アライブ 10話あらすじ&感想 心と結城の人生の選択肢は?

【アライブ】前回のあらすじ

前回では、心と薫は婦人科医の前園に呼び出されて切迫流産で緊急搬送された小山内静の胎児をエコーで確認したところがんの肝臓への転移が見つかった。

心は妊娠の継続が困難で静の命を最優先させるために中絶を進めるが彼女は中絶の意思はなくその決意は揺るぎないものだった…。

子どもと自分の命、どっちか秤にかけても選べないな(`・ω・´)

⬇︎前回のあらすじはこちら

【アライブ】前回のあらすじ 前回では、薫は病院を辞めると心に話し、そんなときに高校生の井上和樹が入院してくる。 和樹は幼...

【アライブ10話】あらすじ

恩田心(松下奈緒)と梶山薫(木村佳乃)が担当する、すい臓がんの患者、佐伯芳雄(相島一之)の弟、隼人(丸山智己)が、兄を転院させると申し出てきた。

芳雄はこのまま横浜みなと総合病院で手術で良いと思っているのだが、隼人はより腕の良い外科医がいる有馬総合病院への転院を譲らない。

心と薫は引き止める事はせず、患者家族の意向に従うことにした。


 一方、結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)の研修期間がそろそろ終わろうとしている。

阿久津晃(木下ほうか)はこのまま腫瘍内科に来て欲しいのだが、結城は外科、奈海は小児科と当初からの希望は変わっていない様子。

阿久津にはどうしても腫瘍内科を強化せねばらならない理由があるようだ。


そんな中、薫が腫瘍内科に女性を連れて来る。

女性は有馬総合病院の理事、結城美紀子(とよた真帆)と名乗る。

佐伯兄弟に対し、現場の医師が勝手に承諾したことで、病院としては先に待っている患者を差し置いて手術を請け負うことはできない旨の謝罪に来たのだと言う。

丁寧な美紀子の対応に感心する心。

すると、美紀子は出向いて来たのは、息子の職場も見ておきたいからだと言い、彼女が向かった先はーー。

キャスト&スタッフ

脚本:倉光泰子

演出:髙野舞

出演者:松下奈緒(恩田心)、木村佳乃(梶山薫)、清原翔(結城涼)、岡崎紗絵(夏樹奈海)、小川紗良(佐倉莉子)、中村俊介(恩田匠)、三浦翔平(関河隆一)、田辺誠一(須藤進)、藤井隆(光野守男)、木下ほうか(阿久津晃)、高畑淳子(高坂民代)、北大路欣也(恩田京太郎)

音楽:眞鍋昭大

オープニング:須田景凪 『はるどなり』

プロデュース:太田大、有賀聡

製作:フジテレビ

【アライブ 10話】感想&考察

心と薫が担当する膵臓がんの患者の佐伯芳雄の弟の隼人が兄を転院させると突然言ってきた。

有馬総合病院に転院させると言われて心も仕方ないと諦めていた。

研修医の夏樹と結城は腫瘍内科にはいかずそれぞれ違う道を歩むことを部長の阿久津に話す。

そして、結城の母親で有馬総合病院の理事の結城美紀子が腫瘍内科にやってくる。

彼女は佐伯の転院を断ったことを心に伝えてついでに息子の結城がどんな病院で働いているのか見にきたという。

結城は乳がん患者の莉子の診察をしていて美紀子と会った途端顔を曇らせた。

家に帰った結城は母親が佐伯の転院を断ったことに不満そうだった。

そのことについて隼人に話すとやはり不安そうでどうしても転院させるといって聞かなかった。

結城は佐伯芳雄のオペに立ち会うことになり薫と打ち合わせをした。

そこで薫は美紀子が結城にオペを任せるために転院を断ったんじゃないかと自分の考えを話す。

一方、心と夏樹は腫瘍内科がここまで患者と接する時間があるなんて思わなかったと夏樹は心に話す。

芳雄は手術台へと向かい薫と結城が手術室に入る。
 
手術室の前で心配そうにしていた隼人に心が話しかけて芳雄が親の介護を10年以上やってやっと解放されたときに病気になったと打ち明ける。

そして、兄のことをよろしくお願いしますと心に頭を下げる隼人。

手術がうまくいくように僕も祈っています(>_<)

手術がはじまり腫瘍を合併切除せずにこのまま続行した。

手術が終わり取り残した癌は化学治療と放射線治療で消すと薫は隼人に報告する。

心に治療の説明を受けた隼人は有馬総合病院なら癌をすべてとりきれていたんじゃないかと語る。
 
そのとき、心は今はお兄さんのそばにいることが大事だと隼人に伝える。

芳雄の病室にきた隼人は妻から仕送りした金はそのまま妻に送っていたことを知り自分のことより人のことを助けようとすると心に話す。

芳雄は隼人に成功してほしかったんじゃなく隼人が幸せならそれでいいと伝える。

心と結城は家族の期待が重みになると話をして必ずしも背負わなくてもいいんじゃないかと心は結城に告げる。

結城が父のような患者のことを思う医者になりたいと立派な目標を立てていることに心は嬉しく思っていた。

家に帰った結城は美紀子に横浜みなと総合病院で外科医を目指すと伝えて美紀子は夫は患者のことを考える立派な医者だと息子に話す。

心はがん医療センターから声がかかったと京太郎に伝えてやりたいことをやったらいいと京太郎は心に告げる。

心と薫は高級レストランで食事をして乳がんが再発したことを心は薫から告げられる。

一緒に闘ってほしいと薫は心の手を握ってお願いした。

いよいよ『アライブ』も第11話で最終回、心と薫が最後に迎える結末は?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

『アライブ』第10話では、心は膵臓がんを発症した佐伯芳雄の担当になったが弟の隼人は転院を望んでいた。

家族の意思を尊重したい心たちは止めることができなかった。

芳雄の転院先の有馬総合病院の理事で研修医の結城涼の母親・結城美紀子が腫瘍内科に現れて転院を断ったと告げる。

手術で薫は膵臓がんをすべて取りきることはできなかった。

しかし、今後の治療は家族の支えが必要だと心は隼人に告げて彼も納得したようだった…。

そして、心は薫から乳がんが再発したことを告げられて心は薫と共にがんと闘い続けると誓う。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

【アライブ 11話】前回のあらすじ 前回では、すい臓がんの患者、佐伯芳雄(相島一之)の弟の隼人(丸山智己)が、兄を転院させると...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする