ります』第7話では、雄馬の父親の国会議員の渡海一成の秘書の名越が殺されて美幸は一成を疑っていた。

雄馬は父の無実を晴らすために単独で捜査をして時乃がアリバイ崩しをして見事犯人を逮捕する。

ミステリードラマの『アリバイ崩し承ります』も第7話で最終回、美谷時乃(浜辺美波)の名推理がもう見られないと思うと寂しいけどこれからも浜辺美波の活躍を見守っていきたい💗

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする