あなたの番です 考察ネタバレ 5話 袴田吉彦が殺される?

【あなたの番です】前回のあらすじ

前回では、ブータン料理店でガス爆発が起こり店長の田中政雄が爆死した。

シンイーは交換殺人ゲームのルールで殺したい人を殺してもらったら引いた紙の人を殺さなければいけないと怯えていた。

一方、浮田は住民会が終わって残った菜奈たちに自分が引いた紙には”赤池幸子”と書かれていたと教える。

ゲームの混乱に乗じて美里が幸子を殺すのではないかと浮田は危惧していた…。

⬇︎前回のあらすじはこちら

【あなたの番です】前回のあらすじ 前回では、山際を殺したのは藤井ではないかという噂が住民の間で広がっていてその藤井は何者かに脅...

【あなたの番です 5話】あらすじ

502号室でバースデーケーキを囲んで殺されている赤池美里(峯村リエ)と吾朗(徳井優)を見つけた菜奈(原田知世)と翔太(田中圭)たち。

ケーキの上には “赤池美里”と書かれたプレートがのっていた…。

マンション周辺で続く死に不安を感じて「引っ越そうか」と言う翔太に対し、「引っ越しは最後の手段にとっておこう」と答える菜奈。

彼女は、自分が交換殺人ゲームで名前を書いてしまった人物まで殺されるのではないかと気がかりで仕方がない。

そして、マンション周辺の死と交換殺人ゲームとの関連を探り始める。

警察の捜査が入り、神谷(浅香航大)と水城(皆川猿時)がマンション住民のアリバイを調べる。

そんな中、臨時の住民会が開かれる。

参加者は菜奈の他、久住(袴田吉彦)、洋子(三倉佳奈)、浮田(田中要次)、黒島(西野七瀬)、シンイー(金澤美穂)、尾野(奈緒)、早苗(木村多江)、藤井(片桐仁)。 

菜奈は一同に、交換殺人ゲームのことを警察に話すべきだと提案する。

しかし、自分たちも殺人教唆に問われるかもしれない不安を口にする者がいたり子どもがいじめられる可能性や資産価値の下落を理由に、住民たちは菜奈の意見に反対する。 

この中に、美里と吾朗を殺した人間がいるかもしれない。

話し合いが進むにつれて、住民たちはお互いに疑心暗鬼になるばかり。

住民会の後、菜奈は、ある人物から“赤池美里”の名前を書いたと告白される。

一方、翔太は交換殺人ゲームのことを黙っていた菜奈の苦悩を想像し、どうしたら彼女を助けてあげられるかと考えていた。

ある日、菜奈は早苗に誘われ、翔太とともに3人で食事をすることに。 

遅れてやってきた翔太についてきていたのは、住民会に出ていない木下(山田真歩)、西村(和田聰宏)、江藤(小池亮介)。

木下は、交換殺人ゲームについて菜奈と早苗に問いただす。

菜奈は、翔太もゲームのことを知っていたことに驚いていた。

隠し事をしていた菜奈と、それを知りながら黙っていた翔太。

さらに、菜奈がこっそり朝男(野間口徹)と会っているところを目撃する翔太。

菜奈と翔太の関係に、ついに亀裂が――!?

さらに、新たな犠牲者が…!!

キャスト&スタッフ

原案:秋元康

企画:秋元康

脚本:福原充則

演出:佐久間紀佳、小室直子、中茎強、内田秀実(AX-ON)

出演者:原田知世(手塚菜奈)、田中圭(手塚翔太)、西野七瀬(黒島紗和)、袴田吉彦(久住譲)、片桐仁(藤井淳史)、金澤美穂(シンイー)、竹中直人(床島比呂志)、安藤政信(佐野豪)、木村多江(榎本早苗)、生瀬勝久(田宮淳一郎)

ナレーター 原田知世(第1話 – 第10話)

音楽:林ゆうき、橘麻美

オープニング:Aimer「STAND-ALONE」

チーフ・プロデューサー:池田健司

プロデューサー:鈴間広枝、松山雅則(トータルメディアコミュニケーション)

制作:トータルメディアコミュニケーション(協力)

製作:日本テレビ

【あなたの番です】キャスト紹介

第5話では、美里と夫の五朗が殺されて神谷と水城が捜査をはじめて浮田から赤池美里の名前を書いたのは自分だと告白される菜奈。

久住が袴田吉彦の名前を書いたと菜奈に告白するが、その久住と本人役を演じた俳優を今回は紹介していきたい。

久住譲・本人役(第5話)/袴田吉彦

エレベーターの管理会社に働いていて、袴田吉彦に似ていると周りに言われて人生を狂わされた久住譲と久住に名前を書かれて殺された本人役の袴田吉彦を演じるのは袴田吉彦。

袴田吉彦は、1973年7月16日生まれの静岡県浜松市の出身。

1991年に第4回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞してその翌年に映画『二十才の微熱』で主役に抜擢されたデビューを果たす。

2010年8月8日にタレントで元グラビアアイドルの河中あいと結婚して翌年の2月18日に第1子となる女児が誕生する。

2017年の9月21日に河中と同月上旬に離婚したことを所属事務所を通じて発表された。

※ここからネタバレを含みますのでまだご覧になっていない方はご覧になってからお読みください!

【あなたの番です5話】感想&考察(ネタバレ含む)

菜奈と早苗、翔太は警察から事情聴取を受けて刑事の神谷と水城が美里と五朗の殺人事件の捜査にあたる。

翔太は引っ越そうと提案するが菜奈は紙に書いた人のことが気がかりで翔太に引っ越しは最後の手段にとっておこうと話す。

紙に”タナカマサオ”と書いたシンイーが赤池夫婦を殺したのかと考えを巡らす菜奈。

一方、神谷と水城が捜査会議をしていて赤池夫婦の死亡推定時刻にアリバイがないのは浮田、柿沼、あいり、シンイー、西村、尾野、佐野。

部屋から被害者と違う指紋が検出されてあいり、黒島、イクバル、菜奈、江藤の5人の指紋だと確認する。

現場に指紋があってアリバイがないのはあいりだけで刑事たちは捜査に向かった。

神谷は管理人の床島の自殺、ブータン料理店で働いていたシンイー、その店の常連客の藤井が今回の赤池夫婦殺害事件の第一発見者なのが引っかかっていた。

神谷が捜査会議でこのことを話さなかったのは榎本正志から出世に響くからあまり公にしないようにと圧力をかけられたからだと水城に伝える。

佐野がゴミを捨てた時に木下が喫煙を注意して佐野を追い出してそのすきに佐野のゴミを見ると中には血のついたタオルが入っていた…。

住民会で住民のみんなが集まり菜奈が警察に交換殺人ゲームのことを話した方がいいんじゃないかと持ちかける。

でも、洋子は殺人教唆で捕まるんじゃないかと心配していて尾野が殺される心配より捕まる心配をする洋子を犯人じゃないかと疑っていた。

その時田宮が遅れてきて彼はなぜか黒島のことをジッと見ていた。

そこに藤井がマスコミに嗅ぎつけられたら殺人マンションだと書かれてネットに一生残ることになるとみんなに忠告した。

そして、シンイーと藤井がアイコンタクトを取っているのを菜奈が見逃さなかった。

シンイーと藤井はともに紙に書いた名前の人物が殺されてるからな、藤井が田中政雄を殺して順番的にシンイーが赤池夫婦を殺したのか?

黒島がみんなを冗談で笑わせて、浮田が田宮の監視カメラに犯人が映ってないかと聞いたが電源を切っていたと浮田に伝える。

久住は交換殺人ゲームのことを話すなら参加した全員の是非を問う必要があると菜奈に話す。

住民会で採決をとったが通報しないことになり住民会は終わった。

菜奈、早苗、黒島は澄香と佳世がもめているのを目撃して佳世が澄香の息子のそらのことを別の名前で呼んでいて澄香がそらを誘拐したと騒いでいた。

その頃、翔太は菜奈が隠している交換殺人ゲームのことが気になって単独で調べていた。

浮田は自分の車の中で菜奈、早苗、黒島にゲームで書いた名前は”赤池美里”だと告白して今警察に通報されたらまずい立場に立たされると菜奈に告げる。

浮田はあかりが赤池美里にひどいことを言われたことを菜奈たちに話す。

犯人には捕まってほしいけど巻き添えはごめんだと言い通報はしないでほしいと浮田は頭を下げた。

一方、神谷は赤池美里の誕生日ケーキのプレートがなくなっていたことを不審に思っていた。

田宮はこの際だからやりたいことをやると妻の君子に息巻いていた。

藤井が病院でパソコンの操作をしていると突然人殺しと書かれて田中政雄の写真が出てきて驚いた。

菜奈と早苗は翔太を店で待っていて木下、江藤、西村を連れてくる翔太。

木下が交換殺人ゲームのことを菜奈と早苗に聞き翔太が交換殺人ゲームのことを知っていたと知る菜奈。

部屋に帰った翔太と菜奈は翔太が菜奈に一言信じてって言えば信じるよと菜奈に伝えてその夜に2人は添い寝をした。

夜中に菜奈が起きて翔太がそれに気づき階段で菜奈と細川が密会しているのを見つけてショックを受けた。

翌朝、菜奈がゴミを捨てにくると木下が彼女の前に現れて住民のゴミの中から見つけた紙を渡してその紙には”302号室の人”と書かれていた…。

菜奈は不安を抱えながらエレベーターを待っていてそこに久住が現れる。

久住は殺したい人に”袴田吉彦”と書いたと菜奈に教えて引いた紙を菜奈に渡して彼女は驚いた。

そんな中、撮影中の袴田吉彦の前に黒ずくめの3人の人物が現れていきなり袴田を金属バットでボコボコに殴っていた。

紙には菜奈の夫の”細川朝男”の名前が書かれていてスポーツジムで翔太は細川にバーベルを持って近づいていたーー。

袴田が殺されたってことは久住が次に脅迫されるのかな、そうなったら菜奈の夫の細川朝男を殺すことになるけど…。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

『あなたの番です』第5話では、美里と夫の五朗が何者かに殺害されて菜奈が交換殺人ゲームのことを警察に話すべきだと住民会で話す。

だが、住民のみんなには反対されて浮田は菜奈たちに自分が書いた名前は”赤池美里”だと話す。

翔太は交換殺人ゲームのことを黙っていた菜奈の苦悩を想像して悩んでいた。

菜奈のところに来た久住は自分が書いた名前は”袴田吉彦”だと告白して引いた紙は”細川朝男”だと言われる。

菜奈は自分が名前を書いた紙を久住が持っていたことに驚いていた…。

第6話では、久住に細川朝男は自分の夫だから決して殺さないでほしいとお願いして翔太も細川を全力で守ると誓った。

連鎖する殺人を止めようとする菜奈と翔太だったがまたしても犠牲者が出てしまうーー。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

【あなたの番です】前回のあらすじ 前回では、菜奈は交換殺人ゲームのことを警察に言うべきだと住民のみんなに提案するが殺人教唆に問...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする