トップナイフ 10話(最終回)あらすじ&感想 最後に瑤子が出す決断は?

【トップナイフ】前回のあらすじ

前回では、転院してきた患者が今出川の妻の里美だと知り今出川は個人的な理由で黒岩と西郡を呼び入れたことで処分を覚悟していた。

一方、頭に鉄筋が刺さって緊急搬送された徹を瑤子が手術して徹が放った衝撃の言葉とは?

⬇︎前回のあらすじはこちら

『トップナイフ』第9話では、今出川の妻の里美が病院に運ばれてきてこのために今出川が黒岩と西郡を呼び出したことを打ち明ける。 一...

【トップナイフ10話】あらすじ

いよいよ今出川(三浦友和)の妻・里美(有森也実)のオペが始まろうとしていた。

まずは西郡(永山絢斗)と幸子(広瀬アリス)が開頭した状態の里美に話しかけながら脳のチェックをしていく。

今出川も参加し、順調にオペが進むが……。

一方、深山(天海祐希)は、鉄筋が頭部を貫通する事故から奇跡的に回復に向かっている中学生・徹(田中奏生)から、「母親に殺されそうになった」と打ち明けられ、驚きを隠せない。

そんな中、手術室では里美のオペにトラブルが発生!全身痙攣を起こした里美のもとに深山と黒岩(椎名桔平)が合流する―。

徹の被害妄想は脳の損傷による“譫妄
”が抱かせている可能性があるという深山の説明に、思いつめた表情で聞く、徹の母・良美(鈴木杏)。

さらに、徹は見舞いに来た良美のことを“お母さんを乗っ取った宇宙人”だと言い出す……!

深山は血液の逆流で脳出血を起こす危険のある徹に、再びオペをすることを決断する。

しかし、オペを前に突然徹の容態が急変するーー!!

【トップナイフ】キャスト&スタッフ

原作:林宏司『トップナイフ』

脚本:林宏司

演出:大塚恭司、佐久間紀佳、茂山佳則

出演者:天海祐希、椎名桔平、広瀬アリス、永山絢斗、古川雄大、三浦友和

音楽:横山克、鈴木真人

エンディング:JUJU 「STAYIN’ ALIVE」

チーフ・プロデューサー:池田健司

プロデューサー:鈴木亜希乃、茂山佳則

制作:AX-ON(協力)

製作:日本テレビ

【トップナイフ 10話】感想&考察

徹は母親の良美に殺されかけたと瑤子に話し瑤子は驚いていた。

里美の覚醒化手術を行い、今出川は彼女の手を握っていた。

里美の手術で全身麻酔に切り替えたそのとき、全身痙攣が起きて瑤子と黒岩も手術に加わる。  

腫瘍の癒着がひどく手術は困難を極めたが何とか手術は成功して今出川は瑤子たちに礼を言った。

瑤子は脳の手術のあとに“譫妄”によって妄想を抱くことがあると良美に話すが息子を殺そうとしたのは事実だと認めた。
 
里美はまだ意識が戻らず今出川は心配していて黒岩は今出川にアメリカに行くことにしたと伝える。

良美は瑤子の前で倒れて瑤子は過労と診断した。

徹は幸子に学校には無理をして入ってもうつまんなくなったと打ち明けてそれでも良美が無理やりいかせようとしたと話す。

1人で子どもを育てるのは想像以上にきつくて時々息子を疎ましく思うと言って泣いていた。

そして、徹は良美が母親ではなく宇宙人だと突拍子もないことを言い出した。

良美が宇宙人ってどういうこと、頭に鉄筋が刺さって脳が混乱してるのか?

瑤子は徹をテストして“カプグラ妄想”だと診断して母親を見ても何の感情も湧かなくなると説明する。
 
母親を宇宙人だと思い込むそんな症状もあるのか、脳って不思議(´・∀・`)

瑤子が家に帰り真実と話をしてここにきてよかったと真実は話す。

幼いときに瑤子が一度も自分を見てなかったのは瑤子に嫌われていると思ってたけど今は仕事に一生懸命だとわかり尊敬していると伝える。

瑤子は患者の家族に怒鳴られても一度も逃げなかったのが誇りかなと真実に心中を打ち明けた。

朝になり真実が起きると瑤子はメモとおにぎりを残して仕事に行き真実は泣いた…。

一方、良美は息子に襲われたと伝え瑤子は脳が破裂する前に手をうたないと手遅れになると話す。

徹がお母さんに謝りたいと思ってると良美に伝える。

瑤子は元夫と会い娘を患者と同じように親身になって接することができないなら返してほしいと言う。

「どうするかはあの子が決める」と瑤子は元夫に告げて仕事に戻った。

そんななか、徹は良美をまだ母親と認識できずに頭を押さえて苦しみだして廊下で倒れた。

良美の声を聞き良美を母親と認識した徹はストレッチャーで運ばれていった。

真実は病院にやってきて自分のことは自分で引き受けると瑤子に伝えて去っていった。

西郡は徹の手術をはじめていて瑤子と黒岩も合流して慎重に手術を進める。
 
その頃、里美の意識が戻り付き添っていた今出川はホッとした。

徹の手術が終わり黒岩が瑤子に見事だったよと珍しく彼女を褒めていた。

瑤子は今出川に完璧な手術をすることが正しいと思ってたけど脳外科医にできることはほんの一部だと語る。  

瑤子が部長に就任して「Bar カサブランカ」でみんなとパーティーをしていたら急患が入り脳外科のみんなは急行するーー。

幸子が来島の”人を愛せない脳”に興味を持ってるキラキラした顔が忘れられない(*´ー`*)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

『トップナイフ』第10話では、頭に鉄筋が刺さった徹は母親の良美のことを宇宙人と言い出した。

一方、今出川の妻の里美の手術が終わり今出川は里美の無事を心から喜んでいた。

瑤子が部長に就任しても今の忙しさは変わることはなく執刀する日々に戻っていくーー。

医療ドラマ『トップナイフ』はこれで最終回だけど瑤子たちの闘いはまだまだ続きそうだ(*´∀`)♪

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする