シロでもクロでもない世界でパンダは笑う 8話あらすじ&感想

【シロでもクロでもない世界でパンダは笑う 8話】前回のあらすじ

前回では、レンはリコの記憶が戻り直輝はミスパンダになったこれまでの経緯をリコに話す。

門田が殺されたと聞かされたリコは犯人を突き止めたいと直輝に言い2人は犯人を探すことになるが…。

果たして、門田を殺した犯人は誰でしょう?

【シロでもクロでもない世界でパンダは笑う 8話】あらすじ

8年前のあずさ(白石聖)誘拐事件の犯人・コアラ男が哲也(田中圭)と断定する報道に激しく動揺する直輝(横浜流星)。

その報道は、神代(要潤)によるスクープだった。

直輝は、なぜガセネタを流したのかと神代に詰め寄る。

すると神代は、佐島(佐藤二朗)から哲也がコアラ男である証言と証拠を得たと告げる。

神代は、哲也が犯行を告白している遺書の文面を写した写真を佐島から預かっていた。

直輝は佐島に「あなたが父を殺したんじゃないですか?」と迫る。 

佐島は、自分でシロクロをつければいいと直輝を挑発した。

直輝は「承知しました、ミスターノーコンプライアンス」と受けて立つのだった。


麻衣子(山口紗弥加)が門田(山崎樹範)を殺したという信じたくない事実に直面し、苦しむレン(清野菜名)。

彼女は、拘置所で麻衣子と対面した。

なぜ門田を殺したのかと尋ねようとすると「レンなの!?リコなの!?」と麻衣子に問われ、レンは戸惑う。

麻衣子はレンに、今すぐ直輝を殺すようにと言う。

直輝は、哲也が遺したUSBの中の動画を見返していた。

その中の1つにパスワードでロックのかかった動画があった。

直輝は心当たりのある文字と数字をパスワードとして入力してみるが、動画は開かない。

直輝は、そこに重要な証拠が隠されていると考え、パスワードを探すことに。


あずさは、直輝が自分に近付いたのは父を殺した犯人を突き止めるためだったのではないかと疑惑を抱く。

彼女は、本当のことを確かめるために直輝を呼び出す。

直輝は、あずさに、近付いたのは利用するためだったと言い切り、父を殺した犯人として佐島を追い詰めるつもりだと告げる。

父の汚名を晴らし、佐島が犯人だという証拠を見つけようと命がけで奔走する直輝。

一方、レンは、麻衣子の言葉に苦悩を深めていた。そんな中、レンの前に直輝が現れるーー。

【シロでもクロでもない世界でパンダは笑う 8話】感想&考察

直輝は命をかけて哲也の無念を晴らそうとしている。

神代の前に現れた直輝は佐島大臣に直撃したと聞かされる。

神代は警察内部の人間が関わっているから警察はコアラ男の事件をもみ消そうとしたんだと告げた。

すると、佐島は哲也が書いた遺書を見せて哲也がコアラ男だという証拠だと直輝に言うが直輝は信じなかった。

神代はスクープが取れればそれでいいんだねー(・ω・`)

一方、レンは母親の麻衣子が門田を殺したことにショックを受けていた。

Mr.ノーコンプライアンスに会った直輝はあなたが父を殺したんじゃないですかと尋ねた。

「だったらあなたがシロクロつければいいじゃないですか?」とMr.ノーコンプライアンスは直輝に言い放つ。

麻衣子に面会したレンは彼氏を殺してとレンに頼みレンは驚く。

哲也が残した遺品を直輝は握りしめて憤りを感じていた。

あずさは直輝に真意を話してほしいと迫るが利用しただけだと冷たく言う。

しかし、あずさは今でも直輝のことが好きで捜査を手伝わせてと頼んだ。

直輝はあずさに法務大臣室の机の引き出しと「令和」の額縁を調べてほしいと頼む。

直輝が部屋に入ったときに佐島はその2つを見ていたのを直輝は見逃さなかった。

佐島が直輝に隠そうとしていることって何だ?

あずさは机の引き出しと令和の額縁を調べて額縁の裏にあるものを見つけた。

辞令の裏に謎の暗号があるのを見つけてこの数字がある場所を示す座標だと気づく。

一つはあずさが保護された公民館、もう一つは哲也の白骨死体が見つかった場所、最後の一つはコアラ男の誘拐事件に関する封筒だった。

直輝はレンに会いに行き、母親が門田を殺したことと直輝を殺せと母親に言われたことにショックを受けていた。

本当のことを話した直輝、レンは自分がミスパンダであるとは信じられない様子…。

父親が殺された日から犯人に復讐することだけを考えていたとレンに打ち明けた直輝。

直輝に協力するとレンは約束してレンはミスパンダになった!

ついに飼育員さんとMr.ノーコンプライアンスが対決かっヽ(´▽`)/

ミスパンダは森の奥に財宝を探しに行きその様子をパンダちゃんねるに流した。

宝箱を見つけたミスパンダはパンダ先輩のマスクと今までパンダ先輩が解決してきた事件の資料が入っていた。

リコは復讐なんかやめて楽しいことを探したほうがいいと助言するがもう後には引き返せないと直輝はリコに叫ぶ。

リコを眠りにつかせた直輝は夜になって犯人に会いへ向かった。

犯人を待つ直輝、その時犯人が直輝の後ろに現れて…。

現れたのは佐島で、佐島と部下が写っている写真を直輝は見せてコアラ男誘拐事件は自作自演だと告げる。

佐島は知名度と好感度を上げるために誘拐事件をでっち上げてそれに森島哲也が気づいた。
 
Mr.パンダに扮した哲也は佐島に自作自演の証拠となる写真を佐島に見せる。

佐島は自分の悪事を隠すために哲也を殺してもみ消した。

そして、罪悪感を消すために佐島はMr.ノーコンプライアンスを名乗って哲也と同じくグレーな人間たちを裏で裁いてきたと直輝に告白する。

佐島は直輝に裁いてほしいと懇願して直輝が佐島を殺そうとしたとき、佐島が何か隠していると悟った。

「隠していること全部吐けよー!」と叫んだが佐島は薬をあおって倒れた…。

ニュースで自分が森島哲也を殺したと告白した映像が流れた。

佐島は緊急搬送されて、直輝ほ哲也の警察手帳の写真の裏に「直輝へ」と書かれていた。

そのころ、レンはコアラ男に誘拐されて直輝は哲也のビデオメッセージを発見する。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

『シロでもクロでもない世界でパンダは笑う』第8話では、直輝は父親を殺した犯人を突き止めようとしていて犯人は佐島法務大臣だった!

しかし、直輝は佐島が何か隠していることに気づき問い詰めようとしたが佐島は薬を飲んで倒れてしまう。

果たして、事件の真相は何なのか?

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする