シロでもクロでもない世界でパンダは笑う 9話あらすじ&感想

【シロでもクロでもない世界でパンダは笑う】前回のあらすじ

前回では、直輝は父親の哲也の死の真相を探っていて佐島法務大臣が哲也を殺したのではないかと疑う。

佐島を問い詰めた直輝は佐島が哲也を殺したことを自白させたが佐島が何か隠してるのではないかと察する。

佐島が隠してることって何だろ(`・ω・´)

【シロでもクロでもない世界でパンダは笑う 9話】あらすじ

佐島(佐藤二朗)は、8年前のコアラ男誘拐事件は自作自演で、哲也(田中圭)を殺したのも自分だと告白する映像を残していた。

その映像が報道され、哲也の無実が明らかになったはずだった。

直輝(横浜流星)は神代(要潤)から「復讐が終わったらミスパンダの正体を教えてくれる約束だろ?」と言われる。  

神代に対して「まだ終わってないんです」と答える直輝。

彼は、佐島が何かを隠そうとしていたことを見抜いていた。

佐島が自分の命と引き換えにしてまで隠したかったこととは、一体何なのか? 

直輝には、まだ解かなければならない大きな謎があった。

その頃、レン(清野菜名)は、コアラ男に連れ去られ、とある場所に運ばれていた――。


そんな中、直輝は、ビデオチャットの着信を受ける。

連絡してきたのは、コアラ男だった。

直輝は、コアラ男がレンに銃を突き付けている映像を見せられる。

コアラ男がレンを監禁している場所は、8年前にあずさ(白石聖)が監禁された場所で、8年前の事件と同じ状況になっていた。

直輝はレンを救うため、あずさに手掛かりを聞きに行く。

命の危険にさらされ、恐怖に震えるレン。

彼女は、コアラ男に「どうしてこんなことをするんですか!?」と訴える。

すると、コアラ男は「森島直輝を恨むんだな」と告げる。

直輝は、あずさとともに、8年前にあずさが監禁された廃屋へ向かった。

2人が廃屋の中へ入ったその時――。

【シロでもクロでもない世界でパンダは笑う 9話】感想&考察

直輝が哲也のUSBを見ると中には動画があって残り2つの動画は自分が追っている事件に関するものだと伝える。

俺に何かあっても復讐は絶対にするなと念押しして息子に生まれてきてくれてありがとうと直輝に感謝を告げる。

一方、コアラ男はレンを誘拐してどこかに連れていった…。

直輝は大学で神代に会い、人が本当に隠したいものこそ本性があると語る。

そして、直輝は佐島が何か隠しているのではないかと神代に伝えて神代は何か思い出したらしく急いで帰っていった。

そのとき、直輝のスマホにコアラ男から動画が送られてきて1時間以内に来なければレンを殺すと脅迫する。

直輝は急いでレンを助けにいき、春男と佳恵はレンのことが心配だった。

あずさのもとにきた直輝は8年前にコアラ男に誘拐された場所を教えてほしいと頼む。

神代は全日テレビをクビになり、直輝とあずさはコアラ男のいる場所にたどり着く。

直輝が建物に入ったが、レンに向けられたボウガンが発射されてしまう。

レンはこのまま死ぬのか、直輝は間に合うのか?

レンはいつのまにかマネキンに変わっていて直輝の部屋にコアラ男とレンがいた。

あずさは直輝のことが心配で止めようとするが直輝は構わずコアラ男のところに向かった。

一方、佳恵は麻衣子に面会して麻衣子とレン、リコの写真を見せる。

直輝とあずさがコアラ男のところに向かうとあずさがコアラ男に誘拐された。

家に帰った直輝だがそこにはコアラ男とレンはいなくてコアラ男は自分の居場所を直輝に教える。

レンはコアラ男にやめるよう説得するがコアラ男はお前らのせいで苦しんでいるんだと叫ぶ。

しばらくして、直輝はレンとあずさを助けにきたがコアラ男にどっちを殺すが選べと選択を迫られる。 

あずさがあんたになんか絶対負けないと啖呵を切ったがコアラ男に撃たれてしまう。

コアラ男がレンを殺そうとしたとき直輝はレンに催眠をかけてリコが目を覚ます。

2人はコアラ男たちと闘い倒して、コアラ男のマスクを取ると佐島一郎だった!

一郎は自分がコアラ男だと言い拳銃で自分の頭を撃つ。

まだ終わってないとリコに言い、直輝はコアラ男の正体があずさだと告げる。

あずさは起き上がり自分のために一郎がコアラ男を演じて哲也を殺したのも一郎だと白状する。

すべてはあずさの自作自演だったとはなo(`ω´ )o

あずさは中学のときずっと孤独だったと直輝に打ち明けて、彼女は一郎に頼んで佐島を脅かしてやろうと話す。

だが、ここまで大事になると予想していなかったあずさはコアラ男から逃げたように装う。

ニュースでチヤホヤされたあずさはいい気になっていたが、ある時哲也はあずさと一郎が誘拐された倉庫にいた写真を佐島に見せる。

写真を見せられてはじめて佐島はあずさと一郎が単独で狂言誘拐をしたのだと知りこのことを世間に公表しようとしていた。

佐島は哲也に会いあずさと一郎の罪を被って自分がやったと世間に公表すると話し、見逃してくれと哲也に土下座した。  

親なら子どもの罪を何とかして被りたいという思いはわからなくなってないけどな(´;ω;`)

哲也は佐島の想いを知り、明日必ず謝罪をしてくださいと佐島にお願いしたそのとき、一郎が銃で哲也を撃ってしまう…。

哲也の警察手帳の中の写真を見て森島直輝が自分の前に現れた時、ついに裁きがきたと思ったと神代に告げる。  

しかし、子どもたちだけはどうしても守りたいと思った佐島はコアラ男はすべて自分の自作自演だという偽装工作をした。

あずさは直輝のお父さんがMr.パンダだと知ってたら殺さなかったと言い訳をして直輝とともに暮らしたいと語る。

どの口がそんなこと言うんだよ、まったく💢

ナイフを取った直輝はあずさへの憎しみをどうしても消し去ることはできなかった。

直輝があずさを刺そうとしたその時、リコが自分の身を投げうって止めに入りお腹にナイフが刺さりリコは倒れた。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

『シロでもクロでもない世界でパンダは笑う』第9話では、直輝はコアラ男に誘拐されたレンを助けようとする。

そして、コアラ男の正体は何と佐島の息子の一郎で一郎は自殺して黒幕があずさだと判明する。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

https://zucky0410.com/post-2131/




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする