『絶対零度-未然犯罪潜入捜査- シーズン4』9話感想ネタバレ

前回のあらすじ

前回では、ミハンが危険人物にはじき出したものの法では裁けなかった犯罪者を闇に葬っているのがミハンの中にいると曽根崎は語る。

井沢たちは仁科たちを殺した犯人を見つけるために歩容認証で犯人を特定しようとするが…。

⬇︎前回のあらすじはこちら

はじめに 前回では、ミハンが次に危険人物にはじき出したのは大手フィットネスクラブの社長・仁科紗耶香だった。 彼女は検出さ...

月9ドラマ『絶対零度-未然犯罪潜入捜査- シーズン4』9話のあらすじ

東京サミットを狙った爆弾テロの可能性が浮上する中、香坂(水野美紀)が突然姿を消した。

井沢(沢村一樹)は、香坂のタブレットに、テロに関するデータが残されていることを知る。

だが、山内(横山裕)や小田切(本田翼)らは、ミハンの法制化を願っていた香坂がテロに関わっていることなど信じられるはずもなかった。


井沢は、香坂の過去――26年前に映画館で神経ガスを撒いて多くの死傷者を出した男が香坂の父親であること。

事件の数年前に両親が離婚し、香坂は法務省の官僚と再婚した母親に引き取られたことを山内たちに打ち明ける。
 
実は香坂には弟がいたが、父親の凶行に巻き込まれていた。

その際、香坂の弟は奇跡的に一命をとりとめたものの、激しいバッシングに絶望し自殺していた。

弟への贖罪と、殺人者の娘という十字架を背負って生きてきた香坂がテロを起こすはずがない。

しかし、なぜ香坂はミハンを頼らず、一人で行ってしまったのか?

そのとき加賀美(柄本明)は、香坂がミハンで何かを調べていた形跡を見つける。

そこには、海外の紛争地帯を渡り歩いてきた元傭兵の里谷隆一(高岩成二)らテロ実行部隊と思われる男たちの情報があった。


一方、警視庁には、副総監の指揮の下、緊急特別捜査本部が設置される。

捜査員たちは、テロリストの潜伏先候補を徹底的に調べていた。 

そんな中、井沢は、里谷が公安のトップしかその存在を知らない「マルトク」と呼ばれる協力者であったことを掴む。

井沢は曽根崎(浜田学)のもとへと向かう…。

月9ドラマ『絶対零度-未然犯罪潜入捜査- シーズン4』9話の評判

『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』の第8話が24日に放送されて、ミハンチームの統括責任者の香坂(水野美紀)がテロに関わっていたことが明かされる急展開!

急展開を観た視聴者はネット上に「嘘と言ってーー!」「壮大すぎる
」などの反響が集まった。

テロの黒幕を探っていた井沢は、ミハンのオフィスに残されたタブレット端末を確認すると、その場にいた山内(横山裕)や小田切(本田翼)、吉岡(森永悠希)に「テロに関するデータが残されていた」と明かす。

続けて「香坂朱里は、テロに関わっている」と井沢は言い放つ。

ミハン統括責任者として捜査を共にしていた香坂(水野美紀)がテロに関わっていることが明らかにされると、ネット上には「香坂さーーーん!?ウソ!?嘘と言ってーー!」「香坂さんがテロに関わっているだと!?」などのコメントが相次いだ。

さらには「急展開すぎるて!!」「テロに発展するか!」などの投稿が多数寄せられていた。

ミハンチームが国家を揺るがすテロ事件を追うことになるという展開に、ネット上には「壮大すぎる」「スケールがでかくなったな」と言った声も集まっていた。

月9ドラマ『絶対零度-未然犯罪潜入捜査- シーズン4』9話のネタバレ

北見がトキサミシンを集めて爆弾を作ろうと画策していてテロリストたちは東京サミットでテロを起こそうとしていると井沢たちは気づく。

井沢はミハンのみんなに香坂が26年前に神経ガスをばら撒いた犯人の娘だと明かした。

そして、香坂の弟も事件に巻き込まれて一命を取り留めたが世間からのバッシングを受けて自殺した。

弟を助けられなかった罪悪感と犯罪を防ぎたいという思いが今の香坂をかき立てていると井沢は話す。

山内と小田切はテロリストの潜伏先をしらみつぶしに探していた。

曽根崎に会った井沢は元傭兵の里谷隆一のデータを見せて「あなたもこのテロに関与してたんですね」と聞いた。

元傭兵の里谷が山内と小田切の前に現れて2人は里谷と闘ったが打ちのめされて逃げられてしまう。

香坂はテロリストの潜伏先にきてUSBを盗み通信を聞き何者かの会話を聞いた。

ミハンの法制化を進めたい香坂は東京サミットで爆弾テロを起こしてそれを未然に防ぎ法制化を進めようとしていた。

その計画を曽根崎と共謀して進めていたが北見のバックにいる何者かに爆弾を奪われて本当にテロを起こそうとしていると井沢は話す。

山内と小田切は特殊部隊SATと合流して爆弾を探す。

ビルの片側だけ爆破してビルを崩落させようとしていると小田切は山内に伝える。

ネットワークを遮断すれば爆弾を爆破できないと踏み爆弾の処理に成功する。

クラッカーから加賀美にメールしてきて爆弾はもう一つあると言ってきた。

吉岡は香坂が爆弾を止めようとしていると警察に伝えようとしたが曽根崎がその通信を制止した。

香坂がテロの首謀者だと警察に言い香坂が26年前の神経ガスをばら撒いた犯人の娘だとみんなの前で暴露した。

曽根崎はすべての罪を香坂1人に被せるつもりだと山内は言い何としても香坂を見つけて止めるとミハンのみんなは誓った。

香坂の前に井沢が現れて真犯人のことを言えないのは真犯人が香坂の弟だからだと明かす。

井沢に銃を向ける香坂だったが井沢は必死に止める。

香坂は井沢にキスをして抱きつき「あなたに出会わなけばよかった…」と言い残して井沢を倒して去っていく。

加賀美が必死に調べて最後の爆弾は東京貿易センターにあることがわかった。

吉岡は可燃性ガスを使って爆弾の威力を高めてビルを崩壊させるつもりだと気づいた。

爆発物処理班を地下の下水道に向かわせているころ、井沢は香坂を探す。

とそのとき、銃声が鳴り香坂が血を流して倒れていた…。

井沢は香坂に駆け寄り2人で一緒に犯罪のない世界を作ろうと話すが、香坂は生き絶えたーー。

絶望して井沢は絶叫し香坂のそばにあった拳銃を取る。

SATが井沢を取り囲み捕まえようとしたが井沢はSATを倒して逃亡する。
  
山内も駆けつけて小田切は泣きながら「止めて…井沢さんを」とかすめた声で言った。

山内は連絡してきた加賀美と吉岡に香坂が殺されたことを伝えて2人は香坂の死を悲しんだ。

一方、曽根崎は井沢が香坂と共謀してテロを起こそうとしていると話し、見つけ次第井沢を殺せと警察に命令した。

山内は井沢を止めに行き、井沢は香坂の死の悲しみを抱えてどこかへ向かう。

井沢が向かった場所は、そして香坂の弟は何者?

月9ドラマ『絶対零度-未然犯罪潜入捜査- シーズン4』9話の感想

香坂も今は歴然としたミハンチームだから山内と小田切は彼女を何があろうと信じたいんだ♪( ´▽`)

曽根崎は全ての罪を香坂1人に被せるつもりだと山内は言い何としても香坂を見つけて止めるとミハンのみんなは誓った。

香坂は責任を感じて全て自分1人で解決しようとしているなー(`・ω・´)

門田も曽根崎に圧力をかけられて焦ってるなー( ̄▽ ̄;)

香坂は走りながらミハンのみんなとこれまで捜査してきた思い出がフラッシュバックしてなんだか切ない…。

最後まで井沢たちミハンのみんなを香坂が信じていればな(;_;)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』第9話では、井沢たちは香坂が爆弾テロに関わっていることが判明して香坂を止めために捜査を開始する。

爆弾は全部処理したかと思われたが最後に一つ仕掛けられていることがわかり井沢たちは爆弾を探す。

だが、香坂は真犯人に殺されて怒りに震えた井沢は現場に駆けつけたSATをなぎ倒して逃亡する。

第10話では、警察の上層部がすべての責任を死亡した香坂に押し付けてミハンも解体の危機に瀕する。

ミハンルームにガサ入れが入り小田切たちも取り調べを受ける。

そんな矢先に小田切の交際相手の篠田が何者かに撃たれるという事件が起きる。

篠田が小田切を撮った写真に今回テロに関わっていたクラッカーの諏訪樹生が写り込んでいた。

責任を感じる小田切は井沢たちと真犯人を捕まえるために立ち上がる!

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする