ケイジとケンジ 9話(最終回)あらすじ&感想 半グレ集団壊滅なるか?

【ケイジとケンジ】前回のあらすじ

前回では、夜間に裸足で街を歩いていた6歳の少女・三崎笑美(渋谷南那)が保護された。

三崎笑美は虐待を受けている可能性があった。

そのため、横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太は笑美と二人で暮らしている母親・三崎真由子に任意同行を求め、事情を聴く。

児童虐待は今社会問題になってるからこういうドラマで取り上げて少しでも児童虐待が減ることを望みます…。

⬇︎前回のあらすじはこちら

【ケイジとケンジ】前回のあらすじ 前回では、横浜桜木署の管轄内にある公園で大学生・江島陸が知人男性らから集団暴行を受けた。 ...

【ケイジとケンジ 9話】あらすじ

横浜桜木署管内で、激しい暴行を受けた身元不明の遺体が見つかった! 

遺体の胸元にある火傷の痕を見た桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)は、犯人が身元を隠ぺいするためタトゥーを消そうとしたのだと推測する。

これを重要視した横浜地方検察庁みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)は、「3人組の犯人を見た」という第一発見者の証言と照らし合わせてある仮説を立てる。

その目の付けどころを部長検事・樫村武男(柳葉敏郎)は評価。修平にこの事件を担当させることにする。

まもなく豪太は、先だって決闘罪で送検した男たちの一人・澤登大介(木村龍)から重要な証言を引き出す。

なんと殺された男は半グレ集団「ベイシャークス」の幹部だと判明。

その集団のリーダーこそは…桜木署が児童虐待容疑で追っている男・久我山勝也(桐山漣)だったのだ!

この捜査を突破口にして、半グレ集団を壊滅しようと燃える豪太。

そんな豪太の思いに共鳴した修平は、捜査の主導権を握る神奈川県警捜査一課長・見城長一郎(池田成志)をいなし、桜木署が中心となって捜査を進めるよう指示。 

ところが、勢い余った豪太が“とんだ失態”を演じてしまったことで、修平が怒りを爆発させーー!

【ケイジとケンジ】キャスト&スタッフ

脚本:福田靖

演出:本橋圭太、及川拓郎

出演者:桐谷健太(仲井戸豪太)、東出昌大(真島修平)、比嘉愛未(仲井戸みなみ)、磯村勇斗(目黒元気)、今田美桜(毛利ひかる)、渋谷謙人(日下直樹)、奥山かずさ(森岡奈緒子)、矢柴俊博(多胡永吉)、菅原大吉(桂二郎)、峯村リエ(持丸栄)、西村元貴(亀ヶ谷徹)、奥貫薫(宮沢かほり)、柳葉敏郎(樫村武男)、風間杜夫(大貫誠一郎)

エンディング:宮本浩次 「ハレルヤ」

チーフ・プロデューサー:黒田徹也

プロデューサー:服部宣之、飯田サヤカ、菊池誠、松野千鶴子、岡美鶴

制作:(制作協力)アズバーズ

製作:テレビ朝日

【ケイジとケンジ 9話】感想&考察

刑事課のみんなは男性の遺体を見て暴行を受けた痕を確認する。

そばには凶器のバールが落ちていて胸にはバーナーで焼かれた痕があった。

現場に修平とみなみが到着して写真を撮るようにみなみに指示を出す修平。

捜査一課と刑事課は第一発見者の男性に話を聞き3人の男が走り去るのを目撃していた。

修平は支部長の樫村に事件のことを報告してグループの仲間割れによる犯行だと修平は断定した。

豪太は殺された男の身元が判明したと捜査会議で報告して被害者は八尾弘樹という男半グレ集団の「ベイシャークス」の幹部だと判明する。

八尾は組織が儲けた金を横取りしたとメンバーの1人から聞きそれが殺しの動機だとわかる。

久我山は「ベイシャークス」のリーダーで豪太が半グレ集団を壊滅させること、それが刑事になった理由だと話す。

修平も豪太の意見に賛同して警官の田口がベイシャークスのメンバーを見つけたと豪太に電話で報告する。

メンバーが大きなキャリーケースを持っていたことから久我山たちが高飛びするつもりだと豪太たちは睨む。

久我山たちのいるビルの前で張り込む豪太と目黒はひかるにプロポーズするのかと尋ねた。

そのとき、ひかると桂が交代のためにやってきて豪太は目黒に気を使ってひかると2人きりにする。

目黒はひかるに職場結婚は最終手段じゃなくてもいいんじゃないかと聞くが冗談だと思われて一蹴された。

ひかる、目黒にまったく興味ないやんなんだか目黒がかわいそう(T_T)

修平は樫村に八尾の殺害事件の被疑者を起訴すると報告して取り調べで八尾の名前を出さないように警察に口止めしたと話す。

一方、豪太たちは久我山たちを別件で逮捕して八尾の名前を出さないように気をつけながら取り調べをする。

だが、豪太は久我山の取り調べをしているときに感情的になりつい八尾の名前が口から出そうになったがなんとか堪えた。

修平は豪太の取り調べをやめさせて2人は喧嘩をはじめてみなみが怒鳴って2人を止めた。

小料理屋「OKAZU-YA」で豪太たちは仲直りのために酒を飲み大貫が昔、樫村と取っ組み合いの喧嘩をしたことがあると話す。

通り魔殺人事件の捜査のときに被害者の女性を見て涙を流していたと言い修平は樫村のような検事になりたいと話していた。

久我山たちを送検することになり豪太は澤登の取り調べを改めてすると捜査会議で告げる。

澤登は後輩の段田を悪の道に引きずり込んだことを後悔していてメンバーを抜けようと考えていたと豪太に話す。

幹部の椿が自分のことをよくしてくれたと話し、椿が携帯を2台持っていることを伝える。

そのことを知った豪太たちは急いで椿のもう1台の携帯を調べて殺人事件の重要な証拠を見つけた。

果たして殺人事件につながる重要な証拠とは何なのか❓

甲斐、椿、久我山の3人は起訴されて八尾の殺人事件について取り調べを受けた。

椿がもう1台の携帯で八尾を暴行した動画を撮っていて久我山が八尾をバールで殴った様子も映し出されていた。

こうして半グレ集団のベイシャークスは壊滅してその功績が認められて桜木署は警察庁長官賞を授与された。

桜木署のみんなは打ち上げをしてそこで目黒とひかるが結婚をすると豪太はみんなに話してしまう。

樫村は美味しそうにビールを飲み大貫と腕相撲をして盛り上がっていた。

その頃、豪太は横浜の夜景を見て黄昏ていてそこに修平とみなみがやってきて横浜の平和を守ったと豪太が得意げに話していたーー。

豪太と修平のデコボココンビもこれで見納めか、寂しいな(*´∀`*)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

『ケイジとケンジ』第9話では、倉庫で八尾の遺体が見つかり豪太たちは久我山たち半グレ集団を逮捕して取り調べを行う。

豪太が大失態を犯しそうになりまたもや修平と喧嘩をはじめた。

しかし、2人は協力してメンバーのスマホから重要な証拠を見つけて久我山たちは起訴された。

『ケイジとケンジ』も第9話で最終回を迎えて刑事と検事の最強コンビの活躍はこれで見納め!

短い間だけどお疲れさまーヽ(*^ω^*)ノ

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする