ランチ合コン探偵 9話あらすじ&感想 ゆいかの過去がついに明らかに!

【ランチ合コン探偵】前回のあらすじ

前回では、律子と謎の男の龍太郎に繋がりがあることを知った麗子はゆいかのことが心配で桜井に相談する。

ランチ合コンで龍太郎をおびき出そうとする麗子はある作戦を思いつき…

麗子が龍太郎に何を聞くのか気になるな(`・∀・´)

⬇︎前回のあらすじはこちら

はじめに 前回では、ゆいかと麗子は経理部の部長の亀田の家で鍋合コンにすることになり亀田の知人の本間に亀のピースが命を狙われてい...

【ランチ合コン探偵 9話】あらすじ

ゆいか(山本美月)は、桜井(瀬戸利樹)の話を聞くうちに過去の記憶がよみがえりそうになる。

だが、自分の過去と向き合うことが怖くてたまらない。

彼女は落ち込み、仕事でもミスをしてしまう。

麗子(トリンドル玲奈)は、和馬(平田雄也)が婚約破棄したと聞き、心が揺れていた。

それぞれの理由で悩むゆいかと麗子は、イケメンとのランチ合コンで気晴らしをすることにする。

合コンの相手は、岡(竹財輝之助)と、彼の後輩・西浦(佐藤祐基)。

西浦はスポーツジムのオーナー兼インストラクターをしていた。

最近、西浦の身の回りで事件が起こり、未解決のまま謎が深まっているという。

しかし、ゆいかは、その謎にまったく興味を示さない。

麗子は、謎解きでゆいかを元気づけようと、西浦に事件の詳細を聞く。

西浦のジムのロッカールームで盗難事件が発生した。

被害者は、マタニティエクササイズに通う妊婦・琴乃。

彼女は、鍵をかけておいたロッカーから荷物がなくなったと被害を訴えていた。

すべてのロッカーを調べると、別のロッカーから琴乃の荷物が見つかる。

荷物の中身は、手編みの帽子だった。

ただ、琴乃が帽子と一緒に入れておいた、編み方が書いてある“編み図”がなくなっていた。

なぜ、泥棒はこんな奇妙な盗み方をしたのか? 

ゆいかは、西浦に次々と質問し始める。

ゆいかに謎解きスイッチが入ったと麗子は喜ぶ。

しかし、ゆいかの推理はまったく冴えず、調子が戻らない。

麗子は、ゆいかを目覚めさせるために、思い切った作戦に出る。

一方、桜井はゆいかのことを思い、子供の頃に一緒に遊んだ女の子が突然姿を消した“神隠しの少女の謎”について調べていた…。

自らの過去と向き合えず、推理もできなくなってしまったゆいか。

彼女は、自分自身を取り戻し、謎を解くことができるのかーー⁉︎

【ランチ合コン探偵】キャスト&スタッフ

原作:水生大海 『ランチ探偵』 『ランチ探偵 容疑者のレシピ』

脚本:阿相クミコ、守口悠介、赤松新

監督:菊川誠、朝比奈陽子

出演者:山本美月(天野ゆいか)、トリンドル玲奈(阿久津麗子)、瀬戸利樹(桜井健斗)、池谷のぶえ(小島和子)、坂口涼太郎(鈴木龍之介)、金井浩人(吉川颯太)、平田雄也(北村和馬)、知念里奈(白石律子)、木村祐一(亀田広)

音楽、仲西匡

エンディング:つぼみ大革命 「恋愛ランチ」

チーフ・プロデューサー:前西和成

プロデューサー:沼田賢治、斎木綾乃、森安彩、久松大地

制作共同テレビ:(制作協力)吉本興業

製作:読売テレビ

【ランチ合コン探偵 9話】感想&考察

麗子は和馬から婚約破棄したと伝えられて麗子を傷つけたことを謝った。

元カレをこともあろうか食事に誘い、ゆいかは桜井から神隠しの女の子の話を聞き自分の謎が解けないことに悩んでいた。

こんな時こそ合コンをしようとゆいかは提案して岡の後輩の西浦を紹介された。

西浦からスポーツジムの謎の話をした岡だったがいつものようにゆいかが食いついてこなかった。

その時、桜井から電話がありこれからゆいかの謎を解くために実家に帰ると麗子に伝える。

麗子もゆいかの調子を取り戻すために謎解きに参加させると約束してその話を聞いていた岡も協力すると話す。

岡は西浦にスポーツジムの盗難事件の話をするように促して、西浦はスポーツジムの会員の妊婦・桐谷琴乃の編み図が盗まれた話をする。

犯人は琴乃のロッカーから編み図だけを盗んで帽子は別のロッカーに入れた。

その話に興味を持ったゆいかだったが推理は見当外れで調子が戻らなかった。

一方、桜井はあーちゃんが失踪した公園に行き神隠しのことを聞いたが誰もわからなかった。

岡は麗子が西浦に気があるのを見て西浦のスポーツジムにはクレーマーの桐谷三智子がいるからやめたほうがいいと忠告した。

しかし、三智子は嫁の琴乃のことが心配で注意しているだけだと西浦は反論した。

このままでは謎解きができないと思った麗子はゆいかがやっていた謎解きモードの妄想にゆいかを引っ張り込んだ。

そして、岡が盗難事件の容疑者が古幡由佳だと報告して自分のロッカーとは別のロッカーを使っていたのが目撃された。

古幡は琴乃のロッカーの前で不審な動きをしていたのが目撃されていたが西浦は古幡に盗難事件のことを聞くと犯行を否定する。

でも、古幡と琴乃は怨恨があるどころか親密な様子で古幡が犯人とは考えられなかった。

スポーツジムには痴漢事件も起きていてジムの男性スタッフの湯浅が女子更衣室に入っていたのが目撃されていた。

そんな中、桜井は中年の女性から女の子が誘拐された話をしてこのことを警察に話したがニュースにはならなかったと聞く。

4人が肉料理を食べている時に岡はスポーツジムの湯浅が由佳と夜に会っていたのを見かけたとゆいかたちに話す。

そこまで話を聞いたゆいかは事件の構図が見えたと麗子に言い自分の推理を話し始める。

琴乃と由佳は2人だけの秘密のやりとりをロッカーで交わしていたがそのやりとりに陰りが見え始めたと話す。

犯人は琴乃の義母の三智子だと伝えて琴乃と由佳の在宅仕事のやりとりを知った三智子。

三智子は琴乃のことが心配で無理をさせたくなくて在宅仕事の建築の設計図を盗んだとゆいかは麗子たちに語る。

そして、設計図を探そうと思い由佳は恋人の湯浅に頼んでいたのだ。

事件の謎が解けて西浦はゆいかに感謝していつものゆいかに戻って麗子は喜んでいた。

岡の店にきた麗子は彼に告白されて、ゆいかは桜井に会って女の子が誘拐された話をした。

ゆいかは桜井にもう自分の過去から逃げたくないと話し、会長の志乃の部屋に行き過去のことについて話す。

その頃、律子と龍太郎は”一条”という男の豪邸を訪れていた。

志乃はゆいかにゆいかを誘拐して過去をもみ消した人物は自分より大物だと告げる。

果たしてゆいかの過去の真実とは何なのか、そして黒幕の一条とは何者なのか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

『ランチ合コン探偵』第9話では、ゆいかは得意の謎解きがうまくいかずに麗子はそんなゆいかを心配して謎解きに参加させようとする。

だが、いつものような謎解きのキレは無くなっていて麗子はゆいかの調子を取り戻すためにスポーツジムの西浦に事件の話を聞く。

すると、ゆいかの調子が戻りスポーツジムの盗難事件の謎を解く。

ゆいかは自分の過去からもう逃げないと決意して会長の鶴岡志乃に会いに行き過去について聞く。

第10話(最終回)では、ゆいかは志乃から教えられた住所を訪ねる。

その家には、財閥の創業者・一条永太郎という人物が住んでいた。

誘拐事件のことを聞きにきたゆいかは一条の豪邸で執事の龍太郎に会い突然なぞなぞを出される….。

グルメな謎解きミステリーもいよいよ第10話で最終回、ゆいかの謎解きが見られなくなると寂しい気がするな(・ω・`)

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

【ランチ合コン探偵】前回のあらすじ 前回では、ゆいかは過去の記憶が蘇りそうになり過去と向き合うのが怖くてたまらない。 ゆ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする